ご予約状況・お知らせ

恋も仕事も楽しむために〜ストレスは小さなうちに!〜【6月がスタートしました!】

5月が終わり、6月が始まりましたね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

服部はですね、3月4月5月と「チャレンジ月間」だったのですね。
(二コ生、サイトのリニューアル、はじめての1DAYワークショップ・・)

終わった後の振り返り会にて。

その分、5月後半は、かーなーりーゆっくりと過ごしておりました。

隙を見ては寝て、いっぱいダラダラして、好きなもの食べて。

そして昨日は、先日のあいのり1DAYワークショップで宣言していました
「見送っていた本を買う」も一気に実行しまして、ほくほく〜。

(実習でね、自分の気分が上がる行動を拾い上げたんですよ!)

いい感じでエネルギーが充電されてきたことを感じています。


あとは、この積み上げられた本をどう読んでいくか。
買って満足しちゃうタイプなので、コツコツ読んでいきたいと思います。


読むことや覚えることはあまり得意じゃないのですが(だめじゃん!)

私の場合、本屋さんで本を眺めたり、ネットで本を検索したり・・
うわ、これ読みたいなーってワクワクしている時って、
だいたい「なにかやってみたい欲」が出てきている時なんですよね。

気持ちが上向きになっている証拠、というか。

まぁ、そう考えるとね
気持ちが下に傾き始めているなーと思う時には
早めに本屋さんに出向いて気分転換をすればいいのでしょうが
・・日々を忙しく過ごしていると、つい後回しになっちゃいますよね。

やらなきゃいけないことは最優先。
自分のストレスケアは後回し。

でもね、実はそういう「優先順位」をね
ひっくり返していく方が、毎日を楽に元気に過ごすことができるみたいです。

実はストレスというのは荷物のようなものなんですね。
毎日生きていると、いろんなことが起きます。
すると、その度に小さな荷物が積もっていくわけです。

毎日その都度、荷物を下ろして行けたらいいのでしょうが
なかなかそうはいかなかったりする。

「このぐらいは大丈夫」「あの人だって持っているし」「そんなことやってる暇ないし」

まぁ、小さな軽い荷物なら、持ったままいろんなことができると思うのですよ。
でもね小さな荷物が100個、たまってしまったらどうでしょうか?

とても持ち切れないですし、潰れてしまうのは時間の問題ですよね。


もしくは、大きな荷物が一気にどーーーーーーんと
一気にあなたにのし掛かったとしたら、どうでしょうか?

その上、そんな大きな荷物を、ひとりで持とうとする。

そんなの誰だって、潰れてしまいますよね。

で、こういうときに大切なのは
「小さなうちに、ちゃんとケアする」ことと
「持ち切れなくなった時には、人の手を借りること」かなと思います。

「どこまで一人で耐えられるだろうか」と限界チャレンジをしたくなる気持ちもわかりますし
人生のどこかで、限界チャレンジをすることに意味があることも、あったりします。

自分にプレッシャーかけた方が、できるようになるんじゃないか?
追い込んだほうが、パワーが出るんじゃないか?
苦労している方が偉い、とかね。そういう価値観もありますよね。


でもねー、人生は長距離走。

できるだけ「小さな荷物のうちにケアをする」
「大きな荷物は誰かに協力してもらう」ここは大事かなーと思ったりしますね。

ときには、ちゃんと止まる。
疲れた時に休むことは大事だし、
疲れてなくたってね、休んだっていいのです。


なんでもひとりで耐えられることが
「すごいこと」で「強いこと」で「素晴らしいこと」で「価値のあること」だという誤解、ありませんか?

あなたの本当の価値を受け取って、幸せになるためにもね^^
もう必要なくなった荷物や価値観は、おろしていきましょうね。

6月。どんな6月にしたいですか?
2021年も半分です^^ いい6月にしていきましょうね。

6月もどうぞ、よろしくお願いします。

 \過去の「今日の一言メッセージ」はこちら♪/
バナー2

面談カウンセリングのご案内

名古屋(鶴舞駅すぐ)東京(駒場)
オンラインにて対面カウンセリングをご提供。

*6月20日までは、緊急事態宣言のためオンラインのみで受け付けております。

ぜひお気軽にご活用くださいね^^

最新の面談スケジュール
カウンセリングメニュー
服部の略歴
得意ジャンル
お客さまの声

カウンセリングのご予約・お問い合わせは・・

カウンセリング予約センター
・電話番号:06ー6190ー5131
・営業時間:12:00~20:30
・定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合火曜)、他

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ