仕事・対人関係・自分

「あなたのオススメはありますか?」のススメ。

仲良くなりたいなぁと思う人がいるとき。
誰かと、楽しい時間を過ごしたいなぁと思うとき。

お互いの距離を縮める、いい言葉があるんですよ

その言葉は、「あなたのオススメはありますか?」です

実はこの言葉は、お友達関係だけではなく、

スーパーやコンビニ、カフェの店員さんなど
お買い物をするときにも、使えたりするんですね♪

「そんなこといったら、相手に迷惑になるんじゃないかな?」とか、
「そんな図々しいこと言ったら、嫌な顔されるんじゃないかな?」って、
躊躇される方も多いと思うんですが

(私も、ずっとずっとそう思ってましたね~。)

実は私たちは、自己重要性といって、

「誰かのお役にたちたい」という心理を持っていると言われているんです。

つまり、「誰かのお役にたてること」に

喜びを感じる心理を持っているんですね

確かに相手や状況によっては、
イマイチの反応もあるかもしれませんが、

結構な確率で、
「私でよければ、喜んで
って、笑顔で対応してもらえることが多かったりするんですよ

また、あてにされるというのは、

あなたを尊敬しています。」
あなたの力が借りたいです。」

という、相手へのメッセージもなるんですね

実際に勧めてもらった提案や、商品が、
自分の好みに合わない場合もあったりしますが。

「私のために、考えてもらった」って、嬉しいですから

「私のために、ありがとう」
「あなたのお役にたてて、嬉しいよ」

頼んだ私も、嬉しくて笑顔になって、
頼まれた相手も、頼りにされて嬉しくて笑顔になる。

そんな、心の繋がりが得やすくなったりするんですよ。

091_1024-500x333

実は・・・私のお友達に
この言葉を、本当に上手に使う方がいるんですね!
この前一緒に行った居酒屋さんでも。

注文の時、あと一品頼みたいなぁと悩んでいる時にはいつも、
「ねぇねぇ、あなたの今日のオススメって、なんですか~?♪」
って、とってもとっても気軽に聞いちゃうんですよね!

話しかけられた店員さんは、
迷惑がるどころか、とても嬉しそうに

「そうですね~!私的には、これがオススメです!」なんて
色んなおすすめポイントを付け加えながら、説明してくれたりして、
その場が、なんだかとってもいい雰囲気になるんです。

疑い深い私は。

「これって、私のお友達が美人さんだからじゃないの~?」とか。
「この店員さんだからじゃないの~?」とか。
「居酒屋さんだからじゃないの~?」とか。

随分と、疑っていたんですが(笑)

私もチャレンジしてみたところ、
結構な確率で、ステキな笑顔で対応してもらえたんですよ

そしてたくさんの人の温かさに触れることが出来たんです。

この「オススメってありますか?」の言葉の威力を知って以来、

私は、本当によく使うようになりました♪♪

あなたに「もっと仲良くなりたいな~」と思う方がいらっしゃるときには、

話題の中に、「OOさんのおすすめってあります?」なんて、
さりげな~く入れてみてくださいね

「とても勇気が出ないわ。」と思われた方は、
まずは自分の生活圏から離れた人で、試してみるといいと思います

飲食店や、洋服などのショップは、
ハードルが低いのでオススメですよ~!

参考になれば幸いです


〇近日の面談カウンセリング予定

名古屋・鶴舞駅で、面談カウンセリングを行っております♪

近日は、4月12~14日(日・月・火)

その他、ご希望日・時間がありましたら、
お気軽に予約センターまでお問い合わせくださいね!

>>カウンセリングルームのご案内(名古屋・鶴舞)

ルーム

初回は無料で電話カウンセリングを受けられます♪

あなたのお話、お聞かせくださいね。

服部希美(はっとりのぞみ)の

カウンセリングのご予約、スケジュールのお問い合わせは・・

カウンセリング予約センターまでお気軽にどうぞ!

06-6190-5131  
営業時間:12:00~20:30

〇私も、講演いたします!

「カウンセラーズフェスタin名古屋」

日時:2015年4月19日(日)10:00~16:40
会場:(名駅)愛知県産業労働センター・ウインクあいち
交通:名古屋駅より徒歩5分
料金:¥3,240-
   ※出入り自由のフリーパスです。
   ※打ち上げは、別途費用(飲食代3,000円程度)が必要となります。
   ※7歳未満のお子様は無料で入場していただけます。

詳しくは>>yle=”color: rgb(0, 102, 204);”>こちらをご覧ください 

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ