MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

お付き合いを始めたとたん「オレ様彼氏」になってしまった彼に、手を焼いています。

お付き合いする前は、男らしく、自立しているなぁと感じた彼。

思いやりもいっぱいだし頼りにもなるなって思ってたのに

お付き合いが始まり、結婚生活を始まり
2人の関係が深まっていく内に、なんだか「オレ様」な態度を取るようになってきて

どうして、分かんないんだよ。
まったく、気が利かないなぁ。
なんで俺が、そんなことしなきゃいけないの。

そんな言葉が、出てくるようになってきた。


内心、 、、どーしてそこまで言われなきゃならないの?!って腹が立つ反面

私、そんなに彼の気持ちを分かってあげられてないのかしら。
彼を丸ごと受け止められなくて、イライラしちゃう私が心が狭いんだわ。

そんな私ってダメな女よね・・と落ち込む。

みなさんは、そんなご経験をされたことがありますか?

確かに、しんどい恋愛になりがちなのですけどね

こういった恋愛の場合
彼が悪い(彼のせいだ)私が悪い(私のせいだ)という視点ではなく、

どうして2人がこのような関係性になっているのか?をちゃんと見つめることが出来ると。

ふたりが、互いに「大人の女性、大人の男性」として成熟するために。
そして、二人で「新たな絆」を築くための気づきが、本当にたくさんあるんですよね。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、こんな彼に惹かれてしまうカテゴリ更新です。

目次

俺様彼氏ってどういう人?

この記事を書くにあたり、
オレ様、という言葉をネットで調べてみたのですが、
けっこう、いろいろな意味合いで使われているみたいなんですよね。

今回の記事は、少女マンガのヒーローみたいに
黙って俺についてこい!みたいな「男気溢れる感じ」というよりも、

自分のやり方、自分の思いに従ってくれないと駄々をこねる。

みたいな^^;
そういう意味合いの「オレ様」について書いてみたいと思います。

まず、私がなぜ、この記事を書こうかと思ったか、なのですが。

私自身、そういう恋愛に経験がある、ということもそうなのですが
実は「オレ様彼氏」の彼女側って「寂しさ」を抱え込みやすいんですよね。

「彼はいる」にはいるんだけれど慢性的に「満たされない寂しさ」抱えてしまう。


私も、彼のことは大好きだし
彼も悪気はないだろうな、とも思う。

だからこそ、彼のその態度にも耐えるのだけれども、

「私・・・本当に愛されているのかな」とか
「女性として、見てもらえてるのかな」とか、

なんだか、満たされない想いを感じながら過ごされていることが多いんです。


そして実は、彼側の方も彼女と同じ「寂しさ」を感じていることが多いんですね。


実はこの恋愛パターンの根っこの根っこには・・
ふたりがそれぞれ持っている「寂しさ」がキーになっていることが多いのです。

自覚されている方は少ないと思いますけども。

自己中で周りを気にしない人に見えることも多い「オレ様彼氏」
でも内心「自分でもどうしたらいいのか、分からない」そんな、袋小路にいらっしゃることも多いのです。


実はここに、今の関係性を変えるヒントが隠れています。

もちろん相手があることなので、自分にできるベストは50パーセントしかありませんし、
万人にうまくいく方法はありません。

お別れする選択肢も、ちゃんと持っておきながら
せっかく落ちた恋ですからね、尽くせるベストは、尽くしていきましょう。


(ちなみに、2人が今の関係性に納得しているのならば、それは立派な愛のカタチです。
そんな彼との関係がうまくいってないよ~という方は、このままお進みくださいませ。)

俺様彼氏は、誰に対しても俺様ではない!

まず、最初に

私にもイタタな経験を含め
声を大にして、お伝えしたいと思うんですが・・

残念なことに「オレ様彼氏」ってね、誰に対しても「オレ様対応」ではないんですよ!


お付き合いする前の彼と、し始めてからの彼が
変わってしまったというのもそうなんですが

彼のオレ様な態度に嫌気がさし、お別れした途端、彼に新しい彼女が出来て
どーせ、新しい彼女にも同じことをしてフラれちゃうに違いないわっ!って思っていたにもかかわらず・・

「あれ!?新しい彼女には、ぜんぜんオレ様な態度じゃないじゃん!!
むしろ、尽くしてるじゃん!!」

き~~!!なにそれ!ムカつく~!
みたいなことは、ザラにあります(汗)


そして

「どうして私の時には、そんな風にしてくれなかったんだろう。」
「私が魅力的じゃなかったから?」
「彼の欲求を満たしてあげられなかったから?」

そんなこんなを、考えているうちに、恋愛する自信がなくなっちゃいました・・。
カウンセリングでは、そんなお悩みをお伺いすることも多いのです。


もう、彼の事が好きじゃなかったとしても。

「その対応の違いは、なんなのよ~!」
「私も彼のこと、一生懸命愛してきたのに~!!」

なんて、彼のことを恨めし~く思っちゃうのも仕方がないと思うのですが

・・・不思議だと思いませんか?
同じ彼なのに、どうしてこうも対応が違うのか。

彼の対応の違いは、あなたに対して愛がなかったわけではない


実はこの「対応」の違いは、
あなたの魅力や価値、愛されている愛している、あなたが悪い悪くない、という問題ではなく。

あなたと彼が作り出していた「関係」にヒントが隠れているんですね。

「オレ様彼氏」と「お母さん彼女」


オレ様彼氏に釣り合ってしまう女性のタイプがいる?!

人は、他者と一緒にいるとき互いに影響力を与え合います。
バランスを取り合って、その人との関係を築いていくのですが、

オレ様彼氏の相方として、女性側が引き受けてしまいやすいポジションというのが、実は存在するんですね。


なんだかわかります??


実は・・・
「彼のいう事をなんでも聞いちゃう、従順なお母さん」つまり「お母さん彼女」なんです。


つい、彼の面倒を見ちゃう。
彼のいう事だったら、何だかんだ言って聞いちゃう。

まったく、仕方がないんだから。

女性、というよりも優しいお母さん。


そんな、母性溢れる「お母さん彼女」と
「オレ様要素を持っている男性」がくっついちゃうとですね。

表面的には「男女のカップル」なのですが
心理的には「まるで反抗期の子どもと母親」みたいになってしまう
ことも、少なくないんです。


そうなってくるとですね。

お母さん+息子になると起こりうる恋愛の問題
心理的に親子になってしまうと、親子関係で起きやすい問題が、男女間で起き始めます。


彼側は
「察してくれて当たり前」
「何でも自分のためにやってくれて、当たり前」

みたいな、赤ちゃんが母親に求めるような過剰な甘え
(ちなみに、母子一体化といいます)を持ってしまうようになったり、

彼女を「異性」として見れなくなって、浮気に走ってしまうことも・・・。


そして、パートナーである彼女に、
大人の男性として認めてもらえてないという「寂しさ」も感じることで
浮気相手やハードワークで満たそうとする人もいます。


反面、女性側は、
彼のお母さんのように、彼の甘えを全て受け止めなきゃいけないと思いすぎ、

尽くし過ぎてしまったり

彼の機嫌が悪ければ、すべて私が悪いんだわって罪悪感にハマってしまう、
彼の行動を逐一把握したくなっちゃったりと、

まるで「心配性なお母さんと、息子」のような関係になってしまう事が多いのです。

もちろん、悪気は全くないんですけどね><


また、とても女性として魅力的なのに関わらず、
彼から体の関係を求められない、なんて問題も勃発することもあります。

そうなってくると、「女性としての私」もボロボロに傷ついていっちゃうんですよね。

彼に愛されていないのかなぁ
そんなに女性として、魅力がないの?って。

で、更に尽くして嫌がられるという^^;

しんどいループにハマってしまうこともあるんです。

この関係を抜け出すために大切なことは・・


最初にもお伝えしたとおり
オレ様彼氏も、お母さん彼女も、悪いわけでないのです。

2人が満たされ、納得しているのならそれも、愛のカタチです。

ただ、今の関係が、自分にとって本当に欲しいものなのかな~??って考えてみた時に、
そうじゃないな~って思う場合は、シフトチェンジの時期なのかも、しれませんね。

まず、彼と「男女」として向き合っていくためには、
まず自分が自分を「女性」として、愛されるに相応しい存在である、ということを認めて
彼女のポジションにシフトしていくことが大切ですよ。

現実として、お母さん的行動を、
ちょっとづつ減らしていくことも大切なのですが、

まずは私が私を「ひとりの大人の女性として、大切に扱う」

ここは、とっても重要です!!


実は、お母さん彼女になっちゃう方って、
大人の女性としての自分に、自信がない方も多いんですよ~。

それどころか、大人の女性な自分を嫌っちゃっていたり、
自己嫌悪が強すぎて、彼に素の自分を見せられなかったりする方も多いです。

(恥ずかしがり屋さんも、多いですね^^)

とくに、自分が「大人の女性」としての自分を嫌っていると、
無意識に彼を子ども扱いしちゃうことも多いんです。

そう言った場合、今の彼と別れて相手を変えたとしても
ふたたび、同じ問題が起きてしまう可能性が高いので

もし、大人女性としての自分に、心的な抵抗や不快感があるならば、
カウンセリングなどで、ちゃんと向き合ってあげるといいと思いますよ^^


ここって繊細な部分なので、なかなか自分では取り扱いにくいと思いますからね。

さいごに

ひとりの大人の女性として大切に扱うって、どうしたらいいの??
ひとりの大人の女性として、大切に扱う練習としましては

自分を大切にする時間を作ったり、
友達と遊びに行ったり、彼といる時間以外も、楽しむようにしたり。

洋服やメイク、小物など
自分の心がアガるものを吟味したりして
「女子力UP」というよりも「慈しみ育ててあげる」ような感覚で
自分の中の女性を、愛でてあげるといいと思いますよ^^

(いまは春ですからね、雑貨や洋服も「春色」で軽やかな物が多いので、良かったら取り入れてみてください^^♪)

そうやって、自分の中の女性と向き合い
自分に出来る事をコツコツ積み上げながら

彼や自分を信頼し、見守り、
お互いに「NO」の意見も伝えあえる仲になれば

オレ様彼氏って、とってもとっても頼もしく、愛情深いパートナーになることが多いようですよ!

(情熱的で、一途ですからね~)


良かったら参考にしてみてくださいね^^
あなたの恋愛、応援しています!

男性心理
その他、こんな男性に惹かれてしまうシリーズはこちら~

面談カウンセリングのご案内

名古屋(鶴舞駅すぐ)東京(駒場)
オンラインにて対面カウンセリングをご提供。

こんなこと、相談してもいいのかな?
そんなお悩みこそ、大切なお悩みです。
ぜひお気軽にご活用くださいね^^

最新の面談スケジュール
カウンセリングメニュー
服部の略歴
得意ジャンル
お客さまの声

カウンセリングのご予約・お問い合わせは・・

カウンセリング予約センター
・電話番号:06ー6190ー5131
・営業時間:12:00~20:30
・定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合火曜)、他

初回は無料でお使いいただけます、45分のお試し無料電話カウンセリングもご用意しております。
お気軽に服部のカウンセリングをお試しくださいね。
予約センターにてお問い合わせください。

目次
閉じる