こんな彼に惹かれてしまいます

「頼まれると断れない」心理の裏側~完全無欠のヒーローの心理~

「頼まれごとを断れない」

ひとりは寂しいなって、思うけれど
人と一緒にいるよりも、ひとりのほうがラクだって感じちゃうんです。

そんなご相談の中で、けっこう出てくる、このパターン。

みなさんは、ちゃんと「断れますか?」

publicdomainq-0007157pfq

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、先日アメブロ「恋と仕事の心理学」にて公開しました

「頼まれると断れない」心理の裏側~完全無欠のヒーローの心理~
をこちらでも公開いたしますね~。

かくいう私も「断れない人」でした・・というより

自分がやりたくて「断ってない」のか、
それとも、本当は苦しいのに「断れない」のか?

の区別すらついていなかったタイプなので
もうすこし、重症。だったかもしれませんね~。

そんな私でも、
最近は「私がやりたいもの、を選べる」ようになってまいりましたよ^^

参考になれば幸いです!



*****

 
最近、なんだかお疲れ気味だから、
明日のためにも今日は早く帰って、お家でのんびりしよう~

そんなことを考えながら、お仕事をしているとき、
上司から、残業をして仕事を手伝ってくれないか?と頼まれた。

よくよく聞いてみると、

同じ課のAちゃんにも頼んだらしいけれど、
「今日は予定があるから無理です!」と断られてしまったらしい

 
う~ん・・・

体力や時間に余裕があるときだったら
引き受けてあげてもいいんだけど・・

正直、私の心も体も、限界

少しでも早く帰って、寝たい!!

 

こんなとき。
ちゃんと「自分のために」断れますか?

 

これを断ったら、
上司は困っちゃうんだろうな・・とか。

私が引き受けなかったら、
違う人が苦しんじゃうかも・・とか。

これを断ったら、嫌われちゃうんじゃないかな?

信頼してもらえなくなっちゃうんじゃないか?

 
そんなことをぐるぐると考えて
断るタイミングを逃してしまう。

 
結果、自分の本来の仕事にまで手が回らなくなり
とても苦しい思いを引き受けてしまう。

そんな方って少なくないと思うのですね。

 

こういうときって、

「ちゃんと断ったほうが、お互いのためだよね」とか。
「NOを言うのは、風通しの良い関係をつくるための、大切な要素」とか。
「お互い様」とか。

 「こんなことぐらいで、嫌われない・・だろうな」

このぐらいのことは
「頭では」分かっていると思うのですよ。

 ・・・「頭では」。

 

正直なところ・・

「それは分かっているけれど、怖くて断れない!」

というのが、
「断れない」パターンをお持ちの方の苦しさ、だと思うのですね。
****

 

実は「断れない」という心理の裏側には
人を「助けてあげなきゃ!」「守ってあげなきゃ!」という強い思いがあります。

例えるなら、
世界の平和を守る、正義のヒーローの心理なんです。

 
東に困った人がいれば、
たとえ、ご飯を食べている最中でも、瞬時に駆けつけ~

西にトラブルが発生すれば、
どんなに疲れていても、一手に引き受け~

嫌な顔ひとつせず、みんなのために頑張るっ!!!

 

アニメや漫画、テレビで出てくるような

そんな「完全無欠のヒーロー」になって、人を助けてあげなきゃ!
という心理が根っこにあることが多いんですね。

 

 ヒーローでいなければならない、と思っていたら
「お願~い!助けて~~!」って人から頼まれちゃったら・・断れませんよね。

だって、ヒーローは「人を助けてこそ」のヒーローですから。

 
でも、現実問題。
私たちは「完全無欠のヒーロー」ではなくて「人間」なわけです。

出来ることもあれば、出来ないこともある。

情けないところもあれば、案外良いところもある。

お腹も空くし、疲れるし、落ち込むときもある。

 
・・・そんな「人間」なんですよね。

 

そして、それは本来

「頼む側」も「助ける側」も、
「時間も体力も有限な、普通の人間」であり、対等なはず、
なんですよね。

だからこそ、お互いに助け合い、
良い関係が築けるわけなのですが、
「ヒーロー」でいなきゃ!と思っていると、対等さがなくなっていくんです。

 

自分のことは自分でやるのは当たり前。だって、私はヒーローですから。
人のことを、守って当たり前。だって、私はヒーローですから。
人の怒りを引き受けても当たり前。だって、みんなを守るヒーローですから。

 

・・・うーん、文字にするとインパクトがすごいですね(笑)

でも、このタイプの方って、
知らず知らず、これが「当たり前」だったりするんですよね。

 

そしてですね~~

日々の生活の中で、こんなプレッシャーを感じながら生きているってだけでも
とってもしんどそうなのですが、実は、これだけに留まらないんです。

 

「心」には、

自分が自分を扱うように、
人も自分を扱うようになるという法則
がありますから

そのうち、周りもあなたのことを
「完全無欠のヒーロー扱い」するようになっちゃうんですよ~↓↓

 

 助けてくれて、当たり前でしょう?だって、あなたはヒーローなんだから。

このぐらいのこと、ヒーローなら大丈夫だよね。

私たちには出来ないわよ~だって、私たちはヒーローのあなたと違って人間だから!

 
双方に悪気はないのですが、(←ここ重要☆)
上下関係が出来ちゃうんですね。

 

8514764635_fc68168b44_b

そうすると、いつの間にやら自分(ヒーロー)だけが、
いろんなことを押し付けられて苦しんでいる、と感じやすくなったり

周りの人も、だんだんお礼も言わなくなり・・・
やってもらって当たり前、
みたいな状況になってしまうことも少なくないんです。

 
これって、ぜんぜん対等じゃないですよね^^;

 
ですから「ヒーローとして助ける」(断れない)ことをやっていると、
「なんだか、やってられない」という気持ちに陥ることが多いのです。

 
***

もちろん、誰かのお役に立ちたい、という気持ちや、
できる範囲で助けてあげる、ということは素晴らしい事なんです!!

断れないパターンをお持ちの方って、

とっても細やかに人の気持ちに気づくことが出来る、
繊細な優しさを持っていらっしゃいますし、

周りの人のことを本当に大切に思う、愛の深い人ばかりなのです。

 
世界の平和を心から願う、
心優しき、がんばり屋さんばかりなのです。

 

だからこそ、私が「完全無欠のヒーロー」になってみんなを助けなきゃ!って
思ってしまうわけなのですが。

 
本当に支えあえる関係性を築くためには
「私がヒーローになって」「人間」を助けるのではなく
私も「人間」に戻って「助け合う」・・・
つまり、ちゃんと「私も断る」ことがとても大切なのですね。

 

*****

 

ですからね。

最初はちょっと勇気がいるかもしれませんが、
カンタンなことから「断る」練習をしていきましょう!

 

実際に、無理な頼まれごとをされたときには、

ちょこっとだけ「私、ヒーローになろうとしてないかな~?」って
自分に問いかけてみてください。
もし無理して引き受けてしまったときには、

「私、またヒーローに変身しちゃったんだな~」
「ちゃんと生身の人間に戻ろう(笑)」って思ってみてください。

 

都度、自分で気づくことが出来れば、
少しづつ、断ることに抵抗が少なくなってきますからね。

 
****

 

ちなみに、この「ヒーローとして、人を助けなければならない」という心理は
「私はかつて、誰にも守ってもらえなかった」という悲しみが、眠っていることが多いです。

 

だから私は、自分を犠牲にしてもみんなを守る。
そんな風に心に決めちゃっている方も、多いのです。

 

ですからね

 「わかっちゃいるけど、ヒーローであることを、手放せない!」って

強い抵抗感が出てきちゃう場合は、
この根本の部分から、アプローチしてあげると良いと思いますよ!

まずは、自分の本音に寄り添ってあげることからスタートしてみてください。

カウンセリングもご利用くださいね。

 
世界の平和を願う、心優しいあなたの
お力になれたら嬉しいです。

*****

心理学講座開催のお知らせ

ANJIMG_7701_TP_V

私たちは日々、無意識に
「役割」を担っていると心理学では考えられています。

そうやって、人との関係性の中で
バランスをとったり、助け合ったりしているのですが

この「役割」が、
望まない問題を引き起こしてしまうことがあるんですね。

とくに「生まれ育った家族」のなかで
私たちは全員5つの役割から、無意識に役割を担い、

家族を助けると言われているんです。
その「家族の役割」が、

社会や職場・友人などの対人関係、
恋愛関係などにも引き継がれ・・・

さらに、自分が作る新しい家族でも
再現されてしまうことが多いといわれています。

役割を演じている状態では
周りを助ける代わりに、自分が問題を引き受けてしまうことが多いのですが

実は、この役割の影には
本来のその人に備わっている「愛」や「才能」が隠れているんですよ!

家族の役割、という視点を通して

あなたの本当に持っている才能を解放し、
本当に欲しい幸せに向かっていきましょう~

K-1GP2017_2

↑↑上の画像をクリックすると、特設ページに飛びます!

明日は、母校であるカウンセラー養成スクールの
カウンセリング講座で「家族の役割」という講座を開催させていただきます!

この視点を心理カウンセラーが

「カウンセリングを通して、どういう風に活用していくのか?」
「カウンセラー自身が、自分の才能として活用していく方法」などなど・・

お話できたら・・・良いなと思っておりますが、
どうなることかは、当日のお楽しみに

心理カウンセラーとして活動したい方向けの、
ちょっと難しいお話も多いと思いますが、

ご興味のある方は、どうぞ、聞きにいらしてくださいね。

お申し込み方法など、詳しいことは
上の画像から、特設ページをご覧くださいね

お待ちしております!

◆今後の服部の担当講座

・18/05/30(水) <span style="font-size: 16px; text-decoration-line: underline; mar
gin: 0px; padding: 0px; border: 0px; outline: 0px; vertical-align: baseline; background: 0px 0px; color: rgb(6, 6, 5); font-family: "ms pゴシック", "ms pgothic", "ヒラギノ角ゴ pro w3", "hiragino kaku gothic pro", osaka, sans-serif;”>カウンセリング講座『【基礎講座』家族の役割』
・18/07/26(木) カウンセリング講座『【基礎講座】投影』
・18/09/26(水) カウンセリング講座『【基礎講座】補償行為』

*面談カウンセリングのご案内*

名古屋・鶴舞駅徒歩5分の弊社カウンセリングルームにて
対面式のカウンセリングをご提供しています。

また、月に一回東京地区にも出張カウンセリングを行っております。

IMG_1182 - コピー

◇直近の面談カウンセリングのご案内◇

<名古屋・鶴舞>
6月1日、6月3、4日(金、日月)

6月7・8日(木金)
6月12日(火)


<東京出張>

6月23日(土)24日(日)残り枠少なくなってまいりました~。


☆名古屋(鶴舞)カウンセリング
(名古屋ルームアクセス・地図)  

◆東京出張カウンセリング(駒場) 
→ (東京ルームアクセス・地図)  

▼▼カウンセリング予約センター▼▼

cs_logo_b (1)     
・電話番号:06-6190-5131 
・営業時間:12:00~20:30 
・定休日:月曜(月祝の場合は翌火曜)、他

カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

■ カウンセリングメニュー   

■ ご予約方法     

お客さまの声   

服部の略歴    

■ メディア関係者さま宛てのご案内   

*******   

<服部の講演が音源になりました>
服部希美 音源配信

心優しきがんばり屋さんが、大切な人と幸せに生きるコツ

<取材協力> 

■小学館Menjoy!にてインタビュー 
「父親が嫌いだった女性」の心理と恋愛へ与える影響は?
心理カウンセラーに聞く
  

恋愛に深刻な影響も!? 
心理カウンセラーに聞く「父親嫌い」の克服法4つ
   

■読売テレビ「かんさいネットten!」VTR出演   
夏の風物詩 花火のカラクリ  


ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ