MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

いつもいつも「超自立的な彼」に、惹かれてしまいます(1)

めったなことで、甘えたり、弱音を吐かない。
なんでも自分の力で成し遂げようと頑張る彼。

仕事で成功していたり、身のこなしもスマートで魅力的だったりするけれど、

あまりにストイックに、仕事に打ち込みすぎて
メールは少ないし、甘い言葉の一つもくれない。

私が弱音を吐くと「それはお前が悪いんじゃないの?」なんて手厳しい言葉が返ってくることも。

彼に悪気がないのは分かっているし、応援してあげたいという気持ちもあるけれど、

構ってもらえない寂しさや、
頼ってもらえない寂しさを感じて、

私って愛されているのかなぁと不安になって、いつも彼に振り回されてしまいます。

こんな「超自立的な彼」に惹かれてしまうあなたは、
もしかすると、あなた自身が「超自立的な女性」なのかもしれませんよ?

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 心理カウンセラー服部希美です。

今回は久しぶりに「こんな彼に惹かれてしまう」シリーズです。

  \こんな男性に惹かれてしまうシリーズはこちら/
男性心理

超自立的な男性に、惹かれてしまいがちな心理と、
起こりがちな恋愛パターンについて、書いてみたいと思います。

いつもいつも、超自立的な彼に惹かれてしまう、という方。
大好きな彼が超自立的でした!という方。

いやいや、彼女のほうが超自立的なんです、という方の参考になれば幸いです。


実は、心理学では、
超自立的な男性に惹かれてしまうのは、女性側も自立しすぎていることが原因であるのではないか?と考えることが多いのですね。

つまり「自分を上回るぐらい「超自立」している相手」にしか、
弱音を吐いたり、頼れない><という状況になっていたりするのではないか?と見立てることが多かったりするんです。

(もちろん、ケースバイケースですけどね!)

たとえば、私たちが自立(一人で頑張る)に傾いているとき、

依存の欲求(甘えたい、助けてもらいたい、弱音を吐きたい)は「抑圧」されている状態なんですね。

「抑圧」という状態は、ないわけではなく、外に出せない分、
ダムの水のように「依存の欲求」をためこんでいる、と考えられている状態。

もう、溢れんばかりに、依存の気持ちが貯まっている状態なわけです。

そんな状態であれば、誰でも苦しくなってきますよね。
もう、ちょっとしたことで溢れちゃいそう。誰か助けて!

つまりね「自立しすぎている人」というのは、
表面的には人を寄せ付けないような雰囲気があるかもしれませんが
心のどこかで「依存できる場所」を求め、彷徨っていたりするんです。


でも私たちって、
相手が自分よりも「弱いなぁ」とか「頼りないなぁ」と思うとき、
自分をゆだねたいとは、思えなかったりしませんか^^;

こんなやつに、私の苦しみがわかるわけがない!なんてイライラしちゃうことも、起きたりします。

ですから、自分が自立していればいるだけ
自分が甘えるために、もっと自立している人を探してしまい、
超自立的な男性に惹かれやすくなってしまう、というわけなんですね~。

ですから「超自立的な男性」に恋愛をしている、という女性って
日常生活において、ひとりでがんばる、頑張り屋さんが多かったりするんですね。

で、ここからがポイントです。

自立的な女性が、ずっとずっと探し求めてきた
甘えることが出来そうな、頼りがいのある男性にようやく出会えたわけですから、
いままで抑えてきた依存の欲求が出やすくなるのは、当たり前だと思いませんか?^^;

でも、あなたよりも自立している「超自立男性」は、
あなた以上に「甘えること、弱音を吐くこと、頼ること」といった依存を嫌い、抑圧しているわけです。

はい。大切なことなので、もう一度いきますよ。

あなたよりも自立している「超自立男性」は、
あなた以上に(ここ、ポイント)

あなた以上に「甘えること、弱音を吐くこと、頼ること」といった依存を嫌い、抑圧しているわけです。

ですから、超自立的な男性は
いくら大切な彼女相手だとしても、自分対して依存してこられると 

自分がダイエット中に、 お友だちに目の前でケーキを食べられるとムカつく心理と同じように(笑)
「甘えてくるなよ!」って、つっぱねたくなっちゃったりするんです。

そして、彼女のほうは、
超自立的な彼の行動に更に依存心を刺激され
彼との関係において「依存」に傾きすぎてしまうことが多いのです。

たとえば、彼の行動がいちいち気になってしまったり
本当に私、愛されてるのかな?という不安をいつも抱えていたり、
構ってもらえない寂しさをグッとガマンして、待つ、とか
寂しさを押さえきれず彼にぶつけてしまい、余計に傷ついてしまう、なんていう

「彼次第の恋愛」になってしまいがちなんです。

ですから、一見「彼に振り回されてばかりの私って、すごく依存的だよね・・・」
もっと、頑張らないと!と勘違いしがちなんですが、

実は日頃、あなたがひとりで頑張りすぎているところを、彼以外の誰かに、まず助けてもらうことが必要になってくるんですね。

ちなみに、男女逆パターンもあります。

「どうせ俺なんて、必要ないんだろ」という彼だったり、
彼のことを「いまいち頼れないわ」って感じていらっしゃる場合は、あなたのほうが自立しすぎているかもしれません。

そういう場合も、取り組むことは同じです。

あなたが、まず、あなたを助けてあげる。
彼以外の人とつながって、自分を助けてもらう。
自分を許し、荷を下ろすということが大切になってくるわけですね。

>次回に続きます。

面談カウンセリングのご案内

オンライン、名古屋、東京にて、対面のカウンセリングをご提供しております。

・うまく行かない恋愛へのアドバイス
・繰り返す悲しい恋愛パターンからの脱出
・尽くし系女子の幸せな恋愛サポート(ダメンズメーカー)

あなたのお話、お聞かせくださいね。

初回は無料でお使いいただけます、45分のお試し無料電話カウンセリングもご用意しております。
お気軽に服部のカウンセリングをお試しください。

最新の面談スケジュール
カウンセリングメニュー
服部の略歴
得意ジャンル
お客さまの声

カウンセリングのご予約・お問い合わせは・・

カウンセリング予約センター
・電話番号:06ー6190ー5131
・営業時間:12:00~20:30
・定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合火曜)、他

服部のプロフィール

得意ジャンル・カウンセリングポリシー

カウンセリングってなにをするの?

ルームアクセス(名古屋・東京)

オンラインカウンセリング(Zoom)やり方

お客様の感想

目次
閉じる