寂しさの心理学

期待に応えたい私の愛の本質

たとえば、結婚したい。
彼が欲しい。
子供が欲しい。

こういう「欲しいもの」に関して
カウンセリングでお話をお伺いしていると
ときどき、違和感を感じることがあるんです。

あれれ、これ
「本当に欲しい」って思っていらっしゃるのかな~?って。
  

そのための活動を
一生懸命頑張っていらっしゃる。

こういうときって、もちろん
当の本人も「欲しい!」という気持ちで
頑張っていらっしゃると思うのです。

でも・・・なんだか違和感がある。
 
そんなときに、じっくりとお話をお伺いしていくと

 「大切な誰かの期待に
応えなくちゃいけない」という

大切な人のために必死に頑張るという、
その方の今までの人生が、見えてきたりするのですよね。
 
5

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 心理カウンセラー服部希美です。
 
期待に応えたい。
理想の人でいたほうが、人を喜ばせられるのではないか。

 

私たちが少なからず誰でも持っているであろう、この感覚。

全てが悪いわけではないのですが

捉われすぎていると、
自分のやりたいことを見失ってしまうことも多いようです。

とくに、恋愛。

正直なところ…
男性よりも女性のほうが
迷いやすいものじゃないかなと思います。

まるで、身を引き裂かれるような思いで
日々を過ごしていらっしゃる方、多いかもしれません。

その原点となる対象の多くは、ご両親のことが多いですかね~。

****

たとえば、ご両親があなたの顔を見るたびに
「あんたは孫の顔をいつ見せにくるのやら・・」な~んて言ってくる。
 
「お隣のOOちゃんは、もう、子供がO人いるのよ。」子供は可愛いわよ~なんて言ってくる。
別に責められているわけでもないんだろうし、
親も悪気があるわけではないんだろうな、と思うけど

…なんだか、心が物凄く傷ついてしまう。

とか。
 
「どうして親の言うとおりに
生きていかなきゃいけないわけ!?」
な~んて、腹が立ちケンカ越しになってしまう。

そして「親を責めてしまう自分」にまた腹が立って
結局のところ、すべて自分が悪いんだろうな・・と自己嫌悪する。
 
とか。
 
こういうパターンが出やすい方は、
無意識に「親の期待に応えなきゃ」という前提で
物事を考えていることが多かったりするのですよね。

 (6)

こういうとき、
親のことを責めたくなっちゃうと思うのですが

今日はあえて「その先の本質」を書きたいと思うのですよ。

というのもですね~カウンセリングって、
普通とは違う不思議な方向から、ものごとの見方をして、
心を解きほぐしていくのですが、

実は、こういう「期待に応えたい」パターンをお持ちの方の多くは
親からの言葉に触発されている、というよりも


その方の心の中
にこそ、

「親がこんな娘であって欲しいと思ってるだろうな」
って思い込んでいる「理想の娘像」があって

それに自分を当てはめて

自分はそれを満たしていない。
=親不孝しているな。
=期待を裏切っている悪い子だな。

ごめんなさい。

って自分を責めて追い込んでいることが、めちゃくちゃ多いのですね。

だから、そこに
「ビンゴ!」した言葉を言われると
傷に塩を塗られたような、激しい痛みを感じてしまったり、

理想の娘が選択しないようなことを、
自分がやりたい!と思ったとき、ものすごく制限をかけてしまう。


こんなことが起きちゃったりするのです。

****

実は、期待に応えることだけが、親孝行じゃないよねーって
思っていらっしゃる方からすれば、
同じことを親から言われたとしても、そこまで「痛みを感じない」んです。

たとえるなら・・・

塩浴、ってあるじゃないですかね。
体を洗うときに塩を使うアレ、です。

傷口に塩

塩浴って、肌に傷がついていなければ
とても健康によいし、程よい刺激なわけなのですが

先に心に傷がある状態だと、
死ぬほど痛いですよね・・・。

「もーーーーーやめてくれ!!!!!」

って、思わず涙が出ちゃったり
けっこう、痛みが後をひいたり・・。

どんな苦行だ、って話なのですが
これ実は、心も同じで

実は人の言葉に傷ついちゃうときって、
先に自分に傷口があることが多いんです。
傷口に、沁みちゃうわけですね。

ですからね~、

こういうときに取り組むべきは、
「それほどまでにご両親を愛している」あなたではなくて

「こんな娘じゃ、ダメだよね」と思ってしまった
健気な、あなたの心のケア、なのですね。

 

love-3091214_1280

まずはですね〜

「理想の娘像」であろうと頑張ってきた私、を

いっぱいいっぱい労ってあげて、
悲しみを抱きしめてあげるといいと思いますよ。
 
そうですね。
イメージするなら
 
台所で忙しそうにしているお母さん。
玄関でお見送りしたとき

お仕事に行くお父さんの疲れた背中を見て

「私は、なにをしたら
大好きなお母さん・お父さんのお役に立てるんだろう・・?」


私は子供だから、何にもしてあげられない。

そんな風に、誤解をしちゃった健気な女の子を
ぎゅ~~って抱きしめてあげるような、そんな感じですね。

 

「~しなければ期待に応えられない。」
その奥には、あなたの愛の本質があります。

とても健気でピュアな気持ちに気づくことができたとき

そして、あなたがあなた自身の本当の素晴らしさに気づいたとき。

大人になったあなただからこそできる、
愛し方が見えてくることが多いですよ!

****

 
カウンセリングでは
心の深い部分にアプローチしやすい
心理セラピーなどもご提供しながら
心の根っこの持つれを解きほぐすお手伝いをしております。
 
お気軽に、ご利用くださいね~。

参考になれば幸いです。

 

23、24日にオンラインイベントをします!
愛し方を見つめなおすことって、大事なんですよー。(遠い目)

5003

\オンライン面談も好評いただいてます!/
面談カウンセリングのご案内

名古屋駅から2駅ほど
鶴舞駅徒歩5分の「弊社カウンセリングルーム」にて
対面式のカウンセリングをご提供しています。

また、月に一回東京地区にも
出張カウンセリングを行っております。

最新のカウンセリングスケジュールはこちら

IMG_1182 - コピー
すべて個室です。安心してお話いただけますよ!

☆名古屋(鶴舞)カウンセリング
(名古屋ルームアクセス・地図)  

◆東京出張カウンセリング(駒場) 
→ (東京ルームアクセス・地図)  

 

▼▼カウンセリング予約センター▼▼

cs_logo_b (1)     
・電話番号:06-6190-5131 
・営業時間:12:00~20:30 
・定休日:月曜(月祝の場合は翌火曜)、他

 

カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

■ カウンセリングメニュー   

■ ご予約方法     

お客さまの声   

服部の略歴    

■ メディア関係者さま宛てのご案内   

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ