MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「これで、いい」より「これが、いい」

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス、服部希美です。

今日は一言メッセージを再掲です。

普段放っている言葉って、
私たちは、そこまで意識していませんよね。

一つ一つの言葉を、すべて吟味して話す。

こういうことができればいいのでしょうが、
日常生活の中では、なかなか難しかったりもしますよねー。

だからこそ、実はその「無意識に選んだ言葉」には
いまの自分が、表現されていることって多いんです。

* 

たとえば、
あなたがなにかを選ぶとき。

「これで、いい」が多いですか?

それとも

「これが、いい」が多いですか?

たとえば、外食に行って、
数あるメニューの中から1品を選ぶ、そんなとき。

「それで、いいや」で選ぶ人。
「それがいい」と選ぶ人。

いらっしゃると思うんですー。

でね、きっと「気無し」なんだと思うのです。
あんまり気にしていないというか。

どっちでもいいやん、って思った人もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも改めて見てみると
同じメニューを指していたとしても
ニュアンスや熱量が、なんだか違いそうな気がしませんか?

たったの一文字なんですけどね、

「これが、いい!」だと、それをちゃんと自分が選んでいる感じがするけど、
「これでいい」って、妥協とか、選ばされた感とかが混じっている感じがするというか。

単なる口癖、といいますか
方言のように、育った環境などで「当たり前」として使っている場合も多いですが

もしもね、これがあなたのパターンだったとしたら
自分に「これでいい」というものを与える癖があって
あまり自分のことを大切にしてないかもしれませんよね。

お店に入ってみたものの、あまり食べたいものがなかった。とか、
あまり興味が沸かない分野に関しては「これでいいや」ってなる事もあるでしょうが

あなたの心が喜んじゃうような
「これがいい!」と思えるものを探して、チョイスし、毎日を過ごすのと

「これでいい」で済ませるだけの毎日では

日々の満足感って、ぜんぜん違ってくるんじゃないかな〜?って私は思うのですね^^


ちなみに、私の場合で恐縮なのですが

「これでいいや」って感じやすいときって、
自分の「好き・キライ」「快・不快」に鈍感になっているときが多いんですよー。

あ、あと、忙しすぎて心に余裕がないとき!汗

(心を亡くす、で「忙」しいですからね~)

ですから、私は

「これでいい」って、つい口から出て来ちゃう時には
「私、いま自分のこと大切に出来てないかも?」

なげやりになっていないかな?ってチェックするように、していたりしますよ。

こだわりってね、大事なのですよ。なにげにねー。

「これで、いい」より「これが、いい」

そうやって自分を大事にする選択肢。
よかったら、お試しくださいね。

ちょっと意識して過ごしてみると
毎日がすこし、楽しくなるかもしれませんね!

あなたが楽しく幸せに毎日を過ごすための参考になれば幸いです。

直近の面談カウンセリング

オンライン:9月17日(火)20日(金)

ご希望の方は、予約センターまでお願いします。


はじめての方でも、お話がまとまってなくても大丈夫!
どうぞ、そのままのあなたのお話、お聞かせくださいね。

Zoomの画像をスマホで撮る服部(笑)
目次
閉じる