MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

困ったあの人を、なんとかしたい!と思ったときに劇的に効く「投影の心理」

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

昨日は、母校である「神戸メンタルサービス」にて
「投影」という講座をやらせていただきました

「分かりやすく、面白かった!」とご感想をいただき、ほっと一安心!

心理学はやっぱり、楽しく学ぶのが良いね~、と
改めて感じた一日でした

(がんばります

++++

さてさて、
「投影」という考え方は、

私たちは目の前の人や物事を

「自分の心のフィルターを通して」
見たり、聞いたり、感じたりしている。

また、

自分の心の状態を
「外の世界や人」に映し出し

自分が色づけした世界を見ていることが多いよ

というもの。

実はこの「投影の心理」って、
知っておくだけで、すごく私たちの日常にお役に立つんですよね。

Kazukihiro171227DSCF8877-Edit_TP_V


実は私たちは、
目の前のものごと自体、というよりも
そのものごとに対して「どんな感情を感じるか?」で
世界を認識しています。

あの人は、こういう人。
この出来事は、よくないこと。

そしてその感じ方をつくるのが
自分の心のフィルターなわけです。
たとえば、
今日も会社のお局様が
絶好調☆に、騒いでいる。


私はその様子にとてもイライラして、


つい、会話の語調がきつくなったり、


ドアをバタン!としめたり、せかせか!と歩いたり・・
行動も荒くなってしまう・・。

でも、同じ課の同僚は
そんなことはお構いなし、のようで


さすがに、お局様から矢が飛んできたときには
イラッとしているものの


けっこう平然と、仕事をやっているようにみえる。
それどころか、お局様と時折談笑している!

とても私にはそんなことは出来ないな、と思う反面、
心の狭い自分にも、腹が立ちます。


こんなとき。
同じ状況に遭遇していても
人によって感じ方が、全然違うといえると思うのです。
で、こういった場合
いろいろな要因が考えられるんですけどね~
たとえば、
「イライラすることは悪いこと」
だときつく自分を律している人からすると、
イライラを外に出しているお局様は、
タブーを犯している悪い人、に映りますよね。

この人、人としてどうなの?!って
その部分だけ見て、大嫌いになっちゃったりします。

そりゃーそうですよね、
だって、すごく悪いことをやっているわけですから。

一方、
「人間だもの、感情的になることもあるよね」
「疲れが溜まっていると、イライラしちゃうよね」
って、自分にも感情的になることを
許している人からすると、どうでしょう???
たしかに、怒りの感情をそのままぶつけてしまうのは
対人関係をこじらせてはしまうけれど・・・

「あー、今日はお疲れなのかな?」

「なんか不安なんだろうなー」

「あの人、責任感強いからなー」

同じお局様でも、
責任感がある、がんばり屋さんに見えたりするわけです。

そうすると、接し方って変わってきますよね。

人として、ありえない!
悪い人にみえる。

責任感がある、がんばり屋さんにみえる。

どっちのほうが、
お局様とうまくやっていけるのか?というと・・・

みなさまは、どちらだと思いますか???

++++

こういう場合、

お局様を理解してあげましょう~みたいな
方向性でもいいのですが、

根本的な部分。

何故私は、
自分の感情を押さえ込むようになっちゃったんだろう?

どうして「怒りは悪いものだ」と
決め付けてしまったのだろう?

という根本的な部分(心のフィルター)から紐解いて、

自分を自由にしたり、許していく方向で、
見方を変えていくことも可能なのですよね。

つまり、目の前のお局様を
生き辛さの理由にするのではなく

お局様で起きている心の反応をきっかけに、
自分の心のフィルターを、癒していくというわけです。

私のカウンセリングでは、こちらの
根本的な部分にアプローチすることが多いですね。

そうしないと、繰り返し
同じ反応が、人が変わって出てきちゃいますし、

自分が我慢をしたり、
相手を変えようとする対処療法では、いずれ限界が来ちゃいますから。

++++

投影の心理、という考え方は

実はもっともっと!活用方法があるのですが
それはまた、別の機会に。

その場から自分が去るしかない・・というぐらい

こんがらがってしまった対人関係や
もう、どうしようもないと感じる
行き詰まった問題を解決することが可能だったりする
そんな、かなりパワフルな考え方「投影」

「私の場合、どうしたらいいかな?」

ご興味のある方は、
カウンセリングもご利用くださいませ^^

ちなみにK1ご褒美講座、最終回は9月26日(水)
みんなが大好き(?) 『補償行為』です。

補償行為、とは

「私は罪を犯したのだから、償います」とか
「私には足りないから、がんばって補います」という心理のこと。

その心理が、人生にどう影響を及ぼしているのか?
そしてその抜け道とは?

じっくり2時間お話させていただきますね。
よろしくお願いいたします☆

*面談カウンセリングのご案内*

名古屋・鶴舞駅徒歩5分の弊社カウンセリングルームにて
対面式のカウンセリングをご提供しています。
また、月に一回東京地区にも出張カウンセリングを行っております。

<a href="https://www.hattori-nozomi.jp/status" title="https://www.hattori-nozomi.jp/archi
ves/1033887879.html" style="overflow: hidden; outline: 0px;">現在のご予約状況は、こちらからどうぞ☆

IMG_1182 - コピー
◇直近の面談カウンセリングのご案内◇

<名古屋・鶴舞>
名古屋ルームアクセス・地図)  
・7月28日(土)13:00 16:00
7月29日(日)10:00 13:00 16:00満席
・7月30日(月)
・8月3日(金)5日(日)

<東京(駒場)出張>
(東京ルームアクセス・地図) 
・8月19日(日)10:00 13:00 16:00 19:00満席
・8月20日(月)13:00 16:00
・9月15~16日(土日)

▼▼カウンセリング予約センター▼▼

cs_logo_b (1)     
・電話番号:06-6190-5131 
・営業時間:12:00~20:30 
・定休日:月曜(月祝の場合は翌火曜)、他

カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

■ カウンセリングメニュー   

■ ご予約方法     

お客さまの声   

服部の略歴    

■ メディア関係者さま宛てのご案内   

*******   

<服部の講演が音源になりました>
服部希美 音源配信

<取材協力> 

■小学館Menjoy!にてインタビュー 
「父親が嫌いだった女性」の心理と恋愛へ与える影響は?
心理カウンセラーに聞く
  

恋愛に深刻な影響も!? 
心理カウンセラーに聞く「父親嫌い」の克服法4つ
   

■読売テレビ「かんさいネットten!」VTR出演   
夏の風物詩 花火のカラクリ  

<イベント参加情報

8/4 (土) 名古屋スペシャルワークショップ:講師
8/26(日) 名古屋感謝祭:講演
9/26(水) 神戸メンタルサービス心理学講座「補償行為」

目次
閉じる