MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

私の中に渦巻く、「ネガティブな感情」の取り扱い方☆

いつもありがとうございます。

カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、学生時代のお友達と、

夜ご飯を食べに行ってきました

心理学に全く関係のないお友だちなので、

ごく一般的な世間話や、

愚痴なんかをお互い話してたのですが、

言いたいことを、言いたい放題!話してたからか

最近抱えていたモヤモヤが晴れて、

なんだか、すっごくスッキリしたんですよ~

今日は、そんな私の一日から(笑)

「ネガティブな感情」の取り扱い方、について、書いてみたいと思います。

* * * *

カウンセリングの現場で

いろいろな方のお話をお聞きしていると

幸せそうなあの人に、嫉妬してしまう自分
><

お友達の結婚式で

素直におめでとう、って祝ってあげられない自分
><

「悪気はないんだろうな」

「事情があるんだろうな」って思いながらも、 

彼のあのひとことが許せない!!!!!って感じちゃう自分
><

・・・許せないどころか、

「恨みつらみ」が沸いてきて、

つい、きつく当たっちゃう自分
><
 

「どうして、私だけが、こんな目に・・・」って

嘆きたくなっちゃう自分
><

そんな風に感じちゃうだけでも、本当は辛いのに、

そんなネガティブな感情を感じている自分を、

心の奥に抑え込んで

「こんな私なんて、最低よね
>< ><大嫌い!」って

自分で自分を、

責め続けてしまう方って、本当に多いです

そして、


「本当の私を知られたら、嫌われちゃう。」
そんな思いから、
その悩みや苦しみ、寂しさを

ひとりで抱えて、がんばってる人って

本当~~~~~~~に、多いんですよ

実は私も、

ネガティブな感情ってたくさん感じる人なんですね。

たとえば・・

心の余裕がないと、

イライラしちゃいがちですし、

すぐ、キャパオーバーになって、バタバタしちゃったり

負けず嫌いで、

ちょっとしたことで、すっごく悔しかったり

(過去記事:人の幸せが素直に喜べないとき。私の経験談です)

・・・・長くなっちゃうので、このぐらいで省略しますが(笑)

自分で自分にダメ出しをしちゃいたくなるぐらい

ネガティブな感情が沸いてくることって、しょっちゅうあります。

「えっ、カウンセラーさんは、心の専門家なんだから、

ネガティブな感情なんて感じないんじゃないんですか??」

って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

私たち人間は、神さまじゃありませんから

他の人には出来るのに、

自分には出来ないことって、たくさんありますし、

人の価値観は、それぞれ違いますから、

周りと衝突しちゃうことだって、あります。(相手の都合もありますからね)

人生、予想ナナメ上の出来事なんて、ザラに起きます(笑)

そんな、毎日の中で

私たちは生きているのですから、

いつだって、いい気分、

というわけにはいかないんですよね~。

ですから、

私や、あなただけでなく、

どんな人の中にも、

「こんな自分って嫌なヤツだなぁ」って思っちゃうような

ネガティブな感情って、沸いてくるんですが・・

そのネガティブな感情をどう扱ってあげるか?で

自分の気持ちや行動って、変えることが出来たりするんですよ

* * *

私たちは、 

こんな嫌なこと考えている

(そう考えている時点で、どんだけいい人なのかということなんですけどね)

自分がバレたら「きっと、嫌われる」って感じて、 

自分を責めたり、 

ネガティブな感情をなかったことにしようとしたり、 

必死に隠そうと、必死になってしまうのですが、

実は、ネガティブな感情って

隠せば隠すほど、

抑えれば、抑えるほど、

どんどん膨れ上がっていってしまうんですよ!

たとえば、こんなケース。
会社の上司に、
ちょっと理不尽なことを言われちゃった
・・・いや、ちょっとどころか、

けっこうキツイ言われ方をしてしまった
><

そんなとき、

「でも、私も悪かったしなぁ」って、

ぐっと我慢し、いい方へ捉えようと努力してみたけれど、

・・・・・なんか、すっごくモヤモヤ、イライラしてしまった
>< ><

時間が経っても、なんかずっと気になってて

お家でも、モヤモヤ。

お風呂でも、モヤモヤ。

ご飯食べてても、モヤモヤ。

お休みの日でも、モヤモヤ、イライラ

働いていても、気になっているから

 

「また、言われるんじゃないだろうか?」って
今度は人の目まで、不安になってきてしまい

 

上司の機嫌を、窺ってしまう

こんなことって、ありませんか?

実はこんなときって、

「嫌だった」というネガティブな気持ちが、抑え込まれ
自分の中に残ったままになっているんですね。
だから、気になり続けちゃうんです
また、自分の気持ちを抑えるということは、
自分を否定する、
ということなので、

どんどん、苦しくなっていってしまうんですね~
><

そして、外に出ていかない感情は

今度は自分にベクトルが向きますから、

「こんな風に感じる自分が悪いんだ」って、

自分責めのパターンに陥ってしまうんです・・

 

13305S2O20G0-101Z6

ですから、

ネガティブな感情を感じちゃった時には、

なかったことにするのではなく、

まず、自分のネガティブな気持ちに
気づいて、寄り添い、感じ切ってあげることが大切です。

あ~、私、

すっごくイヤだなって感じてるなぁ~って

ちゃんと感じてあげましょう

とくに、

ずっと押さえてしまうことが癖になっている方や、

「怒り」が苦手な方、

あまりに嫌だなぁって想いが

いっぱいいっぱい、たまっちゃっている時には、

「自分の気持ちを、吐き出すことを」意識してみましょう
! !

ネガティブな感情って、辛いですから
><

信頼できるお友だちを選んで

「ちょっと、愚痴を聞いてくれる??」ってお願いして

手伝ってもらうのがいいですが、

おひとりで取り組むエクササイズとしては、

安全な場所で、
積極的に、気持ちを言葉にして吐き出してみるといいと思います。

「そんなこと言わなくったって、いいじゃない!」
「悲しいよ~」
「うわーん、くやしいよ~~!!!」って。

感情を言葉にして

どんどん吐き出してみてください。

芋づる式に、どんどん本音が出て来ますからね。

ポイントは、子供みたいに

感情のままに、表現してみること

 

もし、怒りが沸いてきたら、

クッションやお布団を、ボスボス叩いてみてもいいでしょうし、

手身近な紙をビリビリやぶいてみてもいいと思いますよ
! !

そうやって、口に出して

自分の外に出してあげると、 

自分の中にたまってしまったネガティブな感情は、
癒され、消えてなくなっていきます

その後に、

ちゃんとその想いを伝えたほうが良い場合は、

相手に「本音」を伝えてみるといいと思います

(そのまま、ネガティブな感情をぶつけちゃうと、

本当の気持ちが、伝わりにくいですからね
><)

* * * *

「いい人」や「優しい人」って、本当に

周りの人のために、

自分のネガティブな感情を、

いっぱい飲み込んでしまうんですよね

実は、私のカウンセリングでも、 

「カウンセリングの場でぐらい、 

遠慮せずに、気持ち吐き出しちゃいましょうよ!」 

「ずっとずっと、自分の気持ち言えなくて苦しかったですね。 

今日は、ドンドン言っちゃいましょう 

って、ご提案することって多いんですよ。 

中には、言葉に出しながら

涙を流される方も多いんです。

後で

「私、こんなに苦しかったんだ・・・・」

って気づきました、というご感想をいただくことも

自分が、自分の感情を認めてあげる、

分かってくれる仲間に、自分の気持ちを受け止めてもらう。

どんな気持ちでも、

自分の気持ちを大切にしてあげることが出来ると、

あなたの大切な人の気持ちも、

大切にしてあげることが出来ますからね

みなさんも良かったら、やってみてくださいね。

最後に。

いくらカウンセリングの場とはいえ、

「そんな私を知られちゃったら、嫌われちゃうかも

そう感じて、遠慮しちゃう方も

いらっしゃるかもしれません。

(私は思ってましたね~
。)

 

でも、

ネガティブな感情は誰でも持っていますし、

吐き出すことって、本当に大切ですから

私のカウンセリングでは、どんなお気持ちでも

安心して、お話していただけたらな~と思っています。

あなたの心がほっとゆるみ、

あなたらしさを取り戻すための、参考になれば幸いです。

☆☆カウンセリングのご案内☆☆


名古屋・鶴舞駅スグのカウンセリングルームにて
対面式の、面談カウンセリングをご提供しています


◎面談カウンセリング:主に土日祝、月、火 終日

◎電話カウンセリング:主に水・木・金 20時、21時、22時、23時

直近の面談カウンセリングは・・・


*4月30日(土)

5月1,4日、14、15日、17日は終日、

*3日 19:00~のみ

*8日 10:00~のみ


10:00~、13:00~、16:00~、19:00開始です。 

>>カウンセリングメニュー・カウンセリングのご予約状況

カウンセリングのご予約、お問い合わせは・・・・   *    


 <<カウンセリング予約センター>>

 06-6190-5131 または、06-6190-5131

目次
閉じる