MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「私のことなんて、どうでもいいんでしょ」と感じてしまう時には、自分の希望をきちんと伝えていない時かも。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、このお正月にですね
身を持って気づいたことを交えて
パートナーシップをより良くするためにヒントを更新です。

今年のお正月は実家に顔を出したのですが
帰りに母から「なます」をいただいたのですよね。

知ってます?なます。

大根とかにんじんをお酢で漬けた
お正月の定番なのですが

今年母が作ってくれたなますが、柚子が入っていて美味しかったんですよね。

それで、私がやたら「美味しい」「美味しい」と連呼していたからか
私のために容器いっぱいのなますを作ってくれて、手土産として持たせてくれたんですよ。

たとえば実家に顔を出した時
「これ持っていきなさい」「これ買っといたから」と
自分にとっては全然いらないものを、どんどん持たされる。

こういうことって、あったりしませんか?

えー・・私、そんなの食べないんだけど><
えー・・・私、それ好きじゃないんだけれど><
もーーー、いつもいらないって言っているのに><

・・・本当に、お母さんは私のこと知らないんだな。
私のことなんて、どうでもいいんじゃないかな。

もちろん、頭では「子供のために」と用意してくれたのはわかるのだけれど
正直なところ「押し付けがましいな」なんて感じることもね、あると思うのです。

感謝はとってもしているけれど、うーん・・なんだかな。

私も母に対して、そんなことを思うことが度々あったのですけどね
今回の「なます」はね、今まで以上に
素直に「うわーーーありがたいーーー」って思ったのです。

そうかー。私のために用意してくれたんだなぁ。
愛だなぁ、ありがとう。

そしてこんなことも思ったんです。

「そういえば、私、お母さんに
自分から”これが欲しい”とか、ほとんど言ってないのでは・・・?」

たとえば、愛する人に何かをしてあげたいと思う気持ちは愛情だけれど
いったいなにをしたら相手が喜ぶのかって、なかなか難しかったりしますよね。

もちろんね、察して相手の欲しいものを当てられたらいいのですが
ヒントが少ない中で正解を叩き出すというのは、難しいところだったりします。

私自身、誰かにプレゼントを渡す時、すごく悩みますもんね><

「これが欲しいんだよね」って相手から情報があれば、楽なんですけど。

そうやっていろいろ考えた結果、
わからないなーとおもったとき、私たちはどうするか?

だいたいは、こんな感じじゃないでしょうか?

「自分がもらって嬉しいもの」を相手にプレゼントする

仲間内では「お中元理論」なんて言ってたりしますが(笑)
お中元に贈る商品って「自分が贈られた時に嬉しいもの・困らないもの」を選ぶことが多いんですよね。

たとえば、洗濯洗剤をもらえるとありがたいなぁと思う人は、洗濯洗剤詰め合わせセットを贈る。
毎朝コーヒーを飲む人だったら、インタントコーヒーセット。
クッキーやマドレーヌが好きな方だったら、お菓子詰め合わせセット。

私が贈る側でも、同じことをするかなーと思うのです。

でも・・あんまり欲しくないものばかりもらっても
そこまで、ありがたさを感じられないのも、人間ですね・・・・^^;

もちろん気持ちは嬉しい。
でもねー・・できれば、欲しいものがもらえたら嬉しいなー・・・。
もっと、優しくできちゃうのになぁー・・・。

私は、母に対してあまり「これが欲しい」とお願いしない人だったので^^;
母が愛を注ぎたいと感じた時に、このお中元理論が働いていたのだと思います。

そして気持ちがすれ違った分、私は
「私が欲しいものはこれじゃない!」って内心怒っていたのでしょうね。

どうしてわかってくれないの〜〜〜?って。

「お願い上手は愛され上手ですよ」と
カウンセリングを学び始めたころに先輩に言われた言葉が
また改めて腑に落ちた、そんなお正月でした^^

さてさて〜。

例えば夫や彼との関係。
お友達との関係において、自分の欲しいものちゃんと口に出していますか??

「私の欲しいものをくれない!」
「私は愛されていないのかな・・」

と思う時には、「私、ちゃんと言葉にして伝えているかな?」と
ちょっとチェックしてみてくださいね。

これ、無意識にやっちゃっているクセのようなものだったりもしますから
自分を責めずにね、ちょっと振り返っていただくといいかなぁと思います。

また「いやいや、私はちゃんと伝えています!それなのにやってくれないんです!」という場合。
相手が聞く耳を持ってくれないんです!という場合は

なんで分からないの?!とか
そのぐらいして当然でしょ?!とか
どうせ今回も聞く耳がないんでしょ!などなど・・

「怒り」でコミュニケーション、していませんでしょうか?
抽象的な言葉で、伝えていませんでしょうか?

お願い下手で言い出せなかったり
察してもらえるのが愛情でしょって思っちゃってたり

・・いままで相手にやってもらったこと
相手なりの愛情を、全否定しちゃっていませんでしたか?^^;

・・・・・

ああーーー、心当たりがあります><という方はね
怒りでぶつけたくなる気持ちには理由があると思いますから
お気軽にカウンセリングをご活用していただけたらと思いますよ。

夫婦をはじめパートナーシップって距離が近い分^^;いろいろありますから。
そうなっちゃうにも、あなたなりの思いがあると思うのです。

修復を試みたいのであれば、まず自分の心を整えて。
やれることから取り組んでいきましょう。

ちなみに、改めて感謝の気持ちが沸いた服部はですね
最近購入し、超気に入っている「ヘッドマッサージャー」を母にプレゼントしようと試み
母に尋ねたところ「・・それはいらないかなー」とやんわり断られ(笑)
気に入ってもらえるものをプレゼントするのは難しいものだなぁと実感した今日この頃です。

たとえ親子であっても、気持ちを通じ合わせるのは難しいもの。
大切にしたい相手にこそ、お互いの気持ちを言葉で伝え合えたらいいですね。

なますの話から大きくなりましたが〜
参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
「言わなくても分かるでしょ?!」VS「言ってくれなきゃ分からないよ!」の奥にある愛に気付く 男女の関係や親子間でよく勃発する問題の一つに「言わなくても分かるでしょ」VS「言ってくれなきゃ分からないよ!」問題があると思うのです。 たとえば、家に帰ってから...

 \過去の「今日の一言メッセージ」はこちら♪/
バナー2

お申し込み、締め切りました。

開催日時: 2022年8月6日(土)10:00~18:00
開催テーマ:『心の荷物をおろして、軽やかに幸せに生きる

講師: 服部希美
ゲストカウンセラー:池尾千里新城謙吾
開催場所: カウンセリングサービス Zoomミーティング
価格: 18,700円(税込)

オンライン(Zoom)でのワークショップですので、お好みの場所からご参加いただけます!

※お申し込みと事前決済は、8/5(金)15時で受付を終了いたします。
参加をご希望の方は、お申し込みと事前決済の両方を期間中にお手続きくださいませ。

◇オンラインワークショップへの参加手順について
詳しくは >>>こちら のご案内をご確認くださいませ。

目次
閉じる