MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

細かいことを気にしない、大らかな人になりたい!~パートナーへのダメ出しが止まらない心理~

別に自分に言われているわけでもないし、
そこまで被害を被っているわけじゃないんだけど

パートナーの言葉遣いが気になって仕方がなかったり、
数分でも、遅刻が許せなかったり、
マナーが守れないところを、軽蔑しちゃったり
身なりがちゃんとしていないと、イライラしちゃったり・・

細かいことが気になって、仕方がないんです。
思わずダメ出しをしたくなって困っています。

本当は「まぁ、そういう人もいるよね」って
大らかな気持ちで受け止めてあげられたらと思うのです。

頭では「人のことなんだから、気にしなくていいのに」って思っているのです。

ダメだしされて、いい気分なんて誰もしないと思いますしね。

でも、イライラが止まらないんです。
ときにはブチっとキレちゃいそうで自分が怖いです。

こういうとき、どうすれば
おおらかな自分になれますか??

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日はですね、パートナーの
「細かいことが気になってしまう」心理について、紐解いてみたいと思います。

「おおらかでありたい」

という気持ちをお持ちのあなたは
パートナーだけではなく、周囲の人の気持ちを大切にしたり、
マナーという配慮を大切にしている、とっても優しい方だと思うのです。

マナーというのは、そもそも
他人と社会生活を送る上で「お互いに心地よくいられるように」作られているもの。
あなたがマナーを守ろうと気を付けているのは、周りの人の気分を害さないように
相手の存在を尊重する気持ち、からだと思うのですね。

遅刻だって、そうです。
時間を守るということは「相手の時間を大切にするため」ですよね。

それはそれで、本当に素晴らしいこと!

ですが、世の中にはいろいろな人がいますね。
そして「そこまで完璧に守らなくてもいいのではないかな」といった状況も、たしかにあったりします。

周りの人は「あんまり気にしていない」状況でも
自分だけがイライラしちゃう、こういうこともあったりしますね。

また、一番大切な人。
パートナーを「こうあるべきでしょ」といった
「正しさ」のようなもので縛ってしまうとしたら・・ちょっと窮屈になってしまうかもしれませんね。

カウンセリングでお話をお伺いしているとですね
相手のミスが許せなかったり、完璧にルールを守って欲しい、と強く感じやすい方の中には
自己嫌悪が強く、完璧主義の傾向があるように思います。

自分自身にもとても厳しい方が多かったりするのですよね。

ちゃんとしなきゃ。しっかりしなきゃ。
人からどうみられるか、意識していなきゃ。
馬鹿にされないように。へんに、周りから浮かないように。

そして、自分自身をいつも見張って
「私のココがダメ」「私のあそこがダメ」って、自分へのダメ出しをしていることが多いのかな?って思います。

つまり、自分自身が「ダメなところを直す」ことで、
うまくいくように頑張ってきた、そんな方が多いのかなと。

もちろんですね。
それがうまくいっていればいいのですが・・
自分で自分を縛り付けていると、だんだん苦しくなってくるわけですね。

すると、自分に一番近い人に対して、

「私はこんなにちゃんとルールを守っているのに、
あなたは自由にして許されるわけ!?ズルい!」

「もっとあなたたちもちゃんとしなさいよ!」

こんなふうに「ダメ出し」が向いちゃうことも多いみたいです。

そうして、怒りを向けられた人との関係は、
どうしても悪くなってしまうので孤立してしまうことも多く、

また「そんな自分をダメ出し」し、
苦しくなってきて、さらに「相手をダメ出ししてしまう」という
負のループにハマってしまったりするのです・・。

なんていうんでしょう、
負けた感、といいますか・・・
引っ込みがつかなくなっちゃうといいますか><
(はい、経験済みです^^;)

また、ダメ出しの世界というのは
正しい・間違いの世界でもあるため、

ルールに厳しくなったり、
常識でしょ、普通はそうでしょ、あなたが間違っている、
そういう言葉で、縛っちゃったりすることが多いですね。

でも、それ以上に
「自分自身が、何かに縛られている」こういうことが多いみたいですよ。

みなさまは、いかがでしょうか?

anemone-3616880__340

とはいえ、です。
「私のことだわ」と思われた方もね
自分を責めないでいただきたいなと思うのです。

このパターンをお持ちの方というのは
大切な人のために、一生懸命「いい子」をやってこられた方が多いのです。

やりたいことや好きなことを我慢して
お母さんの言いつけを守る、いい子。
大人に気に入られるよう、一生懸命がんばる。

それだけ・・・優しい方が多いのですね。

ですからね~。

このパターンを手放して、
本当の意味の「おおらかさ」を手に入れるためには
「そんな自分をダメ出し」するのではなく!(重要!)

なんでも自分のせいだ、と思わなくてもいいんだよと自分に教えてあげることと

まず、あなた自身が「昔、学んでしまった必要のないルール」を卒業して
やりたいことや好きなこと、楽しんでいけるといいと思うのですねー。

「お母さんが、これはやっちゃダメだって言ってたから」
「このルールをやぶったとき、すごく怒られちゃったから、もうやらない・・」

本当はもう必要ないんだけれど・・・
よくよく考えたら、守らなくてもいいんじゃない?って思うような「ルール」
いまでも守り続けていること、なにかあったりするのではないでしょうか?

自分自身が、もう必要ないルールを手放して、自由に過ごせるようになったり
自分の気持ちを気軽に相手に伝えられるようになってくると、
結果、おおらかになっていくことが多いですよ!

そしてね、どうしても相手に気持ちを伝えたい時には
「ダメ出し」するのではなく「私はこうしてほしいって思うのだけれど、どう?」って、その場で相手に伝えられるといいですね。

「それは間違っている!」ではなくて(←これ、ダメ出しですからね)
「私は、こうしてもらえると嬉しい」という感じですね~。

とはいえ、頭では分かっていても
心が納得いかない・・そんな方が多いかもしれません。

いままでの怒りが、
たくさんたまっている方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合は、お気軽にカウンセリングもご活用ください。

ひとつひとつ、丁寧に
自分の心に寄り添ってあげることから始めましょうね。

あなたが大切な人と
より良い関係性を築くための
参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
優しすぎる彼と、怒りっぽい私。パートナーシップはバランスをとっている いつもありがとうございます。  カウンセリングサービス 服部希美です。 今日は、パートナーシップだけでなく 対人関係で起こりやすい「バランス」について 書いてみた...
あわせて読みたい
優しく出来なかったことより、優しく出来たことを。 優しい人ほど、自分が優しく出来なかったことを探してしまいがちですけどねその時に出来た精いっぱい。やって来られているはずだと思うのです。

直近のカウンセリングのご案内♪

あなたの幸せを心理からサポート
次はあなたが幸せになる番ですよ♪

<名古屋Orオンライン>
・7月10日(日)

<オンラインのみ>
・7月9日(日)

>>最新のスケジュール

面談カウンセリングのご案内

名古屋・鶴舞駅徒歩5分の弊社カウンセリングルームにて
対面式のカウンセリングをご提供しています。

また、月に一回東京地区にも出張カウンセリングを行っております。

オンライン面談(Zoom)もご選択いただけます。
お好みでお選びくださいね♪

現在のご予約状況は、こちらからどうぞ☆

IMG_1182 - コピー
<名古屋・鶴舞・オンライン>

名古屋ルームアクセス・地図)  

<東京(駒場)出張>

(東京ルームアクセス・地図) 

カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

■ カウンセリングメニュー

■ ご予約方法

お客さまの声

服部の略歴

■ メディア関係者さま宛てのご案内

目次
閉じる