寂しさの心理学

人には慕われているんだけれど、なんだか「寂しさ」や「燃え尽き」を感じます

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は「寂しさ」の心理学。

あー、分かる分かる!って方と
えー!そんな風に感じる人がいるんだ!って方と
もしかすると、分かれるかもしれないお話です。
例えば、私たちが「寂しいな」って感じる時。

私は誰にも愛されてないという感覚があることが
寂しさの原因になっていることも多いんですけどね

実は、周りの人から愛されて
満たされ、幸せそうにみえる人が
ものすごく大きな寂しさを抱えていることって、多いんです。
 
自分を慕ってくれる人がいるのは
ありがたいなって思うし、みんなのことも、大切。
 
なのに、、
どこか「寂しい」「虚しい」「疲れちゃった」
 
そんなときには、
スッピンの自分に戻る時間が、
足りてないかもしれませんよ。
 

8514764635_fc68168b44_b
正直なところ
この社会において

ただただ感じたままに、生きていく。
というのは、ちょっぴり難しいのかもしれません。

状況や役割に
自分を合わせていかざるをえない。
そんなことも多いと思うんです。

たとえば、職場で「先輩」の立場であれば、
後輩やお客さんに見せる姿、というのは

すべてが「素」の状態ではないですよね。

だからといって、
別に、他人になっているわけでもなく

「先輩としてのあなた」も、
あなたのもっている「一面」ではあるのですが

・・・それでもですね。

ずっとずっと「状況」に合わせ続けたり
「役割」ばかりをやり続けてしまうと、

その状態が、自分の
当たり前の状態になってしまって

自分が本当に感じていることが、
分からなくなっちゃったりするんですね。

そうすると、

周りの人がいくら自分を評価してくれていても、
自分のことを言われているような気がしなかったり。

常に自分を無理させている状態なので

なんだか、しんどいな。
なんだか、寂しいな。

って感じやすくなっちゃうんです。

IMG_5258
こういうときには、

「スッピンの自分に戻る」時間を
作ってあげるといいと思いますよ。

何ものでもない自分に戻る、といいますか。

たとえば、
気楽にいられるお友達と話す時間を
意識をして確保する、とか。

大好きな本やゲームに没頭する時間を、
意識をして確保する、とか。

ゆっくりお風呂にはいる、とか。

マッサージに行くとか。

自分をリセットする時間を

ちょっと意識をして
確保する習慣をつけるといいんですね。

実は寂しさって、対人だけでなく
自分との関係でも出てくるもの、
なんです。

置いてけぼりになっている素の自分さんと
つながる時間が少ないと、

私たちは、どうしようもない「寂しさ」や、
燃え尽きを感じやすくなっちゃうんですね。

また、素の自分をちゃんと自覚しておくと

安心感を感じたり、
気力や情熱が回復しやすくなりますからね

良かったら、スッピンの自分とつながる時間。
日常に取り入れてみてください!

どんなことをしたらいいのか、
さっぱり分かりません><

という方は、

カウンセリングもオススメですよ!

今の立場や、状況を気にせず
自分のことを話したり、聞いてもらうことで

「スッピンの自分」に気づく
きっかけにもなりますからね~。

****

「役割」を使って、貢献することは、
とても素晴らしいことですし、
あなたの魅力や才能の一部です。

でも、何にも役割のない自分。

「すっぴんのあなた」も、大切なあなたです
ぜひぜひ、大切に扱ってあげてくださいね!

参考になれば幸いです!

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ