MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

好きなことは仕事にしないほうがいい?! ~外的報酬と内発的動機づけの関係~

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日はビジネス心理学より、好きを仕事にするためのヒントをご紹介します♪

目次

好きな仕事ができれば幸せ??

好きなことや、やってみたいことが仕事につながればいいな…
そんな風に考えたことがある方はかなり多いと思います。

ですが実際に、好きなことを仕事として取り組んでいる方というのは
一握りの方、なのかもしれません。

「好きなことや趣味は仕事にしないほうがいいよ」なんて話も良く聞きますし、
実際に「好きを仕事にしたのに、途中でつまらなくなってしまった」という方のお話もカウンセリングではよくお伺いします。

好きを仕事にするということは、パワーも勇気も必要です。

それだけの思いで一歩踏み出したはずなのに、
いったいどうして「それほど好きだった仕事が嫌になってしまう」のか、不思議だと思いませんか?

好きを仕事にして楽しんで仕事をしている人もたくさんいます。
この違いは、いったいどこから来るのでしょうか。

今日は心理学の観点から、好きと仕事をつなげる方法をお伝えします。

今からできるカンタンなエクササイズもご紹介しますので、
みなさんの状況に合わせてお試しくださいね。

外的報酬と内発的動機づけの関係を見直す


好きで始めた仕事が嫌になる理由は

「外的報酬のために頑張ることで、内発的動機づけが低下してしまうから」

いくつかありますが、
今日は「外的報酬」と「内発的動機づけ」の関連性からご説明しますね。
(心理学では「アンダーマイニング現象」と呼ばれています)

「外的報酬」は給料や役職など、外から与えられる報酬のとをいいます。

たとえば「ゲームを買ってもらうために、テスト勉強をする」
「受験に合格するために、勉強する」など、
そういったものも「勉強」から発生する「外的報酬」のひとつ。

ようするに「仕事」や「勉強」は「外的報酬を得るための手段」となるわけですね。

それはそれで悪いことではないのですが・・

例えば、あなたがハンドメイドアクセサリーを作るのが好きで、
仕事にしてお店を開きたいなと思ったとしましょう。

内的動機づけとしては「作るのが楽しい」であったり
「購入者に喜んで貰えるのが嬉しい」など、いろいろあると思います。

でも、いつの間にか「売上」「知名度」「評判」など
「外的報酬」にばかり意識が向いてしまったとしたらどうでしょう。

売り上げのために、流行りに合わせたアクセサリーばかりを作り続ける。
数を稼ぐために、クオリティを落とし量産する日々ばかりが続くとしたら、どうでしょう。

お仕事がつまらないなと感じてしまうのも、無理はないのかなと思うのです。

もちろん、収入や知名度が上がり、お店が大きくなるのは喜ばしいことです。
生活もかかっていますしね。

でも「外的報酬を得るための手段が仕事」というだけになってくると、
内発的動機づけが低下してしまうので
「仕事そのもの」が楽しめなくなってしまうことが多いんですね。

内発的動機づけを大切にするエクササイズ

こういうときには、
あえて「内発的動機づけ」を大切にする時間を取り、
バランスを取ってあげましょう!

①原点を思い出す

あなたはなぜその仕事を志すことにしたのか、出発点を思い出してみましょう。

どんな思いで、どんなことがあって、どんな夢を抱いていたのか…
思い出す時間を作ってみてくださいね。

そうすることで低下した意欲が湧いてくることも多いですよ。

②仕事の熟練や、周辺にも興味を広げてみる

収入につながることだけでなく、自分自身の成長を楽しんだり、
好奇心の範囲を広げていくことで、意欲が湧いてくることも多いです。

たとえば、先ほどのアクセサリーショップのお仕事であれば、
自分自身も他のお店に出向いて新作をチェックするとか、
自分のために特注のアクセサリーを作って楽しむ・・こんな感じでしょうか。

外的報酬ももちろん大切ではあります。

仕事である以上大切なことではあるのですが、
仕事自体を楽しみたいと思ったときには
「内発的動機づけ」に重きを置いてみることをおすすめしますよ。

ぜひ、お試しくださいね。


(お仕事中!)

私も接客業から心理カウンセラーに転身した、
いわゆる「好きを仕事にした」ひとりでもあります。
もちろん転身するときには迷いに迷いましたし、家族にも猛反対されました。

でも、プロとして活動し始めて7年目突入、
下積みを合わせれば10年以上心理の道をひたすら歩み続けているわけですが、
いまだ新鮮にお仕事をやらせていただいているのですよね。

私にとって「内発的動機づけ」は
「私自身がカウンセリングに救われた経験から、
今度は私もカウンセリングを提供する側になりたい」と思ったこと。

正直、内発的動機づけはどんどん増えていますが(笑)
あのときの感動や感謝が原点であるのはいうまでもありません。

そして好きを仕事にして、本当に本当に良かったと思っています。

どうぞ、私にも応援させてくださいね。


あなたの参考になれば幸いです。

鶴舞駅から徒歩5分の名古屋カウンセリングルームおよび、東京ルーム(駒場)にて対面式のカウンセリングをご提供しております。あなたに合わせたカウンセリングをぜひご体験くださいね。
オンライン(Zoom)面談も実施中。場所や時間を選ばず、カウンセリングを受けていただけますよ♪

目次
閉じる