MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

なんだか毎日がむなしく感じるとき~「感情」を押さえ込む癖はありませんか?~

すごく、しんどいことがあるわけじゃないけれど、なんだか「むなしさ」を感じます。

こういうお悩みを抱えているとき、
お友達とかに、相談しにくかったりしませんか?

「別に、問題ないんならいいじゃないの?」って、自分でも思っちゃったり、、。

でもですね。 こんなときこそ、
あなたの心が あなた自身にSOSを出してくれてるかもしれませんよ?

kaboompics_Woman writing in her notebook

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は「むなしさ」を突破するアプローチについて。

むなしさ、無意味感、無感覚って
感じていても、ついつい、 ないがしろにしてしまいがちだと思うんですよね。
抱えていても、 日常生活、やってはいけたりしますから。

でも実は、 自分の心の状態を教えてくれる 大切なもの、だったりするんですよ。

2021年も残りわずか!
むなしさを抱えながら新年を迎えるのも、ちょっと悲しいですね。

大晦日。

自分なりによくやってきたじゃないのと、
自分を褒めてあげられるように^^

よかったら、心の大掃除も取り組んでみてくださいね。

さてさて。
私たちは、「感情の生き物」と呼ばれているように
日々いろいろな感情を感じています。

その中には「いい感じ」のものもあれば、
「出来れば、感じたくない」というものもあるんですけどね^^;

こんな気持ちを感じていたら やっていけないよ、と思うとき。
こんなの出したら、大切な人の迷惑になる、と感じちゃったとき。
私たちは、その感情を押さえ込み 一人で抱えようとすることが多いんですね。

でも、私たちの心って
感じたくない感情を押さえ込んで飲み込んでしまうと、

「いい感じ」まで感じられなくなってしまうんですよ。

たとえば・・

寂しい。
心細いな。
かなしいな。
悔しいな。
腹が立つな。
もう、しんどい。
やってられないよ。
誰か、助けて。

こんなことを感じたり、

誰かに伝えることを「タブー」にして
押さえ込んでしまうと・・

ほっとするな。
楽しいな。
うれしいな。
ありがたいな。
心強いな。
安心するな。
愛されているな。

という感情まで、感じられなくなっちゃうんですよ。

そうすると、

なんか、味気ないな。 でもなぜか、しんどい。
なんか、動けない。 どうしたらいいか分からない。

こんな、むなしい気持ちだけが、
あがってくるようになってしまうんです。

で、ですね。

こんなむなしさを、 そのまんまにしておくと、
一見、ぜんぜん関係なさそうなところに影響が出てくることが多いんですよ。

というのも 私たちの心って、
基本的に のびのびと、心地よい状態にあると
喜怒哀楽、というものを素直に感じやすい状態になります。

喜ぶことも、
腹が立っちゃうことも、
悲しいなって思うことも、
楽しいなって思うことも、 素直に味わえる、といいますか。

そして「感情を味わっている」とき、
私たちは「生きてるな~」という実感を感じるんですね。

ですから、感情を押さえ込み、
生きている実感を得られない状態になってしまうと、

日々にむなしさを感じる だけでとどまらず

ギャンブルや、お買い物
食べ物や、刺激的な異性との交流、
自分の体を罰することなどに、過剰に依存することによって得られる

強い「刺激」で
無理やり心を動かすことで、

「生きている」という実感を、
得ようとしてしまったりもするんですよ~。

IMG_3973

自分の気持ちを
一番、分かってあげられるのは・・自分ですよね。

本当はどんな思いをして
頑張ってきたのでしょう??

どんな気持ちを、誰のために、
飲み込んできちゃったのでしょう?

気づいて!って叫んでいる、あなた自身の切なる思いに、 気づいてあげれてますか??

そこに気づき、 感情をちゃんと感じてあげると
たまってしまった感情が癒え、 感情を取り戻していくことが出来、
活力が湧いてきたり 喜びを感じやすくなり
自然と、むなしさが和らいで行くことが 多いんですよ。

さてさて。

「出てくる感情は、どんな感情も、素直に感じてあげたほうがいい」

ということは分かったけれど、
一体どうすればいいの?? いままで、やったことがないよ! という方は、
まずは、自分の気持ちを 「つぶやく」ことから、はじめてみましょう。

「あー、つかれたなー」でも、
「なんか、むなしいなー」でもかまいません。

腹が立ってきても、そのまんま、 イライラを表現してみるといいと思いますよ。

(人にぶつけるのではなく、イライラするなーってちゃんと認める、ということですね!)

このエクササイズは、
今まで飲み込んできた自分の感情を認め、
感じ、取り戻していくためのエクササイズです。

どんなネガティブな感情でもかまわないので、
一度、とここんまで、自分の感じてる感情を 口に出して呟いてみましょう。

もちろん、
「幸せ~!」とか「うれしい~!」とか「おいしいな」とか。
ポジティブな感情も、口に出してみてくださいね^^

最初は、
「これ、やってて意味あるの?」とか
「なんか、ざわざわする」って、自分の心を守るための防衛機能が働いて
抵抗が出てきやすいとは思うんですけどね。

ちょっと心に変化が出てくるまで、試していただけたらと思いますよ。

・・あ、くれぐれも
イライラが出てきたからと言って 「お前のせいだ!」って、
直接、人にぶつけちゃわないようにしてくださいませ。

人に自分の気持ちを伝えるときには、
整理整頓してから、伝えましょうね。

感情を押さえ込むのが当たり前という状態が長い方だと、
心を解きほぐしていく過程で、
いままでの、しんどい気持ちがどばっと溢れてきて、
苦しくなっちゃうこともありますから。

ここを早く、
確実に抜けて行きたいな~と思われた方は
どうぞ、カウンセリングもご利用くださいませ。

私にもあなたの幸せ 応援させてくださいね。

参考になれば幸いです!

面談カウンセリングのご案内

あなたのお悩みを心理からサポート。
こんなこと、相談してもいいのかな?そんなお悩みこそ、ご相談くださいね。

ZOOMを使ったオンライン、または
名古屋・鶴舞地図/東京・駒場地図の弊社カウンセリングルームにて、
面談カウンセリングや心理セラピーをご提供しております。

はじめましてさんも大歓迎です。
お話がまとまっていなくても大丈夫^^
そのままの、あなたのお話お聞かせくださいね〜。


詳しいスケジュールやお問い合わせは
06-6190-5131 カウンセリング予約センターまでお願いします。

スタッフがご案内させていただきます^^

【ご相談の一例】
・30代女性の恋愛・パートナーシップ
・好きを仕事にしたい
・対人関係の改善
・自分らしく自然体で毎日を楽しみたい
・自分の望む人生へのシフトチェンジ

>>最新のスケジュール

>>ご予約方法

>>ご提供メニュー

>>服部からのご挨拶・プロフィール

>>カウンセリングってどんなもの

目次
閉じる