MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

いつの間にか彼をダメンズにしてしまうあなたへ〜察して欲しい気持ちに気付こう〜

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、そんなつもりはないのに
彼がどんどんとダメな状態になっていく・・という
ダメンズメーカーさん応援記事です。

candice-picard-vLENm-coX5Y-unsplash



心を惹かれるのは、
いつもどこか癖のある「ダメンズ」さんばかり。

そんな方もいらっしゃれば

お付き合いしていくうちに
彼がダメンズさんになっていってしまいます
とか。

自分と付き合っているときには
どうしようもないダメンズさんだった彼が
お別れした後お付き合いした彼女にはとても真摯で
さくっと結婚を決めてしまいました
とか。

「私と関わっているときに、ダメンズさんになっている」

そんな恋愛パターンをお持ちの方って、けっこう多いです。

priscilla-du-preez-ryVaXaOJO2Q-unsplash

彼をダメンズさんにしてしまう理由としては
いろいろあるとは思うのです。

彼女側の場合もあれば、彼側の場合もある。

どれだけ頑張っても、対人関係は50%(自分の分)しか頑張れませんからね・・・。
自分なりのベストを尽くすことが大事かなと思うわけなのですが

「彼に頼られる前に、手を差し伸べて助けてしまう」

という行動が、彼の甘えを引き出してしまい
まるで「お母さんと反抗期の息子」状態になってしまう、そんな方って多かったりします。

あれ持った?これ持った?
そんな風に、世話を焼き過ぎてしまったり。

「自分でやったほうが早いわ」みたいな形で
彼に一回お願いしたことを待てず、自分でやっちゃったり。

頼まれてもいないのに彼の部屋を掃除しちゃう、みたいな

そんな感じでしょうか。


まぁ、お付き合いが長くなって来たり
結婚して生活を共にするようになると

女性が男性の生活の世話を焼く、という形には
どうしても、なりやすいとは思うのですけども・・

この心理の裏側には「女性側」の「察して欲しい気持ち」
要因になっていることが少なくありません。

viet-vang-OK3a2Z1ay24-unsplash

・迷惑をかけたくないと思い、困った時に助けてが言えない。
・自分の要望をワガママだと思い、遠慮してしまう。
・自分のことよりも周りのこと。自分の気持ちが分からない。
・嫌われてしまうのではないかと過剰に心配してしまう。

どれも彼が大切だから、そう感じるわけなのですけどね

こういう心理から自分から気持ちよく「お願い」が出来ない状態だと
彼の気持ちを「彼よりも早く察知して」(ここ、重要!)助けすぎちゃったりするんですね。

そうやって自分の欲求を抑え、彼のことを助け続けていると
私たちの心は「期待」をはじめます。

「あなたのことを助けてあげたのだから
今度は私のことも助けてくれるでしょう?」

「私もやってあげたんだから、あなたもやってよ」

最初は愛からやっていたとしても
だんだん「取引」の心理が生まれちゃうんです。

そして不満が爆発しちゃったり
彼側も「それが当たり前」となってしまったりするわけですね。

jonathan-francisca-YHbcum51JB0-unsplash
ですからね。

彼が自分に甘えすぎる。
自分に対してルーズな対応をする。
彼に対して不満ばかりが募る。

そんなときには

彼からのアクションを待たず
彼に手を差し伸べすぎていないかな?

自分の気持ちを「察して欲しい」と思ってないかな?
ガマンしすぎていないかな?

って、チェックしてみるといいかもしれませんね。


そしてね。
きちんと言葉にして気持ちを伝えていきましょう。

「彼に頼まれたときに、お手伝いをする」よう心がける。
「自分の想いを口にすることを練習する」


まぁ現時点で、彼が甘えすぎている状態であるならば
その状態に慣れ親しんでしまっているので
しばらくは、お願いしても望んだ反応はないことが多いとは思います。

そこで彼に怒りをぶつけてしまっては本末転倒です・・^^;罠ですよ。


勇気を出して表現した分
「こういう反応が返ってくるなら、もういいです!」って
すぐに心を閉じたくなると思うのですが

(うんうん、お気持ちはすごくわかります・・)

もし、彼との関係性を続けていきたいと願うなら
二人でコミュニケーションの練習をしていく時期なんだなと思い
根気よくやってみると良いかな、とは思うのですね。

自分の想いを口にする練習をする場合はね

一旦、自分自身やあなたをサポートしてくれるお友達との関係の中で
自分の気持ちを整理して、表現する練習をしてみるといいかもしれません。

被害者意識にはまってなっていないかな?
彼を責める気持ちでいっぱいになっていないかな?
自分を責めるばかりの言葉になっていないかな?

自分本位、相手本位な言葉になってないかな?


最初はなんでも練習、ですね^^

いままで飲み込むばかりだった優しい方ほど
最初はうまくいかないものだと思います。

そしてパートナーシップは、ケースバイケースですからね^^;
よかったら、カウンセリングもご活用くださいませー。


で、ですね。
エクササイズ、と言わないかもしれませんが。
こういうときにまず、試してみるといいことも書いておきますね。

「彼のことを考えない時間を作ること」

自分の楽しいこと
嬉しいこと
やってみたいことに目を向けて
自分のことに労力をかけてあげる。

自分のことを自分で大事にする。
ようするに「自分軸をしっかり作る」ということです。

対等なコミュニケーションには、自分軸、めちゃ大事ですよー。
ぜひ出来る範囲で、やってみてくださいませ^^


ちなみに、カウンセリングを定期的に受けに来られる方の中には
「この時間が、自分の軸を作る大切な時間になっています」とご感想をいただくことも多いです。

そのぐらい、心優しき頑張り屋さんの日常って
大切な人のために頑張る時間が多いのです。

そして、それが板についちゃっているんです。


ダメンズさん関連の最大の問題は、

女性側がひとりで頑張ることが「当たり前」になりすぎていて
良かれと思ってやっていることが、裏目に出てしまっていることに気づかず

更に頑張る→さらに傷つく、という
悲しいループにハマってしまうというところ。



彼をダメンズさんにしてしまうとしても
それは、あなたがダメなわけでも
価値がないわけでもありません。

もうすこし、
自分のことも大事にしてあげる生き方に
シフトチェンジするといいですよ~
というお知らせだったりするのですね。

自分の話を、2時間聞いてもらう。
自分を主役に話を進めてもらえる。

そういや、そんな時間ってないよなぁ

そんな頑張り屋さんなあなたにこそ
お役に立てたらうれしいなと思います。

参考になれば幸いです。

  \こんな男性に惹かれてしまうシリーズはこちら/
男性心理

 \過去の「今日の一言メッセージ」はこちら♪/
バナー2

面談カウンセリングのご案内

鶴舞駅から徒歩5分の名古屋カウンセリングルームおよび、東京ルーム(駒場)にて対面式のカウンセリングをご提供しております。あなたに合わせたカウンセリングをぜひご体験くださいね。
オンライン(Zoom)面談も実施中。場所や時間を選ばず、カウンセリングを受けていただけますよ♪


カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

■ カウンセリングメニュー   

■ ご予約方法     

お客さまの声   

服部の略歴    

■ メディア関係者さま宛てのご案内   

目次
閉じる