MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

なんでもいいから仕事をください、では仕事が決まりにくい理由

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

私は声優になるという夢に挫折したという経歴を持つ
異色の心理カウンセラーなのですが

そういう経緯もあってか

「好きを仕事にしたい」とか「自分らしく働きたい」とか
「やっている仕事を軌道に乗せたい」とか

お仕事に対するご相談をいただくことも、多いんですよね。

で、そういうお話をお伺いするとね
ついつい、腕まくりしちゃうわけなのですよ!

お役に立てたら嬉しいなーって思うのですよね〜。

というのも、私、声優を目指していた頃
こういう迷いが出てきた時、誰にも相談せずに乗り越えようとしちゃったんですよ。

今から考えると、成功している先輩に相談したらよかったなーと思うのです。

でもね、勇気が出なかったんですよね^^;

迷うこと、不安に感じると言うことは
それほどやりたいことじゃないんだろう、って思われるんじゃないか?とか
「そのぐらいできないなら、やめとけば」って言われそうだなとかねー。

でもね、今なら思うのです。
相談できる人って、ある意味、強い!

ひとりでやれることって、やっぱり限界がありますから。

ですから余計に思うわけですね。
カウンセリングを受けてくださる方のお役に立てたらいいなって。

で、ここからが本題ですが。

自分のやりたいことで生きていくという過程において
「自信がなくなっちゃうこと」って多いですよね。

「これでいいのかな」
「このまま、うまくいかないんじゃないかな」

ステージが上がる前、大きな成功や、生き方が変わる前に
「ああ、またいらっしゃいましたか」とやってくるといいますか。

たとえば周りからの声に不安になる。
あなたがこんなことがしたいなと思った時に、必ず出てくる周囲の声ってありますよね。

「そんなこと、できるわけないじゃん」
「その年でそんなこと考えてるの?」
「現実を見なよ」

「あとで、後悔するよ」

たとえば、何かしらの結果。

「面接に落ち続けちゃう」
「いい求人が見つからない」
「自分の作品がなかなか評価されない」

うんうん。自信、なくなっちゃいますよね^^;

それはね、当然のことだと思います。
そう思っちゃうのも無理はないのです。

落ち込むのも当然です。


でもね、こういうときにね
「どう考えるか」「どう捉えるか」で、随分と違ってくるのかなと思うのです。

たとえば、こんなふうに考えちゃうことって、多くないですか?

「ハードル、下げた方がいいんじゃない?」

もう、なんでもいいじゃん。お金が稼げるなら。
どうせ私には、このぐらいのことしかできないんだから。


もちろんね、いい意味の開き直りの場合もあるのですよ。
自分に対する期待を手放したことで自分に対するプレッシャーが減る、そういうことも多々あります。

でもね、その方向性でうまくいっていないとしたら。
現実の行動に起こせていないとしたら。

あなたの中に「本当はやりたいことがある」のに、
自分の本音に嘘をついちゃっている状態にあるのかな?と思うのですね。

自分で自分の価値を下げてしまっている、といいますか。

「なんでもいいから仕事ください」

こういうケースの場合、
このやり方では、お仕事が来にくくなったり
きても単価の低い仕事になりがちだったりします。

そして、なによりも・・やらされ感が出てしまいがちで、うんざりしやすいんです。


そしてね
例えば、あなたが婚活をしていて、お相手の男性から
「誰でもいいから結婚したいんですよねー」って言われたら、どうでしょう?

「自分のタイプの人は振り向いてくれないし」
「適齢期は逃しているし」
「でも、これからの生活のためには、結婚しておいた方がいいかなって思って」
「あなたには、そこまで期待もしていないんで。」

ここでなぜ、ちょっとチクッとしちゃうのか・・。
それは「私はあなたのお役に立てないんだな」って感じるからだと思うのです。

なかなかマッチングしにくいと思いませんか?


実はこれ、対人でも対会社、対お客様でも同じじゃないかな?と思うのですよー。

これは「気に入ってもらえるよう、嘘をつきましょう」とお伝えしたいわけではなくてね

そのぐらいに、あなたが自分の好きなことをする。
あなたが幸せになるって大事だよーということですね。

ここ、大きな違いですよね。


もちろん生活がひっ迫している時は
まず「なにかやってみる」ことが大切だったりもします。

動くって大事ですからね。

でももし、ちょっと余裕があるのであれば
うまくいかないときほど、ハードルを下げるのではなくて
あなたの中の「好き」を中心にしてみると、うまくいきやすくなるかと思いますよ。

「こんなことがしてみたい」
「こういう未来が欲しい」

きっとね、何かはあると思うのです。
だからこそ、迷ってしまうのだとも。

ちなみに、本当になんでもやるなら、その理由^^

「家族を養いたいから」でも
「経験が積みたいから」でも
「遊びに行くお金が欲しいから」でも
「社会に貢献したいから」でも
「自分を変えたいから」でも、なんでもいいです。

誰かに伝えなくてもいいけれど
いまからやろうとしていることは自分の幸せにつながる、という当事者意識を持つ。
これだけでも、いろんなことが違ってくるかなーと思いますよ〜。

自分を追い詰め苦しめるもの、になっていませんか???

ちなみにここにハマりやすい方は、自分より周りを優先しちゃう優しい方が多いです。

人がどう思うのか?
人から気にいられるために、何かをしなきゃ。

ここをベースに生きてきませんでしたか?

人を大事にすることは、スペシャリストなあなただからこそ
自分を取り戻し、自分も大事にして周りと幸せに生きられる道を探すこと。

ここって大事かなーと思うのですね。

よかったらカウンセリングもご活用いただけたらと思いますよ!


会社だってね、お客さんだってね(パートナーだってね^^)
あなたの幸せに一役買いたいのです^^

お仕事に使われちゃうのではなく、お仕事を自分の幸せのために使いましょう〜。

もちろんね、
「仕事」に対して、ものすごく強大な敵だというイメージがあることで
お仕事に対する苦手意識があって、ハードルが上がってしまっているというケースもありますし
過去の失敗から、怖れが出てしまっていることもあります。

自分を抑え込みすぎて、好きがわからなくなっちゃったと言う方もいらっしゃるかもしれませんね。


自分のことを大事に扱う。
やりたいなって思うこと、いっぱいやらせてあげる。
もうやりたくないって思うこと、やめさせてあげることも大事^^

あなたの欲しい幸せへのルートは、実は無限にありますからね。

応援していますね。
参考になれば幸いです。

<カウンセリングのご案内>

オンライン、名古屋、東京にて、対面のカウンセリングをご提供しております。

・好きなことをして生きていきたい。
・繰り返す悲しい恋愛パターンからの脱出
・恋と仕事の両立、などなど。

あなたのお話、お聞かせくださいね。

初回は無料でお使いいただけます、45分のお試し無料電話カウンセリングもご用意しております。
お気軽に服部のカウンセリングをお試しください。

最新の面談スケジュール
カウンセリングメニュー
服部の略歴
得意ジャンル
お客さまの声

カウンセリングのご予約・お問い合わせは・・

カウンセリング予約センター
・電話番号:06ー6190ー5131
・営業時間:12:00~20:30
・定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合火曜)、他

目次
閉じる