恋愛のお悩み

別れた彼が忘れられなくて、次の恋愛に進めない‥そんなときに、自分にかけてあげたい言葉。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス、服部希美です。

今日は「失恋からの回復プロセス」について
debby-hudson-556543-unsplash

大好きだった彼と
お別れすることになってしまった。

そんなとき、どんな別れ方になろうとも・・・
悲しい気も日なってしまうのは、仕方がないことですよね。

ご飯がのどを通らなくなったり
ふとした瞬間に、涙が出てきたり
仕事に集中できなくなっちゃったり・・。

そんな中、
人を愛したい人ほど

「元カレのことは忘れて
はやく次の恋愛に行きたい!!」

って願うモノ、なのかもしれませんね。

でも・・・

お別れしてもう何年も経っているのに「忘れられない」

もう、過ぎたことなんだって分かっているし、
元彼も前を向いて進んでいる。

でも・いまだに涙が出てきちゃう。

なんか次に行く気になれない、
でもこのままじゃだめだよね・・。

そんな風に、長く引きずってしまう失恋も、あったりします。

恋愛 悩み

こんなときには、
「忘れよう」「忘れよう」としても
なかなかうまくいかなかったりするのですね・・。

というのも、長く引きずってしまう場合

「忘れたくない」という気持ちも、
一緒に眠っていたりするから。なんです。

あの人のことが、大好きだった。
ずっと愛するって決めていたのに。

「この恋愛を忘れて、次に行ってしまうだなんて
違う人と幸せになりたいって思うだなんて。
・・・なんて私は薄情者なんだろう」

忘れなきゃ
次に行かなきゃ

そんな思いの裏側に
こんな思いが眠っていることって多いのですよ。

恋愛 心理

きっとそれだけ・・・
大事な恋愛だったということだと思うのです。

いろんなことがあって
それは、かけがえのないもので
本当は失くしたくなかったもの。

それなのに、私は
忘れてしまっていいのだろうか。

誠実な方であればあるほど・・
感じてしまうモノ、なのかもしれませんね。

こういう場合は
こんな風に自分に言ってあげるといいかもしれません。

「忘れたくないんだね」

「もう、充分よくやったよ」
「もう、忘れてもいいんだよ」
「次に行っても、いいんだよ」

「それで、いいんだよ」

忘れていくこと、上書きされていくことは
けして悪いことではありません


忘れる、と言っても
大好きだった人フォルダに
うつしてあげる、ということであり
なくなるわけではありませんしね!


あなたが一生懸命、人を愛した経験を活かして
幸せに生きていくためには
ちゃんと「忘れていく」ことも大事なこと

いっぱい泣いて、
いっぱい悔しがって・・

もう一度、誰かを好きになることを
もう一度、人を愛することの喜びを・・
楽しめるようになれたらいいですね

応援しています!
参考になれば幸いです。

バナー2

 過去の「今日の一言メッセージ」は上の画像をタップ☆

面談カウンセリングのご案内

鶴舞駅徒歩5分の「弊社カウンセリングルーム」にて
対面式のカウンセリングをご提供しています。

また、月に一回東京地区にも
出張カウンセリングを行っております。

最新のカウンセリングスケジュールはこちら
 ご予約方法     

IMG_1182 - コピー
お部屋は完全個室です。
周りを気にせず安心してお話しいただけますよ~。

名古屋(鶴舞)カウンセリング

6月18日(火)22日(土)23日(日)

6月29,30日(土日)
(名古屋ルームアクセス・地図)  

東京出張カウンセリング(駒場)
 
6月14~16日(金土日)
→ (東京ルームアクセス・地図)  

▼▼カウンセリング予約センター▼▼

<img class="pict" hspace="5" alt="cs_logo_b (1)" border="0" height="67" width="300" src
=”https://www.hattori-nozomi.jp/wp-content/uploads/b5e2061a.png”>     
・電話番号:06-6190-5131 
・営業時間:12:00~20:30 
・定休日:月曜(月祝の場合は翌火曜)、他

カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

■ カウンセリングメニュー   

■ ご予約方法     

お客さまの声   

服部の略歴    

■ メディア関係者さま宛てのご案内   

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ