人との関わり

職場や友達には「いい人」の女性が、彼や家族の前ではイライラをぶつけてしまう、その理由は「優しさ」かも。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス、服部希美です。

今日は「優しさ」について服部なりの思いを書いてみたいと思います。

「外面がいい」なんていう言葉は、あまりいいものではなかったりもするのですが

それすらが「優しさ」だとするのならば。
誰が、その人を責めることができるのでしょう・・。

人前ではいい格好しい。そんな自分が嫌い。

職場での評判は上々。
みんなに頼られる、しっかりとした女性。

同性からは憧れられる、異性からも魅力的だと思われている
そんな女性が、なぜか、ひとり身であったり

彼の前では、やたらとイライラしちゃったり。

他の人の前では絶対に見せない姿、つまり
身内にはとても辛辣だったり、だらしなかったり。

気の許せるお友達や仲間には、連絡不精になっちゃっている。

そういうお話は、よくよくお伺いするのです。

「服部さん。実は私・・・お部屋を片付けられないんです」
「実は私・・・腹黒くて、人の文句ばっかり考えちゃうんです」
「みんなはいいよね、っていつも思っちゃうんです」
「家では一言もしゃべりません」

そういう打ち明け話もね、お聞きしたりするんです。

えーーー、とてもそうは見えない!!!!!

だいたいね、そんな素敵な女性だったりするのです。
そして本人も周りから、そう思われていたりして。

周りの人の期待から降りられない、そんなお話を
涙ながらにしてくださる女性の頑張りって、まぁ・・ものすごいものがあったりするのです。

本人はあんまり大したことない感じで、話しいただきますけどね^^;


そしてねーーー。
それだけ頑張れる女性だからなのでしょうか、
みなさん、口を揃えていうんです。


「私、もっと自立しなきゃいけませんよね」
「人に甘えすぎ、なんだと思うのです」
「もっとひとりで頑張れる私になりたいんです」


う、うーん?^^;

ある意味正解なんだけれど、正解でもないというか。
あるところでは正解なんだけれど、全てではないというか。

心のバランス、傾いていませんか?

実は私たちは
「いろんなところで、心のバランスをとりながら」毎日を過ごしています。

たとえば、職場では押さえ込まざるを得なかった気持ちが
気が許せる身近な人の前で、ドバッとでてしまう

こういうことは、実は誰でも普通に起きています。


たとえば、ですが。
お友達のお子さんが小学校に通い始めたときにね、
めちゃくちゃ荒れたことがあったんですよね。

普段も、姫っていったら姫なんですが。
拍車をかけて、むずがっている。

なんに関してもヤダヤダヤダ、って
手がつけられない感じ。すーーぐ、むくれる。

そのときにね、その子のお母さんが
こんなことを言っていたのです。

「きっと、学校で気を張って頑張っている分、おうちで出ちゃうんだろうなーー
この人、こう見えてめっちゃ周りに気を使う人だから。」

その子の場合、

お母さんに甘えたり、
学校に慣れたりしていくうちに落ち着いていったのですが、

おうちの姿だけ見ていたらね・・
「わがままな子だ」って誤解されちゃいそうですよね。

もちろん、やっちゃいけないことや
ニーズの出し方は、練習が必要だったりしますが
(相手のあることですからね!大事!)

「そうか、外で一生懸命頑張っているから
おうちでニーズが爆発しちゃうんだな」

そんな視点を持つことが、できたなら

外で頑張っていることも、おうちで暴れちゃうことも
「その人なりの優しさ」であると、私は思うのです。

さてさて、とはいえ、です。

おうちでやたらと駄々をこねる、
暴れる、ストレス発散の仕方がやばい、

そんなときにはねー。生き方のチェンジが必要ですね。

あなたが悪いわけでも
間違っていたわけではなくてね。

「優しいあなただからこその、バージョンアップ」が必要なわけですね。

このご相談の本当のところはね
「大切な人を、もっと大事にできる自分になりたい」ってことなんですよね。


「私の場合はどうでしょう?」
「実際に変わるまで、取り組みたい」
「今度こそ、進みたい!」

こんなときには、私たちカウンセラーも
あてにしてやってくださいね。

あなたのお役に立てたら嬉しいです。

期待にこたえたい「いい子・いい人・いい彼女」って、ダメなんですか?いつもありがとうございます。カウンセリングサービス 服部希美です。今日は「いい子・いい人・いい彼女」の愛し方について書いてみたいと思いま...
面談カウンセリングのご案内

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ