MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

どうして「同じようなタイプ(苦手)」ばかり、近寄ってきやすいの?

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

いつもお読みくださり、本当にありがとうございます!

さてさて、今日は恋愛だけではなく
対人関係全般におけるこのパターン。

「どうして似たようなタイプばかり、寄ってくるのか?」

について、書いてみたいと思います。

たとえば、場所や人が変わっても
「かまってちゃん」な人が寄って来やすい、とか。

逆に、「ありがたいんだけど、ちょっと迷惑^^;」な
おせっかいさんに、世話を焼かれやすい、
とか。

好みの異性からは、振り向いてもらえず
好きになってくれるのは、タイプじゃない男性ばかり
、とか。

気に入ってもらえるのはありがたいんだけれど、
自分としては「うーん」と思うタイプが
なぜか、寄って来やすい。

そういう方って、いらっしゃると思うんです。

こういうときって、相手の問題もあるのですけどね
無意識に自分が「そういうタイプが好きそうな行動や雰囲気をかもし出している」ことって多いんですよ。

とはいえ「そんなあなたが悪いのですよ」とお伝えしたいわけではなくてですねー。

引き寄せている、という視点で見るならば
発信源や、核は「自分」であるわけですから打つ手が出てくるよ、ということなのですよね。

たとえば・・・

「この人だったら、なんでも受け入れてくれそう」

そんな風に、周りが見て感じるような行動や雰囲気があると、
怖がりさんでも近寄っていきやすいですよね。

私が悪い態度をしたって、攻撃してこないだろう。

そんなふうにみられているとしたら、必然的に依存されやすくなりますよね。
頼られやすくもなります。

また、自分に自信がなくて
「人目ばかりを気にして、ビクビクしていると」
おせっかいさんタイプが、寄ってきやすくなります。

「この人のお役に立てそう!」って、相手が感じちゃうわけです。

それ自体が、いいとか悪いとかではなくてね

実は私たちの心は、無意識に
対人関係でバランスを取っているよ、ということなんですよね。

パズルのピースのように、

自分のひっこんでいるところと、
相手の出っ張っているところ。

相手の引っ込んでいるところと、
自分の出っ張っているところ。

で、くっつこうとする性質があるんです。

もちろん、ケースバイケースですけどもねー。

対人関係は「お互いにどう感じているか」がポイントなので、

当人同士が居心地がよければ、それでまったく問題はないのですが、

周りの人から求められていることと、自分の気持ちとずれている場合や、

人付き合いにおける犠牲が当たり前になっていて、
なんだかしんどくなってきちゃったときには、

「自分を見直す時期」なのかもしれませんね。

こういうとき

「相手に対して、何かアクションを起こす」

というのも、手ではあるのですが、
まずは「自分の内面」を整えるといいとおもますよ♪

あなたが、本当の自分に気づき
どんどんあなたらしさを解放していくことが出来ると
必然的に、かもし出す雰囲気や相手への関わり方も変わってきます。

そうすると、バランスが変わってくるので
対人関係が変化してくることが多いですからね。

感じ方が変わると、行動が変わる。
行動が変わると、現実が変わる、ってやつです!

あなたは、自分の気持ちに素直に、毎日を過ごせていますか~?

窮屈さ、感じながら生きていませんか?

一度振り返ってみてくださいね。

参考になれば幸いです。

目次
閉じる