MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

仕事以外のことに、ぜんぜん手が回りません。休日には寝てばかり・・そんなとき。

いつもありがとうございます。

カウンセリングサービス 服部希美です。
三連休、みなさまいかがお過ごしですか~??

私は、心のお勉強&
面談カウンセリングという

大好きなことばかりが、
ぎゅぎゅっと詰まった連休を過ごしておりますよ

服部希美 (2)
(写真は、岐阜の名物「鶏ちゃん焼き!」)

こういうお話をするとですね~。

服部さん、忙しそうですね、
大変そうですね、って言われることも多いんですけどね

私の場合、

やりたいことを、めいっぱい!
やってやろうじゃないの~~!

という「好きなことをするぞ!」な気持ちのときって、
体力や気力って、別腹(?)だったりするんですよね。

心が喜んでいるのが、分かるといいますか。

まぁ、好きなことといえど
短距離走しすぎて、力尽きる・・ということも
何回も経験してきたので

バランスをとりながら、
楽しんで毎日を過ごさせていただいてるって感じですかね

本当に、ありがたいことだなって思います。


publicdomainq-0017230fpu

そんな、私なんですけどね。
悩みでいっぱいだったころ、というのは
休日に1日遊びに行く、
仕事終わりに呑みに行く、
な~んてことは、ご法度でした。
仕事以外の予定をいれてしまうと、
体がもたなかったんですよね~・・。
体調も崩してしまうことも、多かったですし。

普段から、いつでもなんか調子が悪くて

フラフラしておりました。

でもですね。

そのときやっていたお仕事も、
嫌いではなかったんですよね。

当時の私なりに、選んでやっていましたし、
それなりに、認めてもらえてもいたんです。

仕事仲間も、良い人に恵まれていたし、
良い思い出もあるのです。

若さゆえの体力も
きっと・・今より、あったはず(笑)

でも、毎日がとてもしんどかったのですよね。
仕事以外のことに、ぜんぜん手が回らない。
振り返ってみて、

今と当時に

違いがあるとすれば・・
「心(マインド)」の状態かな?と思うのですね~。

当時の私は、誰にも頼らず、
ひとりで頑張って生きなければいけない、と思ってたんです。
できない自分を感じるたびに
情けなくて情けなくて、

幸せそうに、楽そうに
生きている人たちを妬んで

がむしゃらにがんばることで、
欠けているものを埋めようとして、毎日必死でした。


もう、↑↑の太文字を読むだけで

あーしんどい><って感じる方も
いらっしゃるかもしれませんね(苦笑)

いっぱいいっぱい、力が入った生き方。

不安や怖さの中で生きていく、というのは
それだけエネルギーも使うもの、なんですよ。

そう考えると、
日々に安心感が感じられること
自分は自分で良いんだよ、と思えること
心がきちんと喜べる状態であること、

というのは

毎日を充実させるためにも
本当にやりたいことを実現させることにも
とても大切なことなんだな~って思うのですよね
とくに、大切な人を愛したい
「心優しき頑張り屋さん」ほど、
ちゃーんと、自分の心の喜ぶことも!
日常に取り入れていくことが大切。

自分が倒れちゃったら、
身も蓋もないですからね。

あなたはちゃんと、
頼るべき人に頼れていますか???

自分の良いところも、ダメなところも
受け容れてあげられてますか?

心が喜ぶ状態って、分かっていますか???

あれれ、そういえば
最近自分のこと、分からなくなっちゃってるかも?><

そんな方は、いま一度
土台を整える時期かもしれませんよ。

どうぞカウンセリングもご利用くださいね~。

がんばり屋さんなあなたの
参考になれば、幸いです。
カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

■ カウンセリングメニュー   

■ ご予約方法     

お客さまの声   

服部の略歴    

■ メディア関係者さま宛てのご案内   

ツイッターはじめました

*******   
 
<服部の講演が音源になりました>
服部希美 音源配信

<取材協力> 

■小学館Menjoy!にてインタビュー 
「父親が嫌いだった女性」の心理と恋愛へ与える影響は?
心理カウンセラーに聞く
  

恋愛に深刻な影響も!? 
心理カウンセラーに聞く「父親嫌い」の克服法4つ
   

■読売テレビ「かんさいネットten!」VTR出演   
夏の風物詩 花火のカラクリ  

span>

目次
閉じる