MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

マンネリを感じた時には、自分のオーラを変えてみる〜変化を起こし、たくさんの自分と出会おう〜

私たちは、自分の一部分だけを見て
「私ってこういう人」と限定してしまいますが、
実は人間は多面体。自分の中には、いろいろな一面を持った自分がいるのです。

自分を限定してしまうのは、あなたの魅力や楽しみを封じてしまうようなもの。
まるで洋服を着替えるかのように、いろいろな自分を楽しんでいくことで、
パートナーシップのマンネリを解消していくことができるかも知れませんよ?

今日は「パートナーシップのマンネリを、あなたのオーラ(雰囲気)を変えることで解消する方法」をご紹介します。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 心理カウンセラー服部希美です。

たとえば、長くお付き合いしている中で
悪くはないのだけれど、つまらないな・・そんな停滞している感覚を感じることがあるかと思います。

結婚して、出産して、子供ができて・・そんなライフスタイルの変化があり、
夫婦間で新鮮さを保てているケースもあると思うのですが、
そういった人生でも大きな変化を、いつでも起こせるわけでもありませんよね^^;

といって、外に刺激を求めに行った結果
浮気やハードワークなどの問題になってしまうのも、考えもの。

こういうときには、あなた自身の「オーラ」を変えてみるのも一つの手かもしれません。

目次

どうしてマンネリが起きるのか?

今回は、オーラと表現しましたが
掴みにくい方は「醸し出す雰囲気」とか、
周りに与える影響と置き換えていただけると良いかなと思うのですが

この、オーラがずっと「同じもの」であり続けているとき、2人の間に「マンネリ」というものが出てきたりします。

なんとなく、こういうときには、こういう反応をするんだろうなー。
きっと、こういうことを考えるんだろうな。ああ、やっぱり。

全てを知っているわけでは、もちろんないはずなのですが
「きっとこういう人だよね」とお互いに見切っている、
そんな状態になってしまうと「つまらなさ」を感じてしまうことが多いようなのです。

ということは、
あなたが周りに与える影響を、ちょっと変化させたりして
2人の間に新鮮さを与えてあげることができれば

相手を変えなくても、外に求めなくても、2人の間にまたロマンスがやってくることも多いのですね。

オーラを変えるポイントは「変化」

では、どうやってオーラを変えていくか。
オーラを変えていく方法を、今日は「いろいろな自分と出会う」という視点からお伝えします。

心理学では、私たちはさまざまな自分を持っていると言われています。

たとえば、
夫の前でいるときの自分。
職場にいるときの自分。
ご近所さんと話している時の自分。

みんな、ちょっと違うと思うのですよね。

気分が良くて、明るい自分もいれば、
落ち込んで、世を恨んでいる自分もいるでしょうし、
優しくできるときもあれば、できないときもありますよね。

また、子供みたいな自分もいれば、
大人の落ち着きを持っている自分もいますし、
派手に遊びたい気分の時もあれば、じっくりと1人で本を読みたいときもあったりします。

場所に合わせても、自分って変わりますよね。

遊園地では、ワーワーはしゃぐけれど、
ホテルで優雅にランチを楽しんでいるときは、お淑やか。みたいな。

結婚式にお呼ばれして、ドレスを着て、みんなでシャンパンで乾杯!しているときと
行きつけの居酒屋でビールをいっぱい!くはー、うめーみたいなときって、違いません?
どっちがいいというわけではなく、どちらも楽しみがあるわけです。

(私はお酒が飲めないので、行きつけの居酒屋で一杯!は憧れです笑)

私たちは、自分の一部分だけをみて
「私はこういう人」だとか判断してしまいがちだったり
いつも同じように感じたり接しなければいけない、一貫性がないダメな奴だ、と感じやすいですが

実は、人間は多面体!

自分の中にはたくさ〜んの自分がいて
そのときどきで、コロコロ使い分けていたりするのです。

まるで洋服を楽しむかのように、いろんな自分に出会い、楽しもう

この「まるで洋服を楽しむかのように、いろんな自分に出会い、楽しむこと」

ここにオーラを変化させるヒントがあるのかなと、服部は思うのです。

そのためには「行動を変えること」が大切です。

最近、新しいことにチャレンジしていますか?

同じ服で、同じルートで、同じ人ばかりに会って、同じことばかりしていませんか〜?

変えると言っても、ほんのちょっとでも良いのです。

たとえば、
いつも同じような色の服ばかりであるならば
すこし、冒険した色を買ってみる。

長年使ってくたびれてきた通勤バッグを新調してみる。

いつも自炊ばかりなのであれば、すこし外食もしてみる。

食べたことがない食材にチャレンジしてみる。

いつもよりも、1時間早く起きてみる。

パートナーと、普段、腕や手をつながないカップルであれば、ちょっと組んでみる。

いつもパートナーに運転してもらうのであれば、運転してあげる。

いつも一緒に行動ばかりしているのであれば、
すこし、個人行動する時間を作ってみる。など。

こうやって「いままで出会ったことがない自分」と、出会ってみる。

ちょっと恥ずかしかったり「効率悪いな」と思うこともあると思いますが、
あえて、変えてみる。あえて、違うことをしてみるのです。

そうやってあなたが、新鮮なあなたと出会い、楽しんだ分だけ
あなたから醸し出されるオーラにも変化が現れます。

すると、その変化がパートナーにも伝わり
パートナーも、あなたの変化に心が動かされたり
あなたに対する反応が変わって、2人の良い刺激になるなんてことも、少なくないようですよ。

ちなみに、あるクライアントさまご夫婦の例(許可をいただいています)ですが

その奥様は普段、あまりスカートを履かない方だったらしいのですよね。

なんか、恥ずかしいというか。柄じゃないというか。
で、そのときにご提案させていただいたのです。

「スカートといっても、ふわふわ甘めのものばかりじゃなく
スポーティだったり、落ち着いた色合いのものもありますよー。
ためしに、一着、買ってきてみるのはいかがでしょう?」

そして、その奥様は「このぐらいならいいかな」と思うようなスカートを購入し
旦那さんと一緒にお買い物に出かける際に、着てみたらしいのです。

「最初は、ソワソワして落ち着かないなぁと思っていたし
夫も、あんまり反応があるような、ないような感じだし、これって意味があるのかなーと思っていたのですが・・
お買い物をしている時に、夫が率先して”荷物を持つよ”って言ってくれたんですよね。
そういえば夫って、付き合っている時には、荷物を持ってくれてたんですよ。
そういうところがスマートでかっこいいなって思っていたことを思い出しました。
なんか、嬉しかったです。」

夫が「スカート、かわいいね」と伝えてくれたら、もっと嬉しかったりもするのですけど(笑)

なんておっしゃっていましたが、こういった小さな変化でも、心持ちってけっこう変わったりするのですよね。

ついつい、マンネリしているとき
相手に「私を楽しませなさいよ!」と思ってしまいがちですが、
マンネリしているときには、自分が変化が求められているときでもあるみたいですよ。

いろいろな自分と出会い、いろいろなパートナーと出会い
どうぞ、2人の関係も楽しんでみてくださいね。

よかったらお試しください。

どうして私がしてあげなきゃいけないわけ?!そんなふうに思っている時には、相手に怒りがあるのかも

とはいえ、パートナーシップ間って
いろいろなことがありますから

関係がマンネリ化した理由が「2人に変化がないから」という場合ばかりではないかと思います。

「ああ、この人はもう変わらないのね。はいはい。我慢しておけばいいんでしょ(怒)」って

おおらかになるというよりは、
怒りで、精神的にパートナーを切り離して「冷え切ってしまっている」

「お互いに、干渉しあわないようにしましょ。その方が喧嘩しなくて済むでしょ」

そんな場合には「見た目」や「雰囲気」よりも
「感情面でのコミュニケーション」(あ、怒りをぶつけようということではないですよ!)が不足している場合が多いです。

こういう場合は、まず、自分の心と向き合って、ケアするところから始めるといいかもしれませんね。

カウンセリングもお気軽にどうぞ。

参考になれば幸いです。

直近の面談カウンセリングスケジュール

GWのカウンセリングも受付中です!

名古屋(鶴舞)Orオンライン
4月27〜29日(土日月祝)
(28日は残り1枠です)

オンラインのみ
5月23日(火)

東京(駒場)出張Orオンライン
東京ルームまでの道のり
5月24日(金)〜26日(日)

*当日のご予約は予約センターのみの受付です。
WEB予約をご利用の方は、カウンセリング前日20時30分までにご予約くださいませ。

詳しいスケジュールと、ご予約方法はこちら

365日24時間受付中!WEB予約ページはこちら
  • URLをコピーしました!
目次