MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

『恩送り』という与え方〜罪滅ぼしを超えて〜

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

先日、『父がくれたお財布の話』という記事を、
カウンセラーのコラムに投稿しました~。

父との思い出の一つである、「お財布」のお話です。
よろしければ、ご覧くださいね♪

>『父がくれたお財布の話』

コラムでは、ひとつの「恩返し」のカタチについて
書いてみたのですが、

せっかくなので、もうひとつ。
「恩返し」で記事を書いてみたいと思います。

* * * * *

随分と前、このブログで私は、

「お返ししなきゃ、と思って苦しいとき。」
という記事を書いたことがあるのですが、

この記事を読んで

「その気持ち、分かります!!!!!」
って、ご感想をくださった方と、

「えっ、そんなこと思うんだ!」って
ビックリされた方と、けっこう、分かれたんですね~。

で、「そんなこと思うんだ!」って感じた方に
当時、いろいろインタビューしたのですが、

そのとき感じたのが、
「恩返し(お返し)」という言葉の捉え方の違い、だったんです。

たとえば、対両親だとしたら。

今まで私を育ててくれたのだから、
両親に恩返しをしなきゃいけないよね。

いろいろ反抗したり、
迷惑をいっぱいかけちゃったし・・

ここからは、できるだけ
「親に、恩を返していかなきゃ」。

実はこれ、
子から親への愛情表現でもあるのですが、

私は親に迷惑をかけた、
という「罪悪感」があることで、

「恩返し=罪滅ぼし」になっちゃってる場合も多いんですよ。
gatag-00000811
もちろん、相手に直接
感謝の気持ちを伝えたり、

自分が助力してあげられるときには、
恩返ししてあげられたら、それは素晴らしいこと!

でもそれは、いままでのマイナスを補うためではなく、
プラスになっていくもの、なんですね。 とはいえ、、、「恩返し」するって、

結構むつかしい・・と思いませんか?

恩返ししたいなって思う人はいるけど、
もう連絡は取ってない、とか。

お相手が、お亡くなりになられている、とか。

通りすがりの人、だったりとか。

直接的に、恩返しすることが難しい。
そんなこともあると思います。

そんな時におススメな与え方のひとつに、
「恩送り」というものがあります。

「恩送り」とは、誰かから受けた恩を、 直接その人に返すのではなく、別の人に送ることをいいます。

(ちなみに英語だと、ペイフォワード、と表現されるそうです。
こっちのほうが、聞いたことある方が多いかもしれませんね~)

最近は日本でも、

「恩送りコーヒー」を取り入れたカフェが話題になって
テレビで特集されていたりもするので、
言葉を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。


*「恩送りコーヒー」とは、

イタリアのナポリの昔からの伝統で、
カフェに来た人が、次の人のコーヒーの代金を先払いしてあげること。

そのコーヒーが飲みたい人は、「カフェ・ソスペーゾ」があるかどうかを尋ねると、
先払い分がある場合には無料でコーヒーを飲むことができます。

ようするに、恩送りって、

自分が受け継いだもの(いただいた恩)を
今度は、自分が誰かに与えていくことで、

いただいた恩を、返すだけではなく
どんどんと広げていくことが出来るよ~、という、与え方なんですね。

たとえば、あなたが
誰かに、優しい言葉をかけてもらって
すごくすごく救われた経験をして。

今度は、自分がしてもらったように、
誰かに優しい言葉をかけてあげることが出来たとしたら・・

そして、その人が、
その人の大切な人に、と、伝染していったとしたら・・

もらった「愛」は、無限に広がっていく!というわけです。
(それこそ、世界中に!!笑)

com-01372

もちろん、誰かにコーヒーを奢りなさい!!
とお伝えしたいわけではないですし、

自分を犠牲にしたり、
罪滅ぼしの気持ちでやってしまうと本末転倒なのですが、

この、いただいた恩をどうしていこう?と感じた時には、
ちょっと、やってみていただけたらなぁ~って思います。

参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


カウンセリングメニュー・ご予約方法 
面談カウンセリングの最新ご予約状況カレンダー  
そもそも、カウンセリングってなあに?という方へのまとめ記事 

初回は無料でお話しいただけます、
45分の電話カウンセリングもございます。

お気軽に、予約センターまでお問い合わせくださいね。

目次
閉じる