MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

愛されるための行動よりも、自分の愛を選択してみる

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は一言メッセージを更新です。

対人関係に悩みに悩んでいた時、私は

「どうしたら、この人たちに
愛してもらえる自分になれるだろう」

そんな風に感じていたように思います。

そしてそんな自分って、
なんてなんて、依存的なんだろう、と思い、
そんな自分のことがホトホト嫌いでした。

人から愛してもらいたいから、
気に入ってもらいたいから、
誉めてもらいたいから、がんばる・・なんて
自分のことばっかりしか、愛してないじゃん。

そんな風に
激しく自分を責めていた時もありました。

でも・・・
いろいろなアプローチで
自分のことを癒していく過程で気づいた、
「私の本当の気持ち」は、とてもシンプルだったんです。

結局のところ・・そのぐらい
あの人ことが好きなんだ、ということ。

恋愛でも、友人関係でも、なんでもそうなのですが

「私はあなたが好き」という真実に
「私には価値がない」という誤解がくっつくと
「愛されること」に必死になってしまいがちですよね。

「きっと私は嫌われる」
「私なんて、どうせ」
「ここにいたら、迷惑になる」

そんな風に怖くて縮こまって・・

「愛されるために、なにかをしなきゃ」
「どうして愛してくれないの?」

ってしがみついてしまったりもしますね。

そんなときには、
「私は、あなたのことが好き。」
ただシンプルに、ここに戻ってみましょう。

それだけでも、自分から出ているエネルギーが変わり
関係性が変わってくることが多いですよ^^

うまくいっていない関係性の中で
「本当は私はあの人のことが好きなんだ」と認めることは
人によっては惨めさや負けた感が出てきて、素直になれない場合も多いです。

そんなときには、一度、
心の整理をしてみるといいかもしれませんね。

認められなかったことを認めるということは、
自分の人生の行き詰まりを作っている壁を突破する、ということでもあります。

あの人との関係だけでなく
人生を大きく変えるきっかけに、なるかもしれませんよ^^

どうぞ、カウンセリングもお気軽にご活用くださいね。

応援していますよ!

参考になれば幸いです。

目次
閉じる