MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

いいところをみつけて加点する「加点式の恋愛」、理想からマイナスしていく「減点式の恋愛」どっちが長く幸せになれるだろう?

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、過去記事より
「加点式の恋愛」と「減点式の恋愛」について、
すこし追加&修正したものを公開いたします。

(公開、2016年5月ですって。なんと懐かしい・・!)

長く楽しい恋愛を望んでいる素敵なあなたの、参考にしていただけたらなと思います^^

心理学では、恋愛は「加点式」「減点式」とあると言われています。

たとえばですが・・
婚活を頑張っているAさんが、デートにいくとしましょう。

お相手とは数回デートはしているものの
お互いに、まだお付き合いするかどうか迷っている状態です。

(婚活していると、あるあるですよね〜)

もちろん、直接会ってみようと思ったぐらいですから
会う前には、けっこう素敵だな〜と思えたわけなのです・・が。

Aさんは、デート中、こんなことを心の中で感じていました。

たとえば、彼とお話ししている最中。

「う〜ん。
彼、メールだと話が盛り上がるんだけど、直接話すとあまり面白くないなー。
なーんか、自分のことばっかり話すし。
もしお付き合いしても、こんな状態だとつまらないのかもしれないな。」10点減点。

たとえば、お食事をしている最中。

「この人、前回も思ったんだけれど、選ぶご飯やさん女性を意識してないよね。
そんなにガッツリ系ばっかり食べられないわよ。どうして察してくれないのかしら。
まったく、女性の扱いがなってないわね・・」うん、10点減点。

たとえば、平日の夜デートに誘われた。こんなとき。

「土日は休日出勤が多くて忙しいからって、平日の夜にデートを誘ってくるってどうよ?
私だって仕事をしているんだから忙しいし、婚活をしているなら、婚活を優先して当たり前でしょ。
はー・・こんな状態だったら、きっと家庭ができてもうまくいかないよね。
きっと家事も手伝ってくれないだろうし。」うーん、10点減点。

自分の思い描いた理想の彼とは違う部分。
彼のダメなところ、できていないところばかりが目につき、どんどんと減点されていく・・・。

う〜ん。身のこなしがスマートじゃないなぁ。10点減点。
もっと、こうしてくれたらいいのに!。10点減点。
友達の彼は、こういうことをしてくれてたのに!気が利かない人だな。10点減点。

もちろん、その日だけでなく
過去のデートでも減点ポイントは貯まっていたりして。
積み重ねを合わせると・・・たとえば100点が満点だとして、40点しか残っていない状態だとしましょう。

さてはて・・・・・・40点の彼。魅力的に見えますかね?(汗)
減点が増えていくごとに、どんどん彼に魅力を感じなくなっていってしまうのは、わかりますよね。

そして、たとえ相手が気に入ってくれて
次のデートを誘われても、あーんまり嬉しくない。てか、
正直、デートに行くのがめんどうくさいな〜って感じてしまったりもします。

もちろんね、自分に合わないなと思った人を選ぶ必要はないのだけれど
彼と会っている時に「減点ポイントばかりが目に行く」デートって・・・あまり楽しくはないと思うのですよね。

変わって、Bさん。
Bさんもまったく同じ状況、同じデートプランでデートしているとしましょうね。

でも、Bさんはデート中に
心の中で、こんなことを感じていました。

「なんか・・メールの方がノリはいいような気もするけど・・。
もしかすると、彼は口下手で恥ずかしがり屋なのかもしれないなぁ。
そんな中、一生懸命自分の話をして場を盛り上げようとしてくれるのって、本当にありがたいな。
彼の意外な一面も知ることができたし、今日デートしてよかったなー。」

「彼のおかげで、普段自分だったら入らないようなお店でご飯が食べられて面白かったなー。
注文する時にも「何が食べてみたい?」って聞いてくれたり、「これが美味しいよ」って、おすすめを教えてくれたり。
店員さんにもフレンドリーに話しかけてたし、そういう気遣いができる人なんだなぁ。」

「疲れているだろうに、平日の夜に会う時間を作ってくれるってありがたいなー。
お付き合いできるかどうか分からない相手に時間を割いてくれるって、本当に誠実な人だよね。
こんな彼だったら、いっしょに協力しあえる暖かい家庭が築けるかも。」

デートを重ねていく中で
彼のいいところやできていることをみつけて、加点していったのですね。

ぎこちないけれど、彼なりの優しさを見つけた。プラス20点。
もしかしたら、あれは彼なりの気遣いなのかも?プラス30点。
楽しく時間が過ごせて良かった!プラス10点。

もちろんね、自分と合わないなと思うこともあると思いますし、
お付き合いするかどうかは、また別の話だとは思うけれど・・

彼の素敵な部分に目を向けることで、デートの時間を楽しめたり、
次のデートを誘われたときにも「また彼のことを知ることができるかな」と喜びも感じたりすると思うのですね。

さてさて。
わかりやすいように「Aさん」「Bさん」として例に挙げてみましたが!

Aさんの恋愛は「減点式」
Bさんの恋愛は「加点式」の恋愛なんですね。

Aさんは、自分の理想に合わない部分を見つけたら、減点していく恋愛。

Bさんは、彼のいいところや、
いっしょにいて楽しめたことを、加点として積み上げていく恋愛です。

さて・・・・・・・みなさんの恋愛は、どっちのタイプでしょうか?

そして・・
どっちの恋愛の方が、長続きしそうでしょうか?
どっちの恋愛の方が、楽しそうだと思いますか?

まぁ、こんなことを書いている私は、
長らく「減点法の恋愛」をしていたのですよねー^^;

(やけに例のシチュエーションがリアルだな、と感じた方は大・正・解です笑)

どちらが悪いとか、いいとか、
間違いとかいうことではないのですけども

実は、長く、楽しく恋愛をしていきたいと思った時
大切にしていくといいのは「加点式」のほうだったりします。

あ、もちろんですね、嫌なところに一切目を瞑りましょうとか、
我慢をする恋愛をすることをおすすめしたいわけではないのです!!

(ここ大事ですね)

どうしても譲れないポイントって、誰しもありますから。

ただ、自分の理想に合わないところを見つけたら、減点していく。
そういった減点式の恋愛だけを続けてしまうと、実は、長続きしにくいんです。

なぜならば・・・減点式って「いっしょにいればいるだけ」
「相手のことを知れば知るだけ」減点が増えちゃうから
、なんですね。

たとえば・・
パートナーシップは「お付き合い」がゴールではなくて「スタート」ですよね。

場合によっては、結婚したりして
何十年も、一番近い場所でいっしょにいることになるわけです。

その間、ずーーーーっと減点法で恋愛をしていくとどうなるでしょうか・・。

どれだけ素敵な相手だとしても
・・いずれ、マイナスになっちゃうと思うのですよ。

人間、不完全ですからね
間違えたり、ダメなことがあったり、すれ違ったり
期待に応えられないことって、あったりします。

そんなときに、どんどんと減点されていくわけです。

脱いだ洗濯物、そのまま床に放置している。ありえない!30点減点!
トイレの便座を上げっぱなし!何度言ったらわかるの?!20点減点!
あのとき、私が髪型を変えたことに気づかなかった。30点減点!

・・・・最低でも、1日1点減点したとしたら・・1年でー365点・・・(遠い目)

マイナスだらけの人を魅力的に感じることって、難しいですからね
すっかりと愛が冷めてしまったり、
「もう、相手に期待すらしない」なんてことが起きちゃったりするわけですね。

また、ここもすごく大切なポイントだと思うのですが
この状態・・・パートナーの視点、お相手の視点からみたらどうでしょう?

自分のいたらない点を見つけるたびに、パートナーからの評価が下がっていく。
自分なりには努力しているのだけれど、大好きな彼女の理想のパートナー像から外れると、がっかりされてしまう。
それを挽回するためには、相当な努力が必要。

それが・・・・延々と続くわけです。

いずれ、自信を無くしてしまったり、
どうせ俺はダメなやつでしょ、だったら好きにしたらいいじゃん、って拗ねちゃったり・・
喧嘩になってしまうかもしれませんね。

一緒にいても、お互いに楽しめないかもしれません。

一方、加点式はどうかというと・・
いっしょにいればいるだけ、加点されていくわけですね。

「こんな一面があるんだな」「こういうところ、いいな」

お付き合いすることになったとしても、
たとえ、長い関係(たとえば、結婚30年とか!)になったとしても

「こんないいところがあったんだな」って思えたり
「こういうところが、あの人のいいところだよね」って思える関係。

もし、そんな関係を築けたとしたら・・
相手のことを魅力的に感じたり
好きだな〜という気持ちをたくさん感じるような
パートナーシップになるんじゃないかなと思うのですね。

パートナー側としても、
自分のいいところを大好きな人に認めてもらえるとしたらどうでしょう。

ダメなところもあるけれど、彼なりにいいところあるよね。10点プラス。
ツッコミどころはあるけれど、彼なりに頑張ってくれたんだろうな。20点プラス。
本当は後片付けまでやってもらえたら嬉しいけれど、ご飯作ってくれて助かった。30点プラス。

誰でも、好きな人に喜んでもらいたい、好きな人にとって喜びの存在でありたい、っておもいますよね。
男性にしてみたら、大好きな女性のヒーローでありたいと思ってたりもします。

理想とは違うかも知れないけれど、
パートナーなりに、頑張ってくれてたりもするのですよね。

もちろん、お付き合いが長くなってくるとボロも出てくるし、間違いもするでしょう。
それでも、いいところを見続けて、信じてくれるパートナーを・・大事にしたいなって思うのではないでしょうか。

また、日頃からパートナーと加点の関係を築いているとですね
なにかトラブルが起きちゃった時にも、こんなふうに思えたりするんです。

「あの彼がこういう状態になったということは、きっと、なにかあったんだろう。」
「ふたりの幸せのために、なにができるかな」

ですから、パートナーシップ、
とくに「長くいい関係」を築きたいと願う方はね、
減点法よりも加点方を心がけていくといいと心理学では言われているのですね。

とはいえ、ここからが本題なのですが・・

「え?なんで私がやってあげなきゃいけないの」って感じる方、いらっしゃるのではないかなと思うのです。

どうして私が、相手のいいところを見つけて加点してあげなきゃいけないの?
私だって、いいなと思うところがあれば、加点しているわよ!
いいなと思わせるよう努力してない、あの人が悪いんでしょう?!

それは甘えよ、甘えっ!

どうして私ばっかりが、頑張らなきゃいけないの・・・?!

もしもあなたが、そう感じちゃったとしたら
責めるのではなく、ご自身を労ってあげて欲しいなと思うのですね。

それはなぜかというと、わたしたちが人を「加点法」でみられない時。
あなたに余裕がなかったり、あなた自身が自分を「減点法」で裁き
自分のことを追い込んで頑張ってこられていることが多いから、なんですね。

私たちは、自分に許せていないことや、してもらった経験がないことを
誰かに与えるということは、とても難しいチャレンジだったりするんです。

人と自分を比べて、足りていないところ、出来ていないところに目を向け
頑張らなきゃいけないと自分を追い込んでこられた方。

あの人よりも優れていなければ意味がない、勝たなければ意味がない。
そんな競争の中で戦ってこられていたり、

ちゃんとしなきゃ、しっかりしなきゃ、認められなきゃ意味がない・・
そんな評価の世界の中で、自分を律しながら、ここまで頑張ってこられた方が
「いいところ、みてあげましょうね」って言われても・・抵抗が出てきちゃったりするんですよね。

「私は、そんなふうに言ってもらえることはなかったのに・・」って。

そのお気持ちは、分かるような気がしますし
無理もないと思うのです。

ただ、自分にも人にも厳しい目を向けて
理想の自分から減点し続ける生き方というのは、とても苦しいですし、
なによりも、あなたは大好きな人に批判的な目を向けたいわけでは・・ないと思うのですよね。

自分の経験から、辛さや頑張りが分かる分・・
できれば、パートナーなりの頑張りをみとめてあげたいと思われていたり、
誰も気づかないようなパートナーの良さを見抜いてあげる力も、持っていたりすると思うのです。

あなたの愛を、愛のままに彼に届けることができるよう・・
あなたとあなたの大切な人が、楽しく恋愛ができるよう・・・

自分にも、相手にも「加点」をする。

頑張りや愛を認めていく。
加点式の恋愛をね、すこし意識していただけるといいかなと思います^^

できるところから、でいいのでね。

加点を見つけるポイントは
「行動」「思い」「動機」から探してみること。

「行動」とは、何かしてあげたいと行動に移してくれたこと。
たとえば彼に食器洗いをお願いした時「面倒臭いな〜」と言いながらも手伝ってくれた。

こういうときって、思わず
「うきー!面倒臭いなんて言いながらやってもらっても嬉しくないわ!」って感じちゃうと思うのですが・・
そういいながらも「行動に移してくれた」ということは、加点のポイントになるかなと思うのですね。

また「思い」とは、たとえばあなたが
今晩の献立を考えたこと。家族のことを思って手料理を作ってあげたいと思ったこと。
たとえ、作らなかったとしても・・「作ってあげたいな」と思ったこと。
この思いに加点する、ということも大事なポイントだったりします。

ついつい、行動に移さなかった思いはノーカウントにしたくなっちゃうと思うのですが、
加点式に恋愛をシフトしていこうとする場合は、こういった「思い」の部分にも目を向けるといいかもしれませんよ。

「動機」とは、なぜ、それをやろうと思ったのか。どうしてそんな「思い」を持ったのか?という部分。
パートナーを思う愛だったり、優しさや誠実さだったり、お人柄だったり・・その人を作っている土台の部分ですね。
表面的にだけみていると、見つけにくいものではありますし、当の本人も気づいていないこともあるかも知れませんが、ここに気づいて加点してくことができると、ぐっと親密さが出てきたりするんですよね。

自分に減点ばかりしてきた、であったり
いまは、パートナーに対して、加点する気になれないわ!そんな方はね〜
まずは自分のいいところ、加点ポイントを探してみるといいかな?と思いますよ。

いっぱいいっぱい、あるはずです^^

探して、見つけて、自分の心に届けてあげてくださいね。

そうやって、自分に加点をいっぱいしてあげて、満たされてくると
パートナーのいたらない点を許せたり、加点ポイントが見えてきたりすることが多いです。

自分に加点すればするだけ、
「あなたも、いいところあるよ」って、まわりにも加点してあげることができますからね。

良かったら、お試しくださいね。

大切な人と、長く、楽しい関係を築くための
参考になれば幸いです。

目次
閉じる