夢をかなえる・生き方

好きなことをして生きていく③~自分が好きなことをする=誰かに迷惑をかける?~

前回の続きです。 最初から読まれる方は>こちら
 

前回、周りの人の評価や反応を気にして
「自分の好き」を言うことに抵抗がある・・

そんな方が多かったりするんですよ~、というお話を書きました。;

実は・・・・

「好きなことや、やってみたいことはあるんだけど
なかなか一歩、踏み出せない!

そんなときにも、
同じような心理が働いている場合があったりするんですね。

やれない理由・やらない理由

「好きなことや、やってみたいこと」が出来ない理由って
探せば、いくらでも出てきますよね。

例えば、お金がないとか。時間がないとか。
この年だからとか。
親の面倒を見なきゃいけないから、とか。
子どもが小さいから、とか。
今は忙しいから、とか。

出来ない理由というか、
ちょっと厳しめの言葉を選ぶなら・・・・やらない理由と言いますか。
そういうのって、わんさか出て来ます。

これは誰でも出てくるものだと思うんです。そういうものだとおもいます。

とはいえ、

「今は無理かもしれないけど、いつかやるぞ!」

と自分の心の中が明確になっていれば、
迷いやモヤモヤって出て来にくいと思うんですね。

じゃあ、もう無理だよねって割り切れているのかと言われれば、
・・・それもなんだかスッキリしない。

こういった時、カウンセリングでは、
いろんな理由を探しだし、駆使してまで、
クライアントさんが「本当はやってみたいことを、諦めよう」としているとしたら。

「本当はそれほどまでに、やりたいことなんじゃないのかな?」とか、
「それは一体なんでだろう~?」なんていう視点で、考えてみたりするんです!

自分のやりたいこと、諦めようとしていませんか?

人の心はみんな違いますから、一概に言えないのですが・・

「私が好きなことをすると、周りに迷惑をかける」
「だから、私は好きなことをしてはいけない」

なんていう思い込みが、
自分の心の中にあったりする場合があったりします。

 

つまり、本人は意識していない場合が多いのですが

周りの人の反応を気にして
自分の好きにストップをかけていたりすることがあるんです。

自分の中に、そんな思い込みがあったとしたら。
好きなことをすることに、たくさん抵抗が出てくると思いませんか?

好きなことであればあるだけ、

「自分が好きなことをしたら、
大切な人に迷惑をかけるんじゃないか。」と不安になってしまったり、

「こんなことをしたら、
まわりになんて言われるか分からないわ。」とまわりの目を気にしてしまったり。

出来ない理由を探し出しては、
「ほらやっぱり、私は好きなことをしちゃダメなんだわ」って
無理やり自分を納得させようとしてしまうと思うんです。

また、この思い込みを強く持ったまま
好きなことをしはじめると、

「本当にして良かったのかなぁ・・・」

という、罪悪感を感じやすくなって
せっかくの好きなことをやっているのに、
なんだか、楽しめなくなったりもします。

ですから、カウンセリングなどでは

「実際に、小さな行動に移していく」という
現実に近い部分からのご提案と共に、
この「思い込み」を緩めていくアプローチをご提案したりするんですね。

(もう少し続きます♪)

 

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ