MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「隙がない」と言われちゃう自立女子さんへ捧ぐ!カンタンに「隙」を作るエクササイズ

いつもありがとうございます。 
カウンセリングサービス  心理カウンセラー服部希美です。 

今日は「隙(スキ)」を作る方法について
心理的な部分から、書いてみたいと思います!

目次

隙がないことで起きている可能性の高い恋愛の問題

恋愛において
男性からアプローチされにくい女性として
男性側からよくお聞きする理由の一つとして

「女性側に隙がない」というものがあります。

どうやら男性側は、隙がない女性に対して 「怖れ」を感じやすいみたいなんですよね。

「お、ステキだな」
「仲良くなりたいな」って思っていても・・

相手に隙がない状態だと

「自分なんかが近づいたら、嫌がられちゃいそうだな」
って怖れを感じちゃうみたいなのです。

女性もそうですが、
誰しも「相手から拒絶される」のは怖いもの。

出来るならば・・
「この人は自分のことを受け入れてくれそうだな」って感じた人に
近づいていきたいと思うのは、当然のことなのかもしれません・・。

だから「隙のない女性」を前にすると
いくら心の中で「あの人いいな」って思っても、
自分なんかがアタックしても、ムリだろうな・・って感じるので

男性側は、実際に行動に移せない。

女性側は、とっても魅力的なんだけれど
「私には魅力がないから男性が近寄ってきてくれないんだ」と誤解をしちゃったり
「頑張っているのに、結果が出ない」なんて悲しすぎる現実が作られやすいみたいです。

でも、隙ってどう作るの?!

とはいえ、です。(ここからが本題)

私もずっと「隙がない」と言われることが多い人だったのですが

(私の場合、同性からも職場の同僚からも「のぞみちゃんは隙がないね」って言われていたので、けっこう重症だったみたい。)

隙がある・ないって
具体的にどういう状態か分からなくないですか??。

現に私も、隙がない状態が「平常運転」だったころは
自分に「隙がない」なんて自覚はありませんでしたし

人から「あなたは隙がないね」と言われるたびに、なんていうんでしょう、 地味~に傷ついていました(泣)

「私は、そんなつもりはないんですけど(泣)」って。

「自分なりに頑張っているのに」
「どうしていいか、分からない」

まぁ、こういう状態が続くと、
自分の心が、ダークサイドに落っこちていくわけですね(笑)

はいはい。
けっきょく私は、圏外ってことなんでしょーみたいな。

もう、いいもんって。

そしてますます「隙」がなくなっていく・・
そんな悪連鎖を起こしまくっておりましたが

みなさんはいかがでしょうか?

隙の正体を探る

ではでは。
隙、とは具体的になんぞや?
ということなのですけどねー

服部的には
「ゆとり」や「余裕」があるときに出て来やすい 「素顔」だと思うのですよ。

たとえば、お風呂の中でゆっくりしているとき
気づいたら鼻歌を歌ってた。

お買い物をしているとき、知らないうちに
ひとりごとをつぶやいていた。

こういうのって 「無意識」にやっていません?

誰かにみせるためでもなく、自分の素がうっかり出ちゃっただけ。

その素顔に人は親しみを感じ 近寄りやすくなるんですね。

ですから、 「素顔」が出やすい状態であるイコール
「隙がある」状態 だと言えると思うのですよ。

嫌われないようにしなきゃ、と思えば思うほど「隙」はなくなっていく

たとえば、です。

あなたがもし 人に嫌われないように行動しなきゃ。
弱みを見せないようにしなきゃ。
だまされないようにしないと。
しっかりしてないと。

この世界は敵だらけだ、と感じ
警戒心を持って、自分の身を守っているときに
無意識に鼻歌なんて、歌えませんよね・・^^;

だって、スキをつかれたら
敵にやられちゃいますから。

自分を守ってくれる味方のいない世界では
自分の身は自分で守らねばいけませんものね。

ですからね。

恋愛ハウツー本とかでは
「隙を作るといいよ」って
サラッと書いちゃったりしますが

隙がない状態になっている理由、というのは
今日昨日で出来上がったものではなく

その方自身の心の奥に、
そうならざるを得ないご経験があることが多いのですね。

けして、あなたに魅力がないからでも、あなたが悪いわけではありません。
だから、どうぞ 自分を責めないであげてくださいね。

おうちでできるエクササイズ

自分で自分の身を守らなきゃ。
世界はとっても怖いもの。
ありのままの私は愛されない。

実際ご提供しているカウンセリングでの心理的アプローチでは
間違えて身に着けちゃった思い込みを 優しいものに書き換えていく、
なんてことをやっていくのですが

今日はカンタンにスキをつくる
エクササイズをお伝えしたいと思います。

実際に、服部の面談カウンセリングのときに
ご提供しているエクササイズでもありますので
ぜひ、試していただけたらと思いますよ。

(あ、もちろん
カウンセリングを利用してくださっているみなさまも、 やってみてくださいねー!)

それは・・・

ひとりでいるときに「リラックスしてみる」こと

図書館でも、カフェでも、
公園でも、スーパーでもどこでもかまいません。

「誰かに見られているかも」
「どう見られているかな」
「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」
「彼は、何をしているかな」
「これに果たして、意味があるのか?」

なんていう意識を
あえて「横に置いておいて~」

オフモードで過ごしてみてくださいませ。


出来る限り、ラフな格好で出かけて、
出来る限り、ぼーーっとする。

口をぽかんと開けて、
ほけーっとする感じです(笑)


そうやって、人目を気にせず

のんびりとお散歩やお買い物、
カフェタイムを過ごすことに慣れてくると
何が起こるかといいますと。

人と一緒にいるときに
「うっかり」なにかをやらかすことが増えてきます(笑)


ひとりごとが、
つい、口から出ちゃったり。

知らないうちに、鼻歌を歌ってたり。

いつもは標準語なのに
方言が出ちゃったり。

スキップしていたり。

素顔の自分が、ひょこっと
出てくるようになってくるんですね。


最初は恥ずかしいかもしれませんが。
実はこの「うっかり(素顔)」の要素が、周りに親しみを感じさせ「隙」を生みます。

そしてそして、その隙(素顔)が
周りからすると 「キュンとする可愛さ」だったりするのですね!

私も、まだまだ緊張しぃで
警戒心が高めの人ではあるのですが

最近は、親しい方の前では、
うっかりが隠しきれていないようす。

「服部さん、あのワークショップの時、
音楽に合わせて踊ってましたよね~(笑)見てましたよ~」

とか。

見られていないと思ったのに
速攻バレて、ツッコまれたりしている毎日です。

心理学を学びはじめた頃の私を知っている方からしたら
まるで別人!って思われるかもしれませんね。

そのぐらい、私は警戒心バッリバリの人だったんですよ。
ほとんど信じてもらえませんけどね!(笑)

ですから、今あなたが「隙がない」と言われていて
悲しい気持ちになっているとしても、大丈夫。

元ガチガチにスキがなかった選手権代表:服部も
全力であなたのサポートをいたしますからね。

カウンセリングもぜひぜひ、ご利用ください。

あなたが大好きな人と
もっと幸せな関係性を築くための 参考になれば幸いです。

  \こんな男性に惹かれてしまうシリーズはこちら/
男性心理

あわせて読みたい
言い方がキツイ、と言われる私が、幸せな恋愛をするには? いつもありがとうございます。 カウンセリングサービス服部希美です。 今日は、強く見られがち、 言葉がキツク受け取られがち、 でも、心根はとってもとっても優しい が...
あわせて読みたい
人は寂しいと怒りだすというお話~寂しさを感じやすい秋だからこそ「寂しさについて考察してみる」 「人ってね、さびしすぎると怒っちゃうんだよ」 そんな風にあなたにお伝えしたら 「ええ、そうなんですか?!」ってビックリしちゃいますか? それとも 「あああ、私、...
あわせて読みたい
印象を良くして恋愛運をUPしよう! 「怒ってる?」って、聞かれることが多いんです(泣)編 別に、私はなんにも思っていないのに、「何を考えているのか、分からない」って言われたり、怒っているようにみられちゃうことが多いんですよね><これって、どうした...

直近の面談カウンセリングのご案内

直近の面談カウンセリングは
オンラインのみ8月3日(火)、
名古屋・オンライン7〜9日(土日月)です。
お気軽にご活用くださいね。お待ちしています^^

目次
閉じる