寂しさの心理学

恋愛ハウツー本を読んで、なんだか、自信をなくしました・・

いつもありがとうございます。

カウンセリングサービス 服部希美です。

今日はまず、お礼から。

昨日、開催しました

『夢やライフワーク実現のための心理学』

お越しくださいましたみなさま、

ありがとうございました!

シンプルだけど、奥深い。

浅野講師の夢・自己実現のワークショップ、いかがでしたでしょうか?

こういうワークショップは、

日常の戻ってから、振り返るのが大切ですからね!

例の宿題、ぜひぜひやってみてくださいね^^

(もちろん、私もやりますよ~!)

私も、みなさまの夢、応援しています

本当にありがとうございました!

さてさて。

次回の服部のゲストカウンセラー参加予定ワークショップは、

10月7日(土)の同じく浅野トレーナーによります、

1DAYワークショップでございます。

座学ではなく、

具体的に「癒し」を起こしていく、

腑に落としていく、そんな一日になるかと思います。

よろしければ、ご参加くださいね!

どうぞ、よろしくお願いします。

9

ではでは、本日の本題(?)です。

みなさんは、

心理系のワークショップやブログ、本で

見聞きしたものに対して、

「胸がちくちく」しちゃうことって、ありませんか?

たとえば、恋愛ハウツー本とかで、

「こうしたほうがいい」

「ああしたほうがうまくいく」

なんて文章を読むと、

過去の自分を振り返り、猛烈なダメだしが始まる。

「あー、だから私はダメなんだ」

「私が間違ってたから、上手く行かなかったんだ」

「本当に、私なんて価値がない」とか、

どんどんネガティブが加速していき・・

「こんな私なんて、恋愛なんてする資格がないわ」

そんな風に、恋愛を成就させるための本で、

自信をなくして、恋愛に臆病になってしまう。

こういうことって、

正直、少なくないのかなって思うんです。

gahag-011896

こういうときって、実は

恋愛ハウツー本を読んで凹んだ、というよりは

その前から、

自分をめちゃくちゃ責めていることが多いんです。

というのも、私たちの心は

自分の感じてることと

自分の周りの状況を一致させたい

という作用を持っているんですね。

私が悪い、と思っていると

やっぱり、私が悪いんだ

って感じやすいものに、

引っ張られやすくなるといいますか。

恋愛に限らず

悩んでいたり、

失敗しちゃって、凹んでいるときほど

もっと頑張れよ!とか

あなたが悪いのよ!

みたいな、

きびしめの情報に

触れたくなっちゃったり、

アドバイスや助言が

ダメ出しに聞こえやすくなってしまったりするんですね。

ですから、もしあなたが

「見聞きしたもの」を、

「自分を責める材料」にしちゃうパターンがある。

そんな状態にありそうな時には、

すこし、自分に優しくしてあげてくださいね。

反省や、改善は

自分の心が回復してからでも、大丈夫ですよ!

参考になれば、幸いです。

【お知らせ】


おかげさまで、9月30日(土)は満席をいただきました。

明日24日(日)は、若干お席がございます。

土日をご希望の方は、

どうぞご利用いただければと思います!

よろしくお願いします。


◆カウンセリング予約センター     

cs_logo_b (1)     
・電話番号:06-6190-5131 
・営業時間:12:00~20:30 
・定休日:月曜(月祝の場合は翌火曜) 


カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 

服部希美(はっとりのぞみ)

IMG_1182 - コピー

■直近のカウンセリングスケジュール 

名古屋(鶴舞)【面談】   

9月23日(土)
満席

9月24~26日(日~火) 

9月30日(土)

10月2日(月)

10月10日(火)

10月13日(金)

10月17日(火) 


10月21~22日(土日) 


東京出張(駒場)【面談】 
 


10月8~9日(日・月祝)

9月の予約センターのお休み 

4日(月)、10日(日)、11日(月)、19日(火)、25日(月) 


カウンセリングメニュー  


ご予約方法
  

お客さまの声  


服部の略歴  


■カウンセリングルームへのアクセス  


 →名古屋・鶴舞 

 →
東京・駒場  



メディア関係者さま宛てのご案内  


*******  

■テレビで取材協力をさせていただきました。
 →夏の風物詩 花火のカラクリ

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ