MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

どうしたいかわからなくなった時には、自分に投げかけている質問を変えてみよう

「あなたは、和食が好きですか?嫌いですか?」

「一番最近、旅行に行った場所はどこですか?」

「2021年中にこれだけは叶えるぞ!なんて、夢や野望はありますか?」

たとえば、こんな風に質問を投げかけられたとき、
私たちは、いろんな想像したり、思い出したり、考えたりしますよね。

そうやって自分の中の答えを探しているうちに、
普段は漠然としている自分の気持ちが明確になって、
本当に欲しい幸せに、一歩、近づけたり。

「分からない」ということが「分かったり」、と、

実は「質問」の力を上手に使うことが出来ると、
自分らしく生きていくための、とても強力なツールになるですが、

私たちが自己嫌悪しているときに自分に投げかけている質問って、
いくら考えても、自分の中に「答え」がないものが多かったりするんですよね。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
カウンセリングサービス 心理カウンセラー服部希美です。

今日は「質問」について。

「自分のことは置いてけぼり」
「自分の気持ちが分からなくなっちゃった」
「どうも、自分のことを大切に出来ていない」
「もっと、自由に、クリエイティブな才能を伸ばしたい」

こんなご相談をいただいたとき、
自分の気持ちに気づきやすくなるレッスンとして、

クライアントさまに
「日常で、自分で自分に質問してみてくださいね~」って
宿題をお出しすることがあるんですね。

たとえば、なにか食べるときも。

「私は、いま私は何を食べたい?」

って自分に質問してみて、
いいなと思うものをチョイスしてみてくださいね〜というシンプルなものから

私は本当に、彼とやっていきたい?
私は、本当は何がしたい?

寂しいの?悲しいの?
嬉しいの?楽しいの?

そんな風に、
自分に、自分の気持ちを質問してみてくださいね、なんて
お伝えしたりするんです。

実はこの「質問」の力って、偉大なんですね!

答えを探すことで、自分の感情にフォーカスしやすくなりますし、
本当の自分の気持ちに気づき、癒しが起こったりすることも多いんです。

 
実はカウンセリング自体も「質問の力」を活用していたりするんですよ。

 

でもですね、質問だったらなんでもいいのか?というとそうでもない
というところが、ものすごく大切なんです。

 

たとえば、こんなことを自分に質問していませんか?

私は、彼に嫌われてないかな。
私なんて、女性としての魅力ないよね。

などなど。

こういった質問だと、質問の答えが

「自分が、どう感じているか?」ではなく
「相手が、どう感じているか」なので、
 
答えはいつまで経っても出ず、
すればするほど、迷宮入りしてしまうんですね・・。
 

そして、軸が相手になってしまうので、
周りに振り回されてしまいやすくなっちゃうんです。

「相手がどう思っているのか?」という部分はね
正直なところ、これらの本当の答えは「相手に聞くしかない」んです。

だって、どれだけ推測しても、
相手の気持ちは、相手にしかわからないものですからね。
 

ですから、こういうときには、
まずは、そう感じているんだなぁと認めたうえで

ちょこっと自分に投げかける質問を変えてみるか
思い切って、相手に質問してみましょう。

質問を変える場合は、
主語を「私は」に置き換えてみるといいと思いますよ。

 

〇あの人は、私のことをどう思っているんだろう。

私はあの人と、どうなりたいんだろう?
そのために、私に今出来ることってなんだろう?

〇みんなに、嫌われてないかな。

嫌われているかどうかは分からないのに、
どうして私は、みんなに嫌われてるって感じちゃうんだろう?

相手に質問してみるときには、

〇私なんて、魅力ないよね。

魅力というのは「人が、自分を見た時に勝手に感じる印象」のこと。
本当に周りの人が、自分のことを魅力がないと思っているのか
お友だちに「私のいいところ、どこですか?」って聞いてみたり、
いままで誉めてもらった言葉を思い出して、確認してみよう♪

○あなたは私のこと、嫌いなんでしょ?!

私、あなたに嫌われちゃったのかなって感じて不安なの。とか。
もっと仲良くしたいなって思っているよ、とか。

こんなかんじでしょうか。

自分ではなかなか・・・、という方はどうぞ、
カウンセリングで「質問の力」を体験してみてくださいね。

参考になれば、幸いです。

 

目次
閉じる