MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

印象を良くして恋愛運をUPしよう! 「怒ってる?」って、聞かれることが多いんです(泣)編

別に、私はなんにも思っていないのに、

「何を考えているのか、分からない」って言われたり、
怒っているようにみられちゃうことが多いんですよね><

これって、どうしたら直りますか?

カウンセリングの現場では
こういうお悩みって、良くお聞きするんですが、

対人関係だけではなくて、

婚活など、あらたな出会いを求めている人にとっても、
けっこう重要な問題になってくるのかな?って、思うんですよね。

だって、第一印象で「いいな~」って思ってもらう確率が
高いに越したことないですから。


名古屋 カウンセリング (2)

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス、服部希美です。

今回は私たちの対人関係において
けっこう影響を与えている「表情」の視点から
「ケース別:印象力UP」について書いてみたいと思います。

とはいえ、です。

無理やり笑いなさいよーとか。
印象UPのために、おおげさに表現しなさいよーとか

なんていうんでしょう、
心にウソをつくような方法ではなく

へー、なるほどな。
じゃあ、私はこのやり方で取り組んでみようかな。

そんな風に自己診断のように
活用していただけると思いますので
ぜひぜひ最後までお読みいただけたらと思います!

+++

「表情」って、けっこう大切ですよね。

心って、目に見えないものですから、
心の動きが表現されやすい「表情」や「雰囲気」をみて
「感情を読み取る」ということを、私たちは自然とやっていたりします。

私たち、心を扱うカウンセラーも、

クライアントさんの表情などから
「いま、何を感じていらっしゃるのかな?」って感じとり、
カウンセリングを進めていったりするんですよ。

(お電話のときには、声のトーンや間から察したりも
あくまで「察する」だけなので、逐一、確認していきますけどね!)

実は私たちは、普段から

言葉だけではなく
表情や服装、声のトーン、雰囲気など、

「言葉」以外のものでも、コミュニケーションを取っています。

(心理学用語では、非言語コミュニケーション、とか
ノンバーバルコミュニケーションといいますね。)

で、

言葉を含め、あなたが周りに与える印象と、
自分の内面とが一致していればいいわけなのですが、

そこに「大きなズレ」が発生してしまうと、
誤解が生まれてしまったりするわけです。

とはいえです。
ここで「じゃあ、表情豊かになる練習をしましょうね!」と、
笑顔の練習をオススメするだけでは、ちょっと芸がないので(汗)

(もちろん、それはそれで、大切なんですけどね!

今回は、心的原因から
アプローチする方法をいくつか考えてみました。

本当に人それぞれだと思いますし、
可能性としては、書ききれないほど出てくるのですが、
参考にしてみてくださいね。

sara-torda-ViUzwBK0Vrs-unsplash

① 本当に、なにかしらに怒っている。

誤解ではなくて、怒りを抱いている場合も、実は多いんです。
自覚はなかったりするんですけどね。

だんまりしたり、無表情でいるときには、
「ひきこもり」という形を使って、怒りを表現している場合があるんですね。

怒りは、直接目の前の人に対してではなかったりもするので、
なかなか分かりにくかったりもしますが、

「どうせ、この人もわかってくれないんでしょ~」なんて感じている場合、
その怒りが伝わっている場合が多かったりします。

対処法:怒りの大元を探り、癒してあげる。

② 表現することが、恥ずかしい。怖い。

自己嫌悪などから、自分を無意識に隠そうとしてしまう。

そうなった原因はいろいろありますが、
自分を表現することに慣れていくことが大切ですね

ちょっと恥ずかしいな・・と思うぐらいから、
チャレンジしていくといいと思いますよ。

(女性だったら、ファッションを変えていくという手もあります

人見知りだったり、恥ずかしがり屋さんの方は、
自分に意識が向きすぎている場合もあるので、「場を楽しむ」ことに集中するといいかも。

対処法:自己嫌悪を減らしていく。恥ずかしさに慣れていく。

③ 感情を抑圧していて、感じられなくなっている。

辛い、悲しい、しんどい、など
何かの感情を抑えていることで、喜びまで感じられなくなっている場合など、

心の動きが少ないとき、表情が希薄になってしまうことがあります。

こんなときには、抱えている心の荷物を降ろしてあげたり、
喜びや楽しみで、心を動かす練習をしてあげるといいと思います。

対処法:心をほぐし、動かす練習をしてあげる。

④感情表現をしちゃダメ!と感じている。

「もっと静かになさい!」なんて小さいころに怒られて、
「押さえなきゃいけないんだ」と思い、大人しい子になっちゃった><

なんて方は、その誤解を解いてあげるといいかもしれません

また、たとえばお父さんが寡黙な人だったり、
お母さんが激情派(笑)だったりすると、

うまく自分を表現するには、どうしたらいいのか分からない、という場合もありますので、
そんなときには、「見本」を探して、いい影響力をもらうといいと思いますよ!

対処法:観念(~しなければいけない、というルール)を書き換えてあげる。

あくまでケースバイケースですので、
当てはまらない場合も多いかもしれませんが。

どの場合も、
「もともと持っている自分の魅力が、周りに伝わりにくい状態になっている」
だけなんですね。

「そんな風にみられるだなんて、
私って、つまらない人間なんだわ

なんて、誤解だけはしていただきたくないなぁって思います。

161_1

あなたの持っている、内面の魅力が(ちゃんとありますよ!!)
周りの人にもっともっと、伝わりやすくなりますように

参考になれば幸いです。

関連記事

今度はあなたが幸せになる番です!

あなたの恋愛を心理でサポート。

名古屋駅から2駅ほど
鶴舞駅徒歩5分の「弊社カウンセリングルーム」にて
対面式のカウンセリングをご提供しています。

また、月に一回東京地区にも
出張カウンセリングを行っております。

最新のカウンセリングスケジュールはこちら

ご予約・お問い合わせは名古屋、東京共に
カウンセリング予約センターまでお電話くださいね。

06-6190-5131 

・営業時間:12:00~20:30 
・定休日:月曜(月祝の場合は翌火曜)

IMG_1494 - コピー

すべて個室です。安心してお話いただけますよ!

☆名古屋(鶴舞)カウンセリング
(名古屋ルームアクセス・地図)  


◆東京出張カウンセリング(駒場)
 
→ (東京ルームアクセス・地図)  


カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

服部希美

■ カウンセリングメニュー   

■ ご予約方法     

お客さまの声   

服部の略歴    

■ メディア関係者さま宛てのご案内   

目次
閉じる