MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

つい、彼に当たってしまう自分が嫌です~自分の想いをうまく伝えられないとき~

私、すごく気性が激しいんですよね。
ちょっと気に障る事があると、イライラしちゃって抑えられないというか

とくに、怒りの矛先が「彼」に向いてしまうことが多くて。

たとえば、デート中でも、別に彼だけが悪いわけではないのに

いきなり気持ちが急降下して、不機嫌アピールをしてしまったり、
ガーッと、怒りをぶつけてしまったり、涙が出て来てしまったり・・。

このままじゃ、彼も私のこと嫌いになっちゃうだろうなって思うし、

本当は、他の人みたいに、
もっと穏やかにコミュニケーションが出来たらいいのに、って毎回思うけれど、
なかなかうまく行きません><><

一体どうしたらいいでしょう? 

* * * * *

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、いただきましたリクエストにお応えしまして(ありがとうございます~)
「つい、彼に当たってしまうとき」を書いてみたいと思います

もしあなたの方が、
怒りを引き受けちゃう側なんです><、という方は、

「彼は、もしかしたら、こんな風に思っているのかも?」
という視点で、読んでみていただけたら理解が深まるかもしれません

* * *

さてさて、いきなりですが、私のブログでは、

PCでは、右横のサイドバーに、
スマホページでは下の方に、
「人気記事ランキング」を載せているんですね。

そこに、地味~~に、
居続けている記事があるんですよ。

それが「優しく出来ない自分に凹む、そんなあなたは優しい人。」

カウンセリングの現場で、
「ブログで服部さんを知りました!」と声をかけてくださる方からも、

「一番最初に、検索でひっかかってきた記事」として、
お聞きすることが多いこの記事でもあります

前回の記事には、

「優しくありたい」と思うからこそ、
そういられない自分をとても責めてしまうんだよ~

という内容だったのですが、
今回は一歩、踏み込んでみようと思います

実は、彼につい当たってしまう方、というのは
一見、なんだか強そうに見えるのですが、

「とっても繊細で、人想いの方」が多いんですね

「こんなこと言ったら、相手が嫌な思いしないかな・・?」って
いつも相手の気持ちを第一に考える、そんなタイプの方も多いんです。

相手の気持ちをキャッチするのも、とても上手だったりしますね。
(余談ですが、セクシ~な方も多いです

でも、とても自己否定が強い状態なので
その才能が、裏目に出てしまい

「きっと、こんな自分は受け入れてもらえないだろう
「きっと私は、みんなにとって迷惑な存在なんだ

という怖れを、強く持ってしまい、
本当に感じていることを、素直にコミュニケーションするのがとても怖くなり

つい、自分の気持ちを飲み込んでしまって
爆発するまで溜めこんでしまったり><

「怒り」をつかって、
相手から否定されないよう、コントロールしたくなっちゃったりします

そして、元々はとても優しい方なので、

そんなことをしちゃった自分を責め、どんどん自分のことが嫌いになり・・・
どんどん、自分の気持ちを伝えられなくなっていく。

このループにハマっていることが、とても多いんです><

ですから、この状態から抜けだして
本当に自分が持っている才能を発揮していくためには

「きっと、こんな自分は受け入れてもらえないだろう
「きっと私は、みんなにとって迷惑な存在なんだ

と思い込んでしまった原因に対して、アプローチをしてみたり。
(傷ついた経験がそのままになっている場合が多いですからね)

恐らく、今までの人生においても、

「自分の本当の気持ちを伝える」だったり、
「人に、受け止めてもらう」という経験が少ないと思うので。

カウンセリングやセラピーなどを使って
いままで伝えられなかった自分の想いを、「言葉」にして伝える練習をしていったり。

(いままで塞き止めていた想いが、涙と共にあふれてくることも多いです。
体感するって、大切なんですよね~)

実生活においても

「私の意見を聞き入れてくれる人も、いる。」だったり、

「私の気持ちを、汲み取ろうとしてくれる人もいる」と、
今、目の前にいる人を信頼して、
自己開示をしていくことが、大切だったりします

・・・最初は、ちょっと怖いですけどね~。。。

そうやって、自分の意見を伝えたり、
受け入れてもらう経験を重ねていくうちに、

彼との絆が以前より深まった、とか
周囲との対人関係がうまくいくようになった、とか

日常で感じている「寂しさ」が減っていきました!
というご報告をお聞きすることが多いですよ

photo-1456306752358-361d2583e644

あくまで、ケースバイケースですので、
全てに当てはまるわけではないのですが、

私たちって、

「私の意見は、ちゃんと尊重してもらえるだろう」と思えていれば、
わざわざ怒りを使わなくたって、コミュニケーション出来ると思うんですよね。

ですから、この状態になっているということは、

「自分の中に」(ここポイントです)
「きっと私は、受け入れられない」という悲しみが眠っている場合が多いんです

その誤解を解いてあげるだけでも、ずいぶんと楽になりますからね~。
宜しければ、カウンセリングなども使ってみてくださいませ。

また、あなたが
「怒りを引き受けてしまう側」に入っちゃうことが多い場合は、

「相手に、ひっぱられない」
ことが大切です

怒りをぶつけられちゃうと、
「お前が悪い」って責められているように感じて、
無力感や、罪悪感にハマってしまうことが多いのですが。

そこにハマってしまうと、相手の罪悪感も刺激してしまい、
2人で、落ちていってしまいますので。

自分の痛みに入るのでも、
怒りにフォーカスするのでもなく、

「怒りの下にある、本当に伝えたいことってなんだろう?」
「それを、分かってあげたい。分かってあげられたらいいな」

という方向へ、意識をフォーカスしてみると、
見えてくるものが、変わってくることが多いようですよ~。

また、人は鏡ですからね

「私はちゃんと、
相手に自分の本当の想いを伝えられているだろうか?」

って、自分の癒しのきっかけにして
自分のコミュニケーションを見直してみるのも、ひとつの手です。

あと、「怒り」だけではなく
誰かを助けてあげたい、支えてあげたい、と思うときには、

「自分をまず、いい状態にしておく」ことが必須ですから、

ひとりで抱え込まずに、サポートをうまく使ってくださいね~

あなたが、大切な人と
本当の気持ちを、コミュニケーションが出来る関係になれますように。

参考になれば幸いです♪

参考になりそうな過去記事、ピックアップ☆

>彼の腹が立つ要素は、自分の中の嫌っている要素

【直近の面談カウンセリング予定】 

名古屋・鶴舞駅 徒歩5分の、当社カウンセリングルームにて   
対面式の面談カウンセリングを行っております☆   

直近の面談カウンセリング予定は・・・   

3月19日(土)、22日(火)、26日(土)

いずれも 
10:00~、13:00~、16:00~、19:00~開始です。   
 (日によって、待機時間がないお時間もございます。)
最新の空き情報は、予約センターにてお問い合わせくださいね♪

また、当日のご予約も承っております。 

 

カウンセリングのご予約、お問い合わせは・・・・ 

<<カウンセリング予約センター>>
 06-6190-5131 または、06-6190-561
目次
閉じる