MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

別れ際の彼のセリフ

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は「失恋」にまつわる
恋愛についてのお話を書いてみたいと思います。

パートナーとお別れしてしまった。
告白したけれど、断られてしまった。

こういうとき、理由を知りたくなりますよね。

「どうして、私じゃダメだったの?」
「もう、修復する可能性はないの?」

そうすると、こんな言葉が返ってきたりする。

「いま、仕事が忙しくて、恋愛どころじゃないんだよね」
「職場に気になる人ができて・・」
「家のことでバタバタしているから」
「転勤で、遠距離になるから」
「君のことが、妹のようにしか思えなくて・・」
「自分じゃ、君を幸せにしてあげられる自信がなくて」

・・・人によっては
もっともっと、厳しい言葉を使う方もいらっしゃるかもしれませんね><

「君と一緒にやっていくのは疲れたんだよ」
「結婚はしたくないから、このまま付き合っていくのは君に申し訳ないなと思って」
「きみとは結婚生活が思い描けない」

などなど・・。

私も経験があるのですが
こういった別れ際の元パートナーのセリフって、インパクトが大きいですよね・・。

パートナーを大切にしたかった想いがたくさんあるほど
無力感も、ものすごく刺激されちゃいますしね><

そして、振られる側というのは
別れたくないと思うことが多いわけで・・(当たり前ですよね・・)

「だったら、仕事が忙しい時にはデートはなしにしたらお付き合いを続けてくれる?」
「私も手伝うからさ、いっしょに乗り越えていこうよ」
「自分磨き頑張るから」

「この理由さえクリアできれば、お付き合いが続けられるのではないか?」って
ついつい考えちゃいがちだったりもすると思うのです。

もちろんね、提案はいいと思うのです。
こういうふうに私は考えているよ、いっしょに考えていこうよ、私はこう思っているよ
コミュニケーションを取ることも大事なことですね。

でもね、それでもちょっと雲行きがおかしいときには・・
ちょっと厳しいお話だけれど
別れたい理由が本当のことじゃないことも、多いのですよね。

たとえば、お仕事が忙しいことが理由だったとするならば・・
お仕事が忙しい時ほど、大好きなパートナーの存在って大事だったりしません?

忙しい仕事も、パートナーのために頑張れる。
週末のデートのために、残業がんばろうって思えたりしますよね・・。

もちろん、忙しい彼に依存をしすぎちゃったことで抱えきれなくなり
お仕事を別れの理由に挙げる方もいらっしゃるでしょうし

責任感が強い方の場合、仕事に集中したい。いまが頑張りどき。
そういう時期にいらっしゃるときには、恋愛を横に置かざるを得ない。
同時進行は苦手だ、という方もいらっしゃると思いますし

すべてがすべてとは言えないのですけども

振る側は、どうしても罪悪感がついてまわりますから
お仕事が忙しい、という理由の方が・・傷つけずに済むかな。
そんなふうに思い、もっともらしい理由にしてしまう方も多かったりするんです。

つまり、なにかしら別の理由が隠れていることがあるわけです。

また、あなたを引き離すことがあまりに辛すぎて
ひどい暴言を発してしまう、そんな方もいらっしゃったりもします。

そんなときには
「そんなふうに私のことを思っていたんだ」なんてショックを受けちゃうことも多いと思うのですが
実は、そうまで言わないと離れられない、という心理が隠れていたりすることもあるのですね。

その他、自分のコンプレックスを
パートナーにぶつけちゃったり・・。

当人に、本当の理由が自覚できていないこともありますし^^;
ケースバイケースではあるのですが

もしも、あなたが「お別れの理由」についてこだわり続けて苦しくなっていたり
復縁を考えていらっしゃったり、
この失恋を、次に愛する人のための経験とするのならば・・

別れ際の言葉だけに囚われるよりも、過去の彼の言動を振り返ってみて
見逃していたサインを拾っていくことが大切になることも少なくないのですね。

もちろんね、過去の自分を責めたり罰したりする必要はなくてね(ここ大事!)
いまできる取り組みをやっていくといいよね、という視点です。

だって、これまでだって、
あなたなりにパートナーを愛してこられていると思うのですよ。

どんなことにも、きっと、あなたなりの理由があったはず。

こちらがベストを尽くしていたとしても
相手の事情もありますしね。

恋愛は他の対人関係に比べて、難しかったりします。
誰が悪いわけじゃないけれどお付き合いまでに至らない。
お付き合いしてみたけれど、歩幅が合わない。

それはもう、別れの数だけ、いろいろな理由があると思います。

各々の成熟度、みたいなものも大きく影響しますしね^^;

このあたりはもう、個別案件になりますので
カウンセリングをご利用いただけたらなと思うのですが。

自分なりに愛してきたこと。
大切に思ってきたこと、そこは胸を張ってね、
やれそうなところは取り組んでいけるといいですよね。

「あの人に出会えてよかった」って、いつか、本当の意味で思えるように。

さて、ではでは
今日のエクササイズです。

あの人と出会えたことで、あなたが学んだこと。
あの人からもらった経験があるとしたら、それはいったいなんでしょう?

とはいえ、失恋からの回復プロセスは、
悲しむ時には、きちんと悲しむことも大切で
無理に「これは良かったことだ」なんて思い込もうとすることが
逆に執着に繋がってしまうこともあるので、自分の心も大切にしていただけたらなと思います。

そして最後に。

たとえ、どれだけひどい別れ方をご経験されたとしても・・
あなたにはあなたの良さがあるし、愛される価値はいつも変わらずあります^^

別れの言葉だけに引っ張られすぎずに
あなたの良さも再確認しながら、この状態を抜けていけるといいですね。

応援していますよ。

参考になれば幸いです。

 \過去の「今日の一言メッセージ」はこちら♪/
バナー2

  \こんな男性に惹かれてしまうシリーズはこちら/
男性心理

面談カウンセリングのご案内

あなたのお悩みを心理からサポート。
こんなこと、相談してもいいのかな?そんなお悩みこそ、ご相談くださいね。

ZOOMを使ったオンライン、または
名古屋・鶴舞地図/東京・駒場地図の弊社カウンセリングルームにて、
面談カウンセリングや心理セラピーをご提供しております。

はじめましてさんも大歓迎です。
お話がまとまっていなくても大丈夫^^
そのままの、あなたのお話お聞かせくださいね〜。


詳しいスケジュールやお問い合わせは
06-6190-5131 カウンセリング予約センターまでお願いします。

スタッフがご案内させていただきます^^

【ご相談の一例】
・30代女性の恋愛・パートナーシップ
・好きを仕事にしたい
・対人関係の改善
・自分らしく自然体で毎日を楽しみたい
・自分の望む人生へのシフトチェンジ

>>最新のスケジュール

>>ご予約方法

>>ご提供メニュー

>>服部からのご挨拶・プロフィール

>>カウンセリングってどんなもの

目次
閉じる