MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

別れた人のこと。何度も同じことを思い出して、怒りを再燃させる理由って?

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、誰しもが好きじゃないだろう^^;
ネガティブ感情「怒り」について、ちょっと書いてみたいと思います。

腹が立つ、イライラする、ムカつく!やってられないよ!
みたいな「怒り」の感情って、誰しも感じるものなのかな?と思うのですね。

たとえば、元パートナーとの別れが納得いかない!腹の虫が治らない!としましょう。

アイツには、まだまだ言い足りないことがたくさんあるのよ!
コテンパンにしてやらなきゃ、私の気がすまないわ!キー!
ぜ〜〜ったいに、アイツにはこのまま幸せになってもらいたくない。
私がどれだけ傷ついたか、あの人が最低な人か、分からせなきゃ気が済まないの!!

もー、腹が立って仕方がないっ!!!
そう感じちゃうこと自体はね、あるあるじゃないかなって思うのです。

(え?思いますよね?!笑)

別れ方がこじれた分だけ、いろんな気持ちも湧いてくるでしょう。

でね、たとえば、その怒りをどうにかしようと
元彼を呼び出して、言いたいこと全〜〜〜部、ぶつけたとしましょうか。

その結果、元彼が話を全部聞き入れてくれて
「俺が全て悪かった。申し訳なかった」と謝ってくれたとしましょう。

で、そのあと、
「あー、すっきりした。これで私はまた次の恋愛に進めるわ〜♪」
って、いい気分になるかと言われるとね・・なかなか、難しいところもあるみたいなんです。

いっときは、スッキリすると思うのですよね。

でもね、けっこう・・
「いやいや、でもまだアイツに言い足りないことがあるんだ!」みたいな^^;
怒りが再燃することも多いみたい。

たとえば・・

何度も何度も、彼に傷つけられたところばっかり思い出して
「私はこんなに傷ついた」って言いたくなったり

結婚しよう、って言ったこともあったくせに!
無責任すぎるでしょ、責任とってよ!嘘つき!って恨みを抱えたり

見なければいいって「頭」ではわかっているのに
元彼のSNSを見にいっては、「なによ、私のことを差し置いて自分だけ幸せそうに!」キー!

友達カップルの幸せな話を聞いては
「なによ、それって私に対しての当てつけ?!」なんて腹が立ってみたり

私はこのまま幸せになれなんだわ(元彼のせいで)
そんな気持ちで、鬱々としちゃったり・・

そして、また「元彼に、一言言ってやらなきゃ気が済まない!」
なんてループしてしまう、いくらやっても囚われ続けてしまう。

みなきゃ良い、って頭ではわかっているのだれど

怒りの炎が消えそうになると
いろいろ燃えそうな材料を探して、怒りの炎にくべる・・みたいな。

いつまでも根に持っている、自分って最低だなぁとかね。

でね、服部はこういうお話をお伺いしている時、こんなことを思ったりします。

かつて、大好きだった人を嫌い続けなければいけない。
自分の感情で、相手を傷つけているという罪悪感。
でも、抑えきれない、自分の中の怒りの感情。

それは、どれほどの苦しみなのだろう・・・って。

ものすごく、苦しいだろうなって。

実は、この状態ってね
見方を変えれば、彼を攻撃しているのではないのです。

愛する彼を使って、ずっとずっと自分を罰している。

あなたは、こんなに最低な女性なの。
ほらみなさい、あなたは彼を傷つけ続けているじゃないの。
どれだけ、自分勝手なの。そんなあなたに、幸せになる価値はないわよって。

・・・。

でもね、あなたなりに
一生懸命、やってこられたのではないでしょうか?

愛情が深い方ほど、この苦しみに嵌まり込んでしまうのだと思います。
それだけ、愛するパワーが強いから、うまく愛せなかった自分をむちゃくちゃに罰してしまう。罰し続けてしまう。

でも、あなたには、それだけ大きな愛があって
その愛で彼のことを愛した、大好きになったということ。

それが、うまくできなかったこと
愛のやりとりがすれ違ってしまったことが、悲しくてやりきれない。

それは当然のこと、でね
罰する必要はないのではないかな、って思うのです。

自分の大きな愛に気づいて
自分を罰する手を下ろしていくこと。

それだけ、彼のことをものすごく大好きだったということと
その分仲良くしたかった、大事にしたかったという悲しみが
ものすごく大きかったんだと、受け止めてあげること。

この苦しみは、愛だったんだと気づくこと。

まずはここに、気づいていけると良いですね。

怒り、というと
ネガティブに捉えられがち、ではあるのですけどね
怒りのあるところには、悲しみがあり、そして、かならず「その人なりの愛」があります。

どうでもいい人には、私たちは怒りませんし
傷つきもしないですからね。

今日は、あなたの怒りの奥にある愛情に
すこしだけ触れてみる時間にしましょうか。

「お別れが受け入れられないぐらい、悲しみがまだ残っているんだな」
「それだけ悲しいということは、私はそれだけあの人を大好きだったんだな」
「私って、愛情深いな。一途だな。私の中に、それほどまでに愛があったんだな」

いっぱいいっぱい労ってあげて欲しいなって思います。
いっぱい、自分のために泣いてあげて欲しいなと思います。

そしてね、自分に優しく優しく聞いてあげてください。

じゃあ、これからどうしたい〜?
どんな自分になりたい〜?ってね。

そこからみえてくるもの、なにかあったりしますからね。

ただ、こういった手放しのケースでは
手放した後に「本当のテーマ」がやってくることがあるんです。

たとえば・・「手放したら、私には誰もいなくなってしまう」という、孤独感とか。
ありのままの自分では愛されない、存在してはいけないという、無価値観とか。
これまでの人生、なにをやっていたんだろうという罪悪感とか。

あまりに忘れられない恋愛、というのが
「一番耐えられない、本当の辛さ」から、あなたを必死に守ってくれていることも多いのですね。

そんなときには、まず手放せる状態にまで
まずは自分を回復させたり、自分自身の素晴らしさに目を向けたり、
自分の人生を、自分の手に取り戻していきましょう^^

本当の意味で、
ずっと後回しにしてきた・・・自分さんに
助けの手を差し伸べてあげていただけたらなって思います。

カウンセリングもお気軽にどうぞ〜

参考になれば幸いです。

直近のカウンセリングのご案内♪

恋に仕事に対人関係に・・
あなたの幸せを心理からサポート
次はあなたが幸せになる番ですよ♪

*直近の面談カウンセリングのご案内*

<オンライン>
・2022-12-11(日)10時、13時、16時、19時
・2022-12-16、17日(金土)
>>最新のスケジュール

はじめましての方もお気軽にどうぞ。

カウンセリングは全てご予約制です。
ご予約は予約センター(06-6190-5611)までお願いします。

写真は名古屋ルーム!
目次
閉じる