MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

先読みや深読みをしすぎる、取り越し苦労が多い私が、心を開いて人と関わるために大切な視点

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
カウンセリングサービス 心理カウンセラー服部希美です。

今日は、ぐるぐる考えすぎて動けなくなってしまったり、
先読みや深読みしすぎて、毎日がぐったり・・
そんな頑張り屋さんが、ちょっと気楽に人付き合いを楽しむための
ちょっとしたヒントなどを書いてみたいと思います。

目次

取り越し苦労って、案外疲れる^^;

イレギュラーなことが起きたり
自分の感じている力量以上のお仕事を任されたり
予定が詰まり始めると、心に全くの余裕がなくなってしまう。

誰かからきたメールの文章を深読みしすぎたり
別れ側の彼の一言に、ひっかかったり・・

「最悪のことがあったらどうしよう」
「信用を失ってたらどうしよう」
「この先、やっていけるのかな」
「きっと、悪い方悪い方に進むに違いない」

そんな不安でいっぱいになって
ぐるぐる考え込んでしまう。

考えることばかりにエネルギーが持っていかれてしまい
肝心のやらなきゃいけないことに手をつけられない・・
こういう方っていらっしゃると思うのですよね。

バタバタ慌てちゃう、
ちょっとしたことで不安になっちゃう、そんな自分の様子を見た人に
「ちょっと落ち着いたら?」なんて言われちゃったり^^;

まぁ・・・これ、私の持っていたパターンでもあるのですが(汗)
正直ですね、いろいろ考えられること自体はお役に立つことだったりもするのですよ。

たとえば深読みや先回りで行動できる人が職場にいると、仕事がスムーズに回ります。
リスクを減らすことができたり、円滑な環境を築くこともできますね。

相手の気持ちを考えられること、想像できること自体も、素晴らしい力!
その気づきは優しさや思いやりとして、大切な人を幸せにすることも可能だったりします^^

ただですね、そうやって思い悩むことが原因になり
ストレスがたまってしまったり、辛い気持ちを抱えすぎてしまうのも考えもの・・だと思うのですよ><

取り越し苦労の元は「不安」?!
不安が、あなたを守る唯一の鎧になっているのかも。

でもね、そもそも不安ってそんなに悪いものなのでしょうか。

たとえば、急に不意打ちで
あなた耳の近くで、誰かが大声を出した!としましょう。

すっっっごく、びっくりすると思うのですよね^^;

何が起きたかもわからないし、
体も、すくみあがっちゃうと思うのです。

でも「もしかすると誰かが、私の耳元で大声を出すかもしれないから気をつけていなくちゃ!」って
不安を感じ、日々、身構えていたとしたらどうでしょう・・・?

まぁー、それでもビックリはすると思うのですが
「想定内」なので「不意打ち」よりも、冷静な対応ができると思うのですよね。

「ああよかった、身構えておいて。」

言い換えてみると・・
あなたの心や命を「不安」が守ってくれている、といえると思うのです。

実際のカウンセリングの中でも
先読みのしすぎ、深読みをしちゃう、
ぐるぐる考えちゃう、そんなときって

それをやることによって「必死に、自分で自分を守っている」のだろうな〜と感じることが多かったりします。

「自分1人で生きなきゃいけない」
「誰もアテにできない」
「でも、自分の判断に自信がない」

そんな世界観の中で・・
最悪の事態からは、免れるんじゃないか
大切な人を守れるのではないかって。

あなたなりに必死に頑張っているのではないかな
こーんなことを服部は、感じちゃったりするのですねー。

もちろん、不安って感じたくはないものではありますけどね。

防災意識は持っていてもいい。でも、そこまで怯えすぎなくてもいいのかもしれないという視点をもってみる

たとえばですが。
過去の災害被害から学びを得て、防災意識をきちんと持つ。
これはとても素晴らしいこと、ですよね。

不安を感じること
備えること、考えることがわるいわけではないと、服部は思います。

そして、あなたには、あなたのもっている良さがあるし
別の誰かになる必要も、ないんだよ、とお伝えもしたいなって思うのですね。

なぜならば。

人の気持ちを汲み取ったり、先読みをしたり
多角的に物事を考えられることは、あなたの素晴らしさであり
あなたなりの思いがあってやっていることがほとんどで

「そんなこと、考えなくたって大丈夫なんだよ」
「みんな、そこまで考えてないよ」

と言われちゃうと・・・気が楽になる分
悲しみが出てきちゃうという方も多いのではないかな?と思うから。

「いったい、いままでの私はなんだったの?」

いままでのあなたが、悪かったわけではありませんし^^
あなたがそうやって頑張ってきたことで、救われたこともあったはず。

大きすぎる不安を手放していくために
もっとあなたらしく、楽しんで人と関われるようになるために
大切な人を信頼して、こころをひらけるようになるために

今日は、いままでの自分に「私を守ってくれてありがとう」ってお礼を言ってあげましょうか。

不安が出てきたら「私を守ろうとしてくれているのね」「ありがとうね」って声をかけてあげましょう。

いっぱいいっぱいいっぱい
労ってあげましょうね。

そのうえで、です。

備えていた方がいいことは、備えつつ
大きすぎる不安は「そこまでしなくても、大丈夫だよ」って

自分を安心させてあげながら、不安を減らしていけるといいんじゃないかなって思いますよ〜。

大好きな人との繋がりや、
自分の想定している以上の喜びや幸せを手にするためにも、ね!

不安を駆り立てている理由に気づいて、労ってあげよう

ちなみに、心理分析などで
心の根っこを覗いてみると

「自分の判断で大丈夫だろうか?」
「こんなことを思われちゃったらどうしよう」
「本当に、これでいいのかな」
「先々が不安すぎる」

そんなふうに感じやすい方の心の中には
不安を駆り立てられてしまうような状態になっていることも少なくないようです。

たとえば、一人の力で生き抜いていかなければならないというプレッシャーが山盛り。
どこか、ひとりぼっち感があるなど、慢性的に感じている「心細さ」がある場合、
「頼れるものは己のみ」状態になり、自分で自分の身を守らなければならないと思いすぎて、不安が過剰に出ている。

また、子供の頃、とっても心配性な大人が近くにいて
その価値観や不安を取り込んでしまって、不安を感じやすくなっている。

身近な大人が毎日辛そうなのを幼心に見てきて
「社会って、すごく怖いものだ」「自分なんかでは太刀打ちができない」と思い込んでしまった。

実際に、言動を誤解されてしまい、悲しい思いをした心の傷が残ったままになっている。

もし、思い当たるものがあったり
心の根っこから取り組みたいな〜、と思われた方は
お気軽にカウンセリングもご活用くださいね。

不安を超えて
あなたが、喜びや安心、幸福とつながれますように。

応援しておりますよ!

参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
これまで出会ってきたものと、これから出会っていくものと いつもありがとうございます。カウンセリングサービス 心理カウンセラー服部希美です。 今日は、ちょっぴり短い一言メッセージを更新です。 必要な方に、必要なタイミ...
あわせて読みたい
「自分の感じ方のくせ」に 気づくことが、幸せの近道になる いつもありがとうございます。カウンセリングサービス 服部希美です。  2月になりましたね。まだまだ寒い日が続いていますが・・もう「立春」 暦の上では、春が...

直近の面談カウンセリングスケジュール

名古屋(鶴舞)Orオンライン
名古屋ルームまでの道のり
5月21日(火)13時、16時、19時

東京(駒場)出張Orオンライン
東京ルームまでの道のり
5月24日(金)13時、16時、19時
5月25日(土)10時、16時、19時
5月26日(日)16時

*当日のご予約は予約センターのみの受付です。
WEB予約をご利用の方は、カウンセリング前日20時30分までにご予約くださいませ。

詳しいスケジュールと、ご予約方法はこちら

365日24時間受付中!WEB予約ページはこちら
  • URLをコピーしました!
目次