MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「NO」も、大切なコミュニケーション

彼に振り回されてしまったり
寂しさを抱えてしまう方が持っている心のパターンに多いのが

「NO」を伝えることに対して、
罪悪感を感じてしまうパターン、だったりします。

でも「NO」というのは、相手を拒絶することでも、
相手を愛することを止めることでもなく、
「私は、こう思うんだ」という意思表示でもあります。

なんだかちょっぴり、勇気のいる「NO」の気持ちですが

だからこそ、
ちゃんと「NO」も、伝えられる関係性になることが出来ると、
お互いに絆を深めていくことが出来るんですよ。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 心理カウンセラー 服部希美です。

今日は、「NO」も言える関係を築こう!をテーマに、書いてみたいと思います。

目次

Noって言ったら、相手を拒絶しちゃうんじゃないかという怖れ

以前の私は、とくに恋愛において「No」が言えない人でした。

それどころか、「人に合わせる、自分は二の次」というのが「当たり前」だったので

Noを言う、どころか
Noという選択が全くない、というような状態だったんですね。

当時は、それすら気づいていませんでしたけどねーー;
無理をして合わせている、という感覚すらマヒしてましたし。

でも、いくら無意識にやっちゃってるとはいえ

「人に合わせる」ということは
当然、人に振り回されちゃう辛さも、出て来ます。

彼は、まったく悪気はないのも分かっているけれど、
合わせることが辛くなってくると、彼が「自分勝手」に見えて来ちゃったりして

彼の行動ひとつで、イライラしたり、悲しくなったり

当時は、そんな自分が要領が悪くて、
心が狭い女だなぁ・・なんて、いっぱい自分を責めていました。

みなさんはいかがですか?

Noが言えない恋愛パターン

「No」が言えない方が持っている愛し方のパターンって、

自己価値の低さや、見捨てられる不安などから、
「自分を犠牲にしてでも、愛してもらいたい」という欲求もあるとは思うのですけどね

「自分のことは置いといてでも、彼を大切にしてあげたい」という愛し方を選択している方も多いと思うんですよ。

「彼を大切にしてあげたい。彼の意志を尊重してあげたい。」

そんな愛情自体は、とても素晴らしいのです。

でもね、ここでひとつ落とし穴。
ここには、自分に対する愛情がすっかり抜け落ちているんですね。

そして、実はこの状態、というのは
彼側の視点も抜けてたりするんです・・。

もしあなたが、彼側だったとしたら?

少しイメージしてみてくださいね。

もしあなたが、彼側だったとしたら。

大切な彼女が、
自分と合わせていることで疲弊してしまって
関係性が悪くなってしまった、としたら

「だったら、もっと早く、言ってくれたらいいのに」って
思うんじゃないかなって思いませんか?

不機嫌になるぐらいなら、譲るのに、とか。
言ってくれなきゃ、わからないよ、とか。

人によっては「俺のこと、信頼してくれてないのかなぁ?」って
悲しい気持ちになっちゃう方も、いらっしゃるかもしれません。

「No」を封印してしまうと、
どちらも、相手を大切にしたいと思っているのに、
愛情が行き違ってしまう、ということにもなりかねないんですね。

大切な人のためにこそNoを伝えること

相手が大切な人であればあるほど
「自分のことも大切にしながら、 相手を大切にする愛し方 =Noも、ちゃんと伝える」のほうが、

ガマンが少ない分、自分の心に余裕も持てますし、

自分の気持ちを伝えられることで、
相手に自分を愛させてあげることも出来るようになるんです。

私も、「No」の言えない歴が随分と長かったのですが、
少しづつでも「No」が言えるようになってきた今、思うのは
「No」も言い合える相手との関係って、本当に楽なんですよね。

なんていうんでしょう、ヘンな気を使わなくても済みますしね〜〜。

相手に「許されている」「愛されている」という感覚も
以前よりもグッと増したような気がしますよ。

最初は「こんなこと言ったら、嫌われるかもしれないなぁ」とか
いろんなことを思いましたが、案外さらっと「そうなんだ~、分かった~」で終わることも多かったりしますしね。

(人によっては、いままで通り、
あなたに合わせて欲しい、と言ってくる人もいるかもしれませんが、
そういうときには、その方との関係性を見つめ直すチャンスでもあると思いますよ~)


IMG_0384

いきなり「彼」に対して、「No」の練習が辛ければ、
まずは遠いところからでも、構いません♪

小さなこと、些細なこと、「このぐらいは別に」って、普段見逃してしまうところから
「No」の気持ちも、コミュニケーションしてみましょう。

最初は、罪悪感がいっぱい出てくると思いますし、
分かっていても、人に合わせてしまうことの方が多いと思います。

でも、100感じた「No」のうち、
まずは1個でも伝えることが出来る私になれたら
日々の感じ方って、かなり変わってきますよ!

人に合わせてしまっている、ということが当たり前すぎて、
イマイチぴんと来ない方は、まず、気づくところから始めてみてくださいね~。

あなたの大切な人との関係が
より親密なものになる参考になれば、幸いです。

あわせて読みたい
ひとりで頑張れることは決して悪いことではないけれど、一人きりで頑張っているときには見えにくいもの... 私たちは、つい あの人に心配かけたくない。重荷になりたくない。気を使わせたくない。 そんな風に感じてひとりで抱え込んでしまいがちだけれど・・ 大切な人が辛そうな...
あわせて読みたい
いっぱいいっぱいのときには、まず、減らしましょう。 カウンセリングの現場では、 「いやいや。いまは頑張るを使うときではないですよ!」と熱弁させていただくことがあったりします。 いろいろな問題が起こって。どうした...
目次
閉じる