MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

初対面への苦手意識を減らし、自分に合うパートナーを見つける方法

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

先週末は、母校のワークショップのお手伝いとして参加していました。

(ご一緒していただきました皆様、ありがとうございました!)

二日間、お集まりいただいた方と一緒に心を見つめる時間は、濃厚で・・
そしてね、なにより・・その方らしさとか、人を思う愛に溢れていてね。

やっぱりね、、感動しちゃうのですよね。

そして改めて、思うのです。
私もそうやって受け入れてもらってきたという感謝と
今度は私が、そういう場をご提供できたらいいな、って。

あなたは、あなたでいいんだということ。
あなたの中に、人を思う気持ちがたくさんあるのだということ。
いまのいままで、本当によく、やってきたのだということ。

あなたは幸せになってもいい、ということ。

お伝えできたらいいなぁと、改めて感じた次第です。

カウンセリングにも、活かしていきますよー^^
良かったら、受け取ってやってくださいね。

毎回、癒しのおやつを用意して挑みます。今回はロールちゃん!

さて、今日は恋愛につきもの。
「初対面」の苦手意識を和らげる方法を「心理的」な部分から書いてみたいと思います。

これは恋愛だけでなく、どんな人にも使える方法ですのでね^^
よかったらお試しくださいねー。

パートナーが欲しいな、と感じたとき

婚活パーティやお見合いだったり、
知り合いからの紹介やアプリなどを通して

「初めてお話しする人」が増える傾向にありますよね。

そんなときにに、すこしでも人見知りをせずに、
気になる人とお話しできたらいいですよね〜。

すこし心の余裕ができるだけでも、その場を楽しめたり
あなたらしさを表現することができると思うのです。

その結果、あなたと合う人とマッチングしやすいと思うのですね。

とはいえ、全く人見知りをせず、
どんな人とも、初対面から仲良くなれる人、を目指すのは
とてつもなくハードルが高いですし

(ごめんなさい、私も無理です^^;)

無理に頑張ろうとすると婚活自体が嫌になってしまいかねませんからね。

今日は、初対面の相手と少し「気楽」に接することができるマインドを作る方法を
「誰でも持っている心の仕組み」の視点から、お話ししたいと思います。

目次

ろくに知らない相手に対して「苦手なタイプだな」と感じてしまう理由

たとえば、あなたが婚活パーティーに参加している時
声をかけてくれた人がいたとしましょう。

でも、その人を見たときに
あなたは「この人、なんだか怖そうだな」と警戒してしまい
当たり障りないお話ぐらいしか出来なかった、としましょう。

もちろん、相性もありますので
合わないなと思う人と無理に接点を持つ必要はないのですが・・

どうして「初対面」で「ろくに話したことがない人」に対して「怖そうな人だな」と感じたのか?

その理由は相手にあるわけではなく「自分の心の中」にあることが多いのですね。

私たちは過去に出会った「似た人」を通して、人を見ている

私たちには誰でも「投影」という心の仕組みを持っていると言われています。

投影、というのは「自分の心の状態や経験を、外の世界にうつしだす」という心の仕組みです。

たとえば、道をふたりで歩いている時に
前からお散歩中の犬がやってきたとしましょう。

犬好きのAさんは、犬を見て「うわ、可愛いな〜」「すれ違う時に撫でれないかな〜」「昔買ってた犬に似てるなー」なんて好意的に見ているけれど、

一方、過去犬に噛まれて怖い思いをしたことがあるBさんは、犬を見た途端「うわ、怖い!」「できるだけ離れてすれ違いたい」「飼い主さん、ちゃんとリードをつかんでおいてよ!(怒)」なんて感じたりする。

たとえ、目の前にいる犬がお利口で、とても噛むようなタイプではなかったとしても
過去、犬に怖い思いをしたことがある人からすると、どうも警戒してしまう・・。

その気持ちは、なんとなく、お分かりいただけるのではないでしょうか?

このように「同じ犬なのに、見た時の心の反応が違う」のは
投影という心の仕組みによって「いままでの経験」が「目の前の犬」に映し出されてしまうから、なんですね。

初対面にこそ、投影は起こりやすい

実はこの投影の仕組みは、初対面の人の第一印象に大きく影響を与えるといわれています。

たとえばパッとみたときに
相手のことを「なんか、怖い人だな」と感じたとしたら
かつて出会った人の中に似たようなタイプの人がいて、投影を起こしているかもしれないのですね。

もしそうだとしたら、本当は優しい人かもしれないのに、自分の経験に当てはめて排除したくなっちゃったりするのは、ちょっと勿体無いかもしれませんよね。

出会うタイプが偏ってしまって、本当に合う人を見つけにくくなってしまうことだってあるかもしれません。

また、かつてしんどい恋愛を経験されている場合

「元パートナーのような人は、きっと私を裏切る」と感じてしまったり
「男なんて、こんな生き物なのよ」と決めつけてしまい、恋愛自体を遠ざけてしまう可能性もでてきます。

男性にも女性にも、いろんな人がいるにも関わらず・・です。

もしもあなたが「恋愛に興味が持てないな」とか「恋愛には興味があるけれど、異性に対して怒りや抵抗感がある」場合、かつての誰かを投影しているかもしれませんね。

投影を使った「人見知り克服法」

たとえば、あなたが「初対面が苦手だな」と感じて尻込みしているとしたら。

まずは、それはあなたに勇気がないわけではなくて「投影の心理」がネガティブに働いているからかもな、と思ってみて欲しいのです。
そしてね、それは誰しも起こることだから、大丈夫だよ、と優しく励ましてあげて欲しいなと思います^^

そして、実際に出会いの場に行った時には

第一印象や初対面での印象は、自分の経験を投影しがちだって言ってたなぁ。
今日は目の前にいる「この人」をみよう、と思ってみる、だけでもずいぶん違うかと思います。

まずは「自分が投影をしていることに気づく」こと。
「目の前の人への苦手意識は、かつての誰かを重ねているのかもしれないな」そう気づくだけでも、気持ちがちょっと楽になると思いますよ。

これを心理学では「投影を取り戻す」といいます。

また、投影は「ポジティブな経験」も起こりますから、ポジティブな投影を活用するのもいいかもしれませんね。

たとえば昔、仲が良かった友達を思い出すような人だと、
同じ初対面でも、なんだか話しかけやすかったりしますよね。

このポジティブな投影を活用するためには
恋愛以外でも、いろんな人と接点を持って「ポジティブな体験」を増やしてみるといいですよ。

職場や友人、趣味のお友達など、いつもは話さないようなタイプの人と世間話をしてみたり、一緒に何かに取り組んだりしてみると、いい投影が作りやすくなります。

また、かつて苦手だった人、嫌いだった人の尊敬ポイントやいいところを考えて見るのも効果的!

「あの上司は厳しかったけれど、仕事に対していいプライドを持っている人だったな」
「元カノは感情的で振り回されることも多かったけれど、情熱的で素直な人だったな」とか。

すると、ネガティブな投影が減り、ポジティブな投影が増えてくるため、初対面への怖れがすこし和らぐかなと思います。

すこしハードルが高いかもしれません^^;が効果は抜群です♪

良かったらお試しくださいね。

基本的に初対面は「投影」が起きてしまうものだと心得ておく。

初対面はお互いに緊張しますから、どうしても探り合いになることが多いですよね。

そして警戒心が働くので、お互いにネガティブな投影をしやすかったりします。

つまり相手からも「どうせ、あなたもあの人と同じでしょ」とネガティブな投影を引き受けてしまうことだって、あるのですね。

その場合でも、あなたが投影に引っ掛からず「自分を否定されているのではなく、かつての誰かを重ねられているのかも」と気づければ傷付かずに済みますし、

あなたがあなたの良さを表現していくことができると、相手のネガティブな投影を、ひっくり返すことも可能なんです。

その結果

「いままで、あなたみたいなタイプの人は苦手だったんだけど、、、あなたはいいなと思えた」

「ずっと女性(男性)なんて面倒くさいって思ってきたけれど、君といると楽しくて、いままで感じてた苦手意識はなんだったんだろう?って思えたよ」

こういう恋愛の始まり方も、けっこうあるみたいですよ。

ぜひ、投影の心理を活用して
あなたが、大切な人と安心感や喜びの多い関係性を築いてみてくださいね^^

参考になれば幸いです。

カウンセリングのご案内

今週末、27〜29、31(金土日・火)は面談カウンセリングデーです。
オンラインのみの受付となります。全国どこからでも受けていただけますよ!

*28、29日(土日)はおかげさまで満席をいただいております。
土日をご希望の方は9月5日が直近となります^^

目次
閉じる