人との関わり

コミュニケーションは、どんな風に伝えるかより、どんな人だと思っているかが大切

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス、服部希美です。


パートナーに対して

もっとこうして欲しいとか、
これは止めて欲しいとか、
一緒にやりたいことがある、とか。

自分の想いを伝える機会って、少なくありませんね。
とても大切なことだったりします。



こういうとき、私たちって
「さて、どう言おうか?」って言い方を考えちゃったりしませんか?


こうやって言ったら、聞く耳を持ってくれるかな?
きつく叱ったほうがいいのかな、とか。
おだてたほうがいいのかな、とか。

それでも、なんだか聞く耳を持ってくれなくて
きー!ってケンカ勃発!みたいなこと。

あーあるある!


実は、この現象ですね、
言葉選びといいますか、言い方というよりも

「あなたが、その人をどんな人として見ているか」

がポイントだったりするんですね。

あなたは相手をどういう人だと思って
コミュニケーションをしていますか?


たとえば。
お仕事の場で、なにかお願いをするとき。


「あの人はガンコだから、人の意見に耳持たないのよね」
とあなたが思っている人に話しかけるときと

「あの人は私に協力してくれる、頼もしい仲間だ」
とあなたが思っている人に話しかけるとき。


「どうせあの人は、私の言うことなんて聞いてくれない」と思って話すのと
「あの人は、ちゃんと話せばわかってくれる人だ」と思って話すのと

同じことを伝えるにも、すこし雰囲気が変わってくると思いませんか??


そしてねー
あなただったら、どういう人だと思って話しかけられたいですか?
聞く耳が持てそうでしょうか。

私たちはみんな「前提」を作ってコミュニケーションをしている


実は私たちはみんな(みーんな、ですよ!)

「この人はこういう人だから」という
前提をつくって、コミュニケーションを取りがちなんですね。

いいとか悪いとかじゃなくてね「そういうもの」なんです!


たとえば初めて会った人でも同じなんですよ。

いままで自分が関わってきた人たちという
膨大なデータベースの中から

「似ている人」を探し出して
「この人は、あの時の人に似ているから、こういう人だろう」
って、構える。

こういうことをね、私たちはするものなのです^^


「この人は私のことを大事にしてくれない人」
「この人は私の話を聞いてくれない人」

そうやって「前提」を作って構えたほうが
無防備に突進したり、期待した結果にならなかったとき、傷つかずには済むわけですね。


「ああ、やっぱりね」
「良かった、疑っておいて」


・・でもね、

どうせあの人は、
私の言うことを聞いてくれないだろう

あなたには、分からないわよね

あの人はこの前もこうだった。
どうせ、今回もこうなるだろう。

そういう前提でのコミュニケーションって
結果も「ああやっぱりね」って、なりやすいのです><

そしてね。なによりね。

自分ひとりだけが頑張っている。
そんな寂しい世界にも、なってしまいそうですよね。


実はこの心理の根っこには
かつての傷つき経験からの

「どうせ私は愛されない」
「どうせ私には何もできない」

という自己懐疑、つまり自分を疑っている気持ちがベースとなっています。


どうせ私のことなんて、誰も助けてくれないでしょ?
どうせあなただって、同じでしょう?
あの時と同じことをやるんでしょう?

それはね。
あの人のことを決めつけているというよりもね

自分のことを「私はそうされることが相応しい」
そうやって決めちゃっていることが多いんですね。

前提を手放すのは怖いよね、でも・・


では、こういうとき。 どんな風に心持ちを持てばいいのか?といいますと。  
それは「いままでの前提を手放して、信頼する」ことだったりします。

相手を信頼してみる。そんな自分を信頼してみる。

何をこの人から言われても、私は傷つかないぞって決めてみる。

この言葉は私に対しての嫌味ではなくて、優しさかもって思うことにする。

自分を信じて応援し続けてくれる人がいるということを、受け取ってみる。


・・うんうん、なかなかハードル高いですよね。

でも、これをチャレンジすることで
大きく人生が変わることって、本当に多いんですよね。

そして、それよりもっとハードルが高いこと。
それは「あなた自身にも同じ」だということです。

自分に失望し切っていませんか?
心、傷ついたまんまになっていませんか?

いままで頑張ってきた優しい心、認めてあげられていますか?

パートナーのいいところ。がんばっているところ。
そして、実はあなたがパートナーの成功を願っていること。
共に幸せになりたいと願っていること。

気づいていますか?

彼もまた、あなたと同じように
あなたのお役に立ちたいと思っていること。

そのためには、
あなた自身が日々よく頑張っていること
いままでだって頑張ってきたこと認めていくことがめちゃくちゃ大事ですよ。


・・私なんて、って言ってませんか~??
私のせいで、なんて思っていませんか???


「私なんて」と言っているとき
私たちの心は「ひとりぼっち」ですね。

余計に不安になってしまい、
どんどん自分を見損なってしまい悪循環になってしまいやすいですからね。


ちょっと立ち止まってみるためにも
お気軽に、カウンセリングもご活用くださいね。


毎日を頑張るあなたの参考になれば幸いです。

▼▼カウンセリング予約センター▼▼

cs_logo_b (1)
・電話番号:06-6190-5131
・営業時間:12:00~20:30 
・定休日:月曜(月祝の場合は翌火曜)他

6月のカウンセリングのご予約を開始しました!
45分の無料電話カウンセリングもご予約いただけますよ、ぜひー。  


パートナーシップをはじめ、対人関係の改善。
自分らしい生き方へのシフトチェンジ。

ぜひ、カウンセリングでも
お手伝いさせてくださいね。

カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

社長との一枚。いつぞやのクイズ大会。
いつかまた現地開催できたらいいな。

■ カウンセリングメニュー

■ ご予約方法

お客さまの声

服部の略歴

■ メディア関係者さま宛てのご案内

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ