寂しさの心理学

甘え上手になりたいけれど、「誰」に甘えていいのか分かりません

いつもありがとうございます。

カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、心優しき頑張り屋さんの甘え方について

書いてみたいと思います。

人に迷惑を掛けたくない。

何でもひとりでがんばる、がんばりやさん。

何でも自分でできるようにならなきゃ、

そんな向上心の高いがんばりやさん。

そんな方にとって、

「人に甘える」ということは、

もっとも「やっちゃいけないこと」であり、

「私を助けて」「手伝って」は禁句であり、

そして実は・・・・・

「ずっとずっとずっと、言いたかった。」

本当は、やりたかったこと、だったりします。

人は、自分を頼りにしてもらえると嬉しいもの

とくにパートナーシップにおいて

「素直に甘えられる私」でいることって、大切なんですが

ずっとやって来てなかったから、

甘え方が分からない、そんな方も多いんです。

なんていったって、
ずっと「ひとりでがんばる」で生きて来た方って

「ひとりで頑張る」スキルは

オリンピックでも、堂々の金メダルが取れるほどに

磨かれているんだけれど、

「上手に甘える」スキルは、

ひとりで頑張るばかりを練習してきた分、

後回しになっていたりするんですよね。

正直・・甘えるを禁止したあたりから、
成長が止まっている
ことが殆ど(汗)

だから、どうしても練習って必要なんです! 

「甘えられない、あなたが悪い」

ということではなくて・・


そういうものだと、思ってあげてください。
(力説するのは、私がかつてそうだったからです!)

いっしょに、練習していきましょうね~^^♪

で、ですね。

先日の記事に、こんなコメントをいただきました!

***コメント***

とても読みやすく、頭で考えなくても感じられて気づきがあるので、

いつも更新を楽しみにしています♪

上手な甘え方もわからないけれど、

そもそも誰に甘えていいかわからない時はどうしたらいいですか?

「甘え上手になりたいけれど、
ドバっと甘えてしまいそうで怖いです」
コメントより)

******

ELLY95_hanatotegami_TP_V

コメントありがとうございます^^

いつも読みに来てくださって、ありがとうございます!

私自身、読みやすく

「感じる」文章が書けたらいいなぁ~って思いつつ、

試行錯誤しながら(汗)書いているので

こういうご感想をいただけると、とても励みになります!

ありがとうございます

****

さてさて、ご質問のお答えを

私なりにお返事させていただきますね。

「甘えられないよ~」ってお嘆きの方に

「どうして、甘えられないんでしょう??」とお聞きすると、

 高確率で出てくるのは、

「甘え方が、分からない」
「そんなことやったら、人に迷惑を掛けちゃう気がする」
「 そもそも、甘えられる人がいない」

この、3点セットです。

ですから、パッと頭の中でこの3つが浮かんだ方は

ほぼ確実に「甘え下手」さんなんだと思います^^; 

人によっては、こういう気持ちが出てくるとき。

心の根っこでは、

「本当は、甘えたくないんだもん!!」
という「抵抗」があったりもするんですが・・
 

「本当に、やったことがないから分からない」

そういう方もけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

で、ですね。

本来であれば、パートナーやお友だち、

職場の上司など、自分の「キーパーソン」になる方に、

「お願いします、私を助けてください」が言えるようになると、

ぐっと、人生は楽になるし、

いい関係を築けるようになったりするのですが、

いきなりラスボスに行くのは大変だと思いますので^^;

(もちろん「そこチャレンジしないと、現状を打破するのは難しい」場合は
サポートしながら、背中を押させてもらったりしますけどね~。)

そういう場合はですね、

最初は「目の前の大変そうな人」は避けて、

まずは、助けてくれそうな人

お店の人や、電車の駅員さん、

職場の後輩や同僚さんなどに、甘えてみてください。

たとえば、高いものを取ろうとするとき。

本当は自分でも取れるんだけれど、ちょっと甘えてみる。

「ごめんなさい、

ちょっと、それ、取ってもらってもいいですか??」って。

体調が悪いときには、ムリしすぎない。

申し訳ないんですけど、と一言添えて、自分を大事にする。

そして「助かりました」「ありがとう」という

感謝の言葉を伝えることをお忘れなく!(セット商品です^^)

316H

ちなみに正直なところ、

職場や家族など、近い関係の場合、

最初はビックリされて、微妙な雰囲気になる事もあると思います。

こういうとき、相手の言葉通り

「拒絶」ではなかったりすることも多いです。

相手が「受けいれる準備」をしてたりするんですよね。

もちろん、

「せっかく、バンジージャンプを跳ぶぐらいの覚悟で
チャレンジしたのに~!!!!」

って、ショックを受けちゃう気持ちも、

痛いほど分かるのですが

仕方がないところも、あると思うんです。

だってず~~っと「ひとりで頑張る人」だった人が、

大きく変わろうとしているわけですからね、

そりゃー、相手も戸惑うというものです(汗)

相手には、こちら側の事情は分からないわけですしね。

あなたを大切だ、と思って

見守ってきてくれた方であれば、尚更、なんだと思いますよ^^

ですから、そういうときには

「ああ、やっぱり私は受け入れられないんだわ~」って

落ち込まないでくださいね~

それどころか

「ナイスチャレンジ、わたし!」って誉めてあげましょう

上手に甘えられるようになってくると、

「ああ、こんなに人って温かいんだな」

「支え合うって、いいな」

って、ほっとする瞬間が増えてきます。

居心地のよい関係性を築く「最初の一歩、」

ぜひ踏み出してみてくださいね。

私も全力で、応援しますよ~^^

参考になれば幸いです。

****

(いただきましたコメントは、ブログで紹介させていただくことがあります。
「それは止めて欲しいな」という方は、その旨書いてくださいませ)

お返事、なかなか出来ておりませんが・・

いただいたコメントやメール、

ひとつひとつ読ませていただき、励みになっております^^

あ、あと3月も東京出張カウンセリングを行います

東京地区のみなさま、どうぞよろしくおねがいします

【名古屋(鶴舞駅スグ)にて、カウンセリング】

 

【直近の面談スケジュール】

・2月名古屋: 19~21(日~火)、25~28(土~火)

・3月東京:5日~6日(日月)

◆カウンセリング予約センター

cs_logo_b (1)

・電話番号:06-6190-5131

・営業時間:12:00~20:30

・定休日:月曜(月祝の場合は翌火曜)、他

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ