MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

いま自分が感じている気持ちが「誰か」を理解するためのものだとしたら?

いつもお読みいただきありがとうございます!
カウンセリングサービス 服部希美です。

急に寒くなりましたね~。
みなさんのお住まいの地域は、いかがですか?

名古屋地区は、ここ数日でグンと気温が下がったので、
慌ててコートを引っ張り出してきた、って方が多いみたいですよ(笑)

私も、外出するとき、あまりの寒さに耐え切れず、
もう一度家に戻り、厚手の洋服に着替える!なんてことをしていました。

(寒がりなんですよね。)

気温の差に、風邪をひいていらっしゃる方も多いみたいです。
みなさま、あたたかくしてお過ごしくださいね。

さてさて。

今日は「今の状況を、どう捉えるか?」について
書いてみたいと思います。

私たちが問題にはまり込んでいるとき
「この問題を、どうしたら解決できるのか?」
具体的な方法や、手段ばかりが気になってしまうものですが、

実は「感情面」で、楽になれると
見えてきたり、取り組める解決策ってたくさんあるんですね。

と言うことで、
今回は、カウンセリングの現場でも、よくご提供する捉え方の一つである、

「いま自分が感じている気持ちが
「誰か」を理解するためのものだとしたら・・?」
を書いてみたいと思います。

まず、私の経験から、お伝えしますと。

ずいぶんと前のことなのですが、
私生活で、やたらとイライラしてた時期があったんですね~。

やたらと人のアラが気になって、イライラしちゃったり、
思わず、人に当たってしまうこともあったんです・・。

半面、私だって出来ないところもあるのに・・
こんなにイライラしちゃう自分って最低><って、自分を責めて
なにもかもを投げ出して、引きこもりたくなったり

やることなすこと、裏目に出て 日常生活がいっぱいいっぱい。
そんな状態が少し続いた時があったんです。

いまから振り返ると、その原因は

「自分に自信がなくて、毎日が不安だった」り、
「仕事を抱え込みすぎて、心に余裕がなかった」り、
「主体性がなくて、人に振り回されちゃったり」で、

イライラしちゃったんだと思うんですね。

だから、
抱え込んでいるものを減らしていったり、
自己価値をUPしていくことで、
その状況は乗り越えていくことが出来たのですが・・
私にはもうひとつ、大きな気づきがあったんですよ。

それは・・・・・

「あの人は、あのとき、私に優しく出来なかったのかもしれないなぁ」

という気づき。

IMG_0111

実はかつて私の周りには、
イライラして、感情的に人に当たっちゃう人が、
たくさんいたんですよね。

そんな人たちを見て、私は、嫌だなぁ~・・って思っていたのですが、

私にやたらと厳しかった、あの職場のお局さんも。
イライラしがちだった、お母さんやお父さんも。

もしかしたら、いまの私と同じように

本当はイライラしたくもないし、
出来れば、もっとうまく人と関わりたい!と思っていたけれど、

なにか、ままならない事情があって
そうなっちゃったのかもしれないなぁって、ちょっと思ったんですよね。

そのとき、

たしかに、人から当たられたり、
攻撃されちゃったのは辛かったけど・・・

そうしちゃった気持ちは、
なんだか分かる気がするな~・・・って思えたんです。

そう思えたとき、過去のわだかまりといいますか。
モヤモヤしてた気持ちが、なんだかスッキリしたんですよ。

それにともなって、

「こういう状況にならない様に、
もっと、自分を大切にしなきゃ~」って思えるようになったり、

イライラしている人を見ても、
ちょっと優しく接することが出来るようになったんですよね。

いまから思うと、

もしかすると、自分がこういう状況にならなければ
いつまでも過去の出来事を引きずっていたかもしれません。

(正直・・あの人たちを許せない!って、腹が立ってもいましたしね!)

もちろんですね

出来れば、つらい状況にならないに越したことはないですし、
そうならないと理解できない、ということではないんです。

ただ、あなたがいま、辛い状況にいるとしたら。

もしかすると、いま自分が感じている気持ちは
「誰か」を理解するためのものかもしれないと捉えなおしてみることで

新たな気づきを得て、過去の傷を癒したり
楽にこの状況を手放していくことが出来るかもしれませんよ!

少し時間を取って、自分に聞いてみてくださいね。

「あなたがいま、感じている感情と
同じ感情を感じている人がいるとしたら・・・誰でしょう?」

(ちなみに、ここで出てきた人は、
あなたが「本当は愛したかった人」だったりします。
あなたは、誰が出て来ましたか?)

とはいえ、

現状が辛すぎたり。過去の傷が辛すぎたりする場合は、
とてもそうは思えないでしょうから

そういった場合は、まず、応急処置をしてあげてくださいね。

心優しき頑張り屋さんなあなたの
参考になれば幸いです!

目次
閉じる