婚活・パートナーが欲しい

失恋の事しか考えられない状態から、なるべく早く脱出する方法

いつもありがとうございます。

カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は「失恋からの復活」について
がっつりと書いてみたいと思います♪

恋愛心理 カウンセリング 名古屋



大好きだった人との別れ。
それはつらく、悲しいものですよね。

頭の中が、そのことばかり考えてしまう。

そして、考えれば考えるほど

あの時こうしていれば良かったのに、とか
私はどうすれば良かったのだろう、と考えてばかりで
お仕事も手につかない・・そんな方も多いのではないでしょうか。

私たちの心は
大好きな人であればあるほど
失恋の苦しみが強くなってしまうもの。

悲しい気持ちや、後悔、恨み。

彼に会いたくなってしまう、
声が聴きたくなってしまう気持ち。

冷静であろうと思っても、
ふとしたときに取り乱してしまう不安定さ。

こういう失恋の痛みは
あなたがその人を、大好きだったから出てくるのです。

いわば、愛から来ているわけですよ。

ですから、
こういうときに無理矢理、
空元気で「なかったこと」にするのは
・・あまりに辛すぎると思いませんか?

ameman170920007_TP_V4

実は、失恋のショックというのは
大きな心の危機を感じた後の状態なんですよね。

想像していない事故に遭遇して
受けた時と同じぐらいのショックを
心に受けていたりするのです。

そのぐらい、
大好きな人と好きでい続けられない
ということは、つらいことなのですよね。
私たち女性にとって。

だから、たかだか失恋ではないのです。
しんどくて当たり前なんですね。
いっぱい悲しくて当然なんですよ。

ですからね、焦りがあったとしても。

まずは、心が元気になるまで
ちゃんと時間をあげてほしいんです。

最初は、現実を受け入れられなかったり
まるで夢のことのように感じちゃったり

悲しみで明け暮れたり。
恨んだり、怒りが出てきたりすると思います。

こんな自分なんて、と卑下する気持ちが出てきたり
無力な自分に打ちひしがられることもあると思います。
焦りで眠れない、なんてことも多いかもしれません。

でも、そんな気持ちを
行ったり来たりしているうちに

かならず、
すこし冷静に「起きた事実」を受け入れ
振り返れるようになってきます。

そして、彼の幸せを
祝福することができるようになってきますからね。

頑張り屋さんほど、

「早く次の恋愛に切り替えなきゃ」
「すぐに忘れなきゃ」

と、解決を急ぐあまりに
焦りが出てきてしまったりもすると思いますが

悲しみを封じ込めて乗り越えた失恋は
結果、長く引きずってしまうことが多いです。

無理して、順番飛ばししなくていいんですよ。

つらいときはつらい。
悲しいときには、悲しいでいいんです。

まずは、いっぱいいっぱい
涙で心の傷をいやしてあげましょうね。

luis-galvez-I8gQVrDcXzY-unsplash

・・・とはいえ、

長い間、失恋のことばかりに
捉われているのもつらいんです、

日常生活を送るのが大変だし
できれば早く、次の恋愛に行きたい、

というお気持ちも分かるのですよね。

時間が必要、とはいえ
できる限り短縮したい、という気持ちは
みなさんの切実な願いだと思うのです!

ではでは、
そんな頑張り屋さんのあなたに

「なるべく早く立ち直りたい」
「次の恋愛に向かいたい」

こういうときに、心理的には
いったいどうしていくのが大事なのか
今日はお伝えしちゃいますね。

それは・・・
「人や物に、助けを求めること」なんです。

恋愛心理 男性

自分がつらいときほど、

周囲に助けを求められなくなる方って、多いです。

心優しき頑張り屋さんほど
自分ひとりで抱え込みがちですね。

あなたは、つらいときほど
「自分ひとりで解決しようとする癖」、ありませんか~?

もちろん、自分のことを誰にも見せずに、
「大事に守ってあげる」ことも・・
生きていく中で、大切なことだと思うのですね。

なんでもかんでも、
人に見せなくてもいいんですよ!

でもですね、
ショックを受けている状態のときに
自分ひとりでなんとかしようとしてしまうと、

負担だけが大きくなって、
立ち直るどころではなくなってしまうのです・・。

そして、
失恋で辛いときに
援助を求める最大のメリットは

つらい気持ちを誰かに話し、
人にしっかりと受け入れてもらうことができると、

痛みを自分で受け入れることと
同じ効果を得られる
といわれているから、なんですよね。

心理学の専門用語でいうと
「他者受容=自己受容」の効果がある、ということです

実は、失恋でつらいとき、
自分のつらさを認め、受け入れ
しっかりと労わってあげることが出来るなら
ちょっとづつ、回復していくのですよ。

でも、失恋しちゃったとき・・

自分で自分を慰めるって
ものすごく難しいと思うのですよね。
逆に、ボコボコにしちゃうものです。

だから、そんなときにこそ

自分以外の人に助けてもらいましょう。
人の力を借りてみましょう。
ということなんですよ!

あなたのことを大事に思う人だったり、
あなたのことを応援している人たちは

傷だらけのあなたが、
あなた自身を受け入れるよりも、はるかに簡単に
あなたを受け入れることが、可能なのです。

ちょっと想像してみてくださいね。

あなたが経験した失恋を
大事な大事な親友が、経験したと思ってみてください。

あなたは、いま自分に言っているような言葉を
親友に言いますか???

「あのときあなたが、こうしていたら良かったのに」

そんなこと・・言えませんよね。

03e9a0da-462d-465a-bef5-e9f97b630947

実は、失恋から上手く立ち直る最大のコツは
周りの人の援助を受けること。

「自分を開示して」
「人に受け入れてもらうこと」
なんです。

人に話したって、彼は戻ってこないでしょ
そんな気持ちも分かります。(私もそうでした!)

でもね、心のショックから立ち直り
いまの自分にとってのベストを尽くすためには

「いかに、今の自分を受け入れて癒してあげるか」が、ものすごく大事なんですね。

また、援助という面では

「人」に話して心(情緒的サポートといいます!)を
受け入れてもらうサポートの方法以外に

「情報」や「もの」も、効果が高いです。

「情報」はアドバイスや提案、ですね。

お友達に相談に乗ってもらう、という意味合いよりは
専門家に自己開示し「失恋の乗り越え方」を聞いてみる、
アドバイスや提案を受け入れてみる、
いろんな情報を集めてみるなどして、

「知識」のサポート得ることで
心がほっとしたり、前向きになったりする効果です。

「もの」は物質的なサポート。

例えば仕事で失敗をして凹んじゃっているとき、上司が飲み物をおごってくれた。
飲みに行こうぜ!って誘ってくれて、飲み明かした。
受験勉強をしているとき、お母さんがそっと夜食のおにぎりを差し入れてくれた。
泣いているときに、お友達がハンカチを貸してくれた。

そんな経験から、
心が楽になった経験がある方って多いと思うのですね。

たかだか「飲み物」「おにぎり」「ハンカチ」なんですよ。
物質的には、ね。

そして具体的に、
気持ち(情緒)を受け止めてもらったわけじゃないけれど
心がすごく救われる、これは失恋の傷にも有効なんですよ!

恋愛カウンセリング 名古屋 (4)

「情報のサポート」も「もののサポート」も

積極的に取り組んでいくには
自己開示が必須ですが

そうやって、その時にできる
「自分に合ったサポート」を取り入れて
心をいやしていくことができると、

心が早く立て直り、
本当の問題解決に進んでいくことが多いのですね。

ですからカウンセリングもね、
上手に活用してやってくださいね。

ひとつづつ、やっていきましょう。

失恋して、もう何年もたっちゃいました。
周りからも「そろそろ次に行けば」って言われちゃう。

「こんなに引きずっていていいのだろうか」って、自分を責めちゃう。

そんな方ほど、活用していただきたい!!
と思っておりますよ♪

あなたの恋心、大事にしてあげてくださいね。

恋愛カウンセリング 名古屋 (3)

参考になれば幸いです。

【失恋の過去記事ピックアップ】

もう何年も前に終わった恋愛の話を、カウンセリングで紐解く理由
失恋してまだ1週間・・・。私に出来ることって何だろう?

*面談カウンセリングのご案内*

\次はあなたが幸せになる番です!/

あなたの恋愛を心理でサポート。

名古屋・鶴舞駅徒歩5分
東京(駒場)の弊社カウンセリングルームにて
対面式のカウンセリングをご提供しています。

ご予約は名古屋・東京共に
カウンセリング予約センター(06-06190-5131)までお願いします。

カウンセリングのご予約状況は、こちらからどうぞ☆

IMG_1182 - コピー

◇直近の面談カウンセリングのご案内◇


<名古屋・鶴舞>

10月26日、27日(土日)
10月29日(火)
名古屋ルームアクセス・地図)  

<東京(駒場)出張>
11月1、2日(土日)
(東京ルームアクセス・地図) 

カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)
服部希美 音源配信
■ カウンセリングメニュー   
■ ご予約方法     
お客さまの声   
服部の略歴    
■ メディア関係者さま宛てのご案内 

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ