MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

自分がしてあげたことに対して「ありがとう」と言われると、居心地が悪いです・・~受け取り下手さんの心理~

人に何かやってあげることは好きなんだけれど、
「ありがとう」って言われると、申し訳なく感じます。

いやいやいや、私はたいしたことしてません、って言いたくなっちゃう。

誰かに「ありがとう~」「助かったよ~」ってお礼を言ってもらったとき、
なーーーんか、居心地が悪い。

そんなあなたは謙虚な方だと思うのですね。

日本は「謙虚が美徳」という文化があったりするので、
「私なんかが、めっそうもございません」という思いって、
どうしても出て来やすかったりするのかな?とも思いますし、

それはそれで、あなたの良さでもあると思うのですが・・

お礼を言われている側が「大したことしていないのに申し訳ないな」って思っちゃうのも、
なんだかバランスが悪そうな感じがしちゃいますよね。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は「受け取り下手さん」へのアドバイス記事です。


たとえば、あなたが逆の立場だったとしましょう。

ものすごく感謝している人がいる。お礼をどれだけ伝えても伝えきれない。
私にとっては、かけがえのない人。

そんな恩人に感謝を伝える機会があったとして。

「いやいや、私、大したことしてないし」
「そこまで言われるほどじゃないですよ」

・・何だか受け取ってもらえないなぁと感じた時、ちょっぴり寂しかったりしませんか?

もちろん、強要したいわけじゃない。でも
自分の感謝の思いを受け取ってもらえたら嬉しかったりしますよね。


とはいえ、逆の立場だと「めっそうもござません」といいたくなる^^;
その気持ちもね、私なりにわかるような気がします。
なかなか、受け取れないですよねー。


さて、ある程度の謙虚さは、悪いことでもないのですけどね
あまりに相手からの好意を受け取れないとき、というのは
実は、自分の中に「受け取れない理由」があったりするんですよ。

理由はいろいろなのですが
たとえば、、私は、「罪深い存在である」という、思い込み。

私たちは、自分で自分のことを「罪深い」と感じてると、
「こんな私には、周りの人の愛情を受け取る資格なんてないよね」と感じ、
周囲の愛情を受け取れなくなってしまうことがあるんですね。

そして、愛されれば、愛されるほど。
自分にとって、相手が大切な人であればあるほど
罪悪感が刺激されちゃうので、受け取れなくなったり、遠ざけたくなってしまったりするんです。


たとえば、

恋愛や対人関係のご相談をお伺いしているとき、
家族との関係を見ていくことが多いのですが

「お母さんと私」の関係をお聞きした時。

「お母さんにアレコレ言われるのが凄く気になるんです!」

「心配してくれているのかもしれないけれど、
私だって大人なんだからね!とイライラしてしまうんです!」

「昔から、お母さんのこと、あまり好きじゃないんですよね」

こんなお話をお伺いすることがあります。


たしかに、アレコレ言われるのって、あまりいい気分にはならないですよね^^;

それが嫌だなぁ、と感じること自体はいいのですが
よくよく、心の奥を探っていくと
実は、反抗期の時期に、たくさんお母さんに怒りをぶつけてしまったことに対して、

「お母さん、ごめんなさい」と罪悪感を感じていて

お母さんの愛情を感じる度に、
罪悪感を刺激されてしまって「お母さんなんて大嫌い!」という怒りを使ってお母さんを遠ざけていた。

こんな健気な心理が、隠れていたりするんですよ。

そして、お母さんとの関係だけにとどまらず。

「こんなにも罪深い私なんて、愛される価値がない。」
って、周りの人の愛情を受け取れなくなっていたりするんです。

・・・どれだけ、お母さんが大好きで愛したかったのでしょうね。


基本的に「罪悪感」というのは
大切な人に対してしか、感じません。

「あんなに大切な誰かを、上手く愛せなかった私は、罪深い。」

という誤解(誤解なんですよ!)から生まれている場合が多かったりするんです。

「え、そんなことで?」「充分、ベストは尽くしたじゃない」
「そのときには、そうせざるをえなかったんだよね」

って感じるようなことで
「こんな私は罪深い」ってずっとずっとずっと、責めていることが多いんですが・・

そんな健気なあなたに優しくしたい、
喜ばせたいと思っている人もいる、ということが今日の本題ですね^^


あなたがどれだけ、自分を罪人だと思っていても

あなたの中に優しさや愛を見つけ、愛おしく感じている人がいるということ。
あなたの笑顔に救われ、お礼が言いたい人がいるということ。

うまく愛せなかった時もあったかもしれない、でも
あなたの存在が、誰かを救ってきたこともあったということ。

そういう部分をちゃんと受け取っていくことができると、人との距離感もバランスが取れてきます。


恋愛や対人関係でも気軽に
「愛を交換こ」できる関係を築いていくことができるのですね。


もうそろそろ、自分を許し
あなたを愛させてあげるとき、なのかもしれませんよー。

ケースバイケースではあるのですけどね

「私って、受け取り下手だわー」と感じていて、
いろいろな場面で、影響が出てきているなぁと感じる方は、

こういった、心の深~~い部分から
ガッツリとアプローチしてみるのも一つの手です。

あなたはとっても優しい人。
そして、周囲からの優しさを受け取るにもふさわしい人なのです。

自分の中の思い込みを、探ってみてくださいね!

参考になれば幸いです♪

あわせて読みたい
荒波を乗り越えてきた、しっかり女子の健気な恋愛事情 いつもありがとうございます。カウンセリングサービス 服部希美です。 今日は、お仕事にも絡むかな?なしっかり女子さんの恋愛応援記事です。 若い頃にはお局さまに揉...
あわせて読みたい
もう、幸せをガマンしなくていいんだよ 頑張っているはずなのに 誠実に生きているつもりなのに なぜだか、望まない現実が「いつも」繰り返されている。そんなあなたはもう幸せになってもいい。
目次
閉じる