MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「泣いちゃいけない」「怒っちゃいけない」って思っていませんか?

「腹が立つのは、心が狭いからよ」
「泣くのは、あなたが弱いから」
「大人なんだから、もっと落ち着きなさい」

「まったくもう、恥ずかしいんだから・・・。」

こんなセリフって、
みなさん、一度は耳にしたことってあるのではないでしょうか?

私たちが、いろいろな個性をもった他人と
よりよい関係を築き、生きていくための「知恵」としての、

マナーやルール、配慮というのは
ある程度は必要だと、私は思うんですね。

でも、自分の「感情」を禁止してしまうと
私たちは「生きている喜び」まで、感じなくなってしまいます。

今回は、

感情を「感じてはいけない」という禁止を解くと、
もっと人生は楽しくなる!

というテーマで書いてみたいと思います。

* * *

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

カウンセリングの現場では、
いろいろなお話をお伺いするのですが、

自分の感情を表現する、
とくに「泣く」ということに関して、 

悪いことだ、逃げだ、弱いことだ、と感じ
禁止している方って多いんですね。

というのも、私がそうだったんです(汗)

私の場合は、あまりに辛い感情を抑圧しすぎて

ちょっとした注意をされちゃっただけでも、
涙がこみ上げて来そうになったり、

ひとりになると、どうしようもなく
涙があふれて来てしまう、そんな状態だったので、

そんな「泣き虫」な自分がすごく嫌いでした。

何で他の人みたいに、耐えられないんだろう。
私って本当に情けない、弱いなって思っていましたね~・・。

でも実は、涙には浄化作用があるんです。

いっぱいいっぱいに溜まってしまった感情を癒したり、
心の傷を癒したり、緊張を取り除いたり、

自分を守るための
大切な役割があるんですが・・

自立的にがんばって生きて来た方にとっては、

「自分の感情に素直になる」ということに対して、
すごく抵抗が出てくる方も多いんですね。

感情が上がってこようとすると
ぐっと、こらえちゃうんです。
superthumb (4)

とくに、泣く・怒るは禁止している方が多いです。

その理由はいろいろあると思いますが、

「腹が立つのは、心が狭いからよ」
「泣くのは、あなたが弱いから」
「大人なんだから、もっと落ち着きなさい」


「まったくもう、恥ずかしいんだから・・・。」

和を重んじたり、
恥ずかしがり屋さんの多い日本では、

「感情を表現することは、はしたないことだ」

みたいな文化もあったりするので、
子供のころから、こういうことを言われることが多かったりして、

感じちゃダメなんだ、と「禁止」しちゃっていたり、

「どこにも拠り所なく、がんばっている」

と感じている状態の方にとっては、
感情が、大きく揺さぶられちゃうことはとても怖いので

「泣いちゃったら、

もう、立ちあがれないかもしれない」

という思いから、禁止しちゃうことも多いです。

優しくされるのが辛い、という方は
このタイプかも知れませんね。

また、感情を禁止している方にとっては
「~しちゃだめ」という自覚がある方も多いですが、

表面的には、

「泣いたところで、状況は変わらないじゃん」
「そんなことしてたって、意味ないし」

みたいに、「諦め」の方向に
もって行くことが多いですね。

みなさんは、いかがですか?

カウンセリングなどで、
こういうお話をお聞きしていると、

きっとこれまでも、そうやって、

辛い局面でも、歯を食いしばって、
がんばって来られたんだろうな~・・

って感じて、切なさを感じることも多いんですよね><

でも、そうやって
自分の感情を禁止していくと、

どんどんと自分の心に悲しみや、
苦しみが溜まっていってしまい、余裕がなくなっていき

問題を引き起こしやすくなったり、
生きづらくなってしまうんですね。

しかも「孤独」にも、なってしまいやすいんです。

ということで、解決編は
長くなりましたので、続きます!

寂しさを笑顔に変えるカウンセリング

◇過去の失恋を引きずっていて、つらい。
◇彼はいるんだけど、なんだか寂しさが消えない。
◇人の幸せを素直に応援できない などなど・・

「もっと仲良くなりたい!!
・・・でも、近づけない。うまくいかない私」

から「私が本当になりたい私」になるために。

 私といっしょに、心のケアをしていきませんか?^^
 

30代からのうまくいかない恋愛、お友だち関係のカウンセリングをご提供しています。

初回は無料でお話しいただけます
電話カウンセリングもご用意しています。お気軽にお使いくださいね。


room_nagoya1room_nagoya2
電話カウンセリング(45分)のほかに、

名古屋・鶴舞駅の弊社カウンセリングルーム (地図)にて          

直接お会いしてお話をお伺いする、  面談カウンセリングも行っております。           

個室で、ゆっくりお話をお伺いしますので、
「電話が苦手」「周りが気になる」という方にも、好評いただいております(これは昔の私です!) 

直近の面談カウンセリングの予定は・・ 


◇11月11(金)15(火) 20(日)21(月)

開始時間は、  10:00~、13:00~、16:00~、19:00~です。     


お問い合わせ・ご予約は・・・

pan>

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00~20:30
定休日:毎週月曜日
 
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。
※また、臨時休業させていただくことがございます。 


>>服部の略歴           
>>お客さまのご感想         
目次
閉じる