MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

ケンカになるのが怖くて、自分の意見をひっこめてしまいます(1)

恋愛だけではなく、対人関係全般において

人の顔色をうかがって、気を使ったり、
場をいい雰囲気にするために、おどけてみたり、

いい争いになりそうなときには、
自分の意見をひっこめてしまう。

そんなあなたには、もしかすると
「私さえ我慢すれば、うまくいく」という想いが、眠っているかもしれませんね。


いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は
「ケンカになるのが怖くて、自分の意見をひっこめてしまう心理」
について、書いてみたいと思います。

恋愛でお悩みの方は、恋愛で。

お友だちや職場の対人関係でお悩みの方は、その状況を
イメージしながらお読みくださいね~。

++++

周りの人と意見が違ったとき。
嫌だなぁ、やめて欲しいなぁと感じる出来事が起きちゃったとき。

自分の意見を人に伝えることで、
ケンカになっちゃったり、関係を悪化させたり、
場の空気が悪くなっちゃうぐらいなら、

「私が我慢すれば、いいや」って

自分の想いを封印してしまうパターンをお持ちの方って、
けっこう多いと思うんですよ。

実は私も、このパターンを長年持っていたんですね。

でも、当時の私にはこの考え方は「当たり前」だったので、

「自分の意見を言えない」ということ自体には、
苦しさも、疑問も、全く抱いていませんでした。

それどころか、「自分の感情を抑圧している」ことすら
気が付いていないぐらい・・・・マヒしていたんです。

ですから、

どうして、恋愛が苦しいのか?
どうして、失恋の傷が、こんなに長引いてしまっているのか?
どうして、対人関係をいきなり切りたくなってしまうのか?
どうして、こんなに自分のことが嫌いになのか?

自分の持っている問題を、カウンセリングで紐解いていった結果、

この心理パターンが、
自分の生きづらさを生み出している要因の一つではないか?と分かった時、
ちょっとビックリしたのを覚えています。

え、原因はそこなの?!みたいな。

 

愛する人と、いい関係を築きたい。
できれば、いつも仲良くいたい。

その気持ちはとても素晴らしいものです♪

でも、相手の気持ちを優先させるがあまり、
「自分の気持ちを封印する」愛し方を続けていってしまうと、

自分が苦しいだけでなく、
対人関係がうまくいかなくなっちゃうんですね。

相手と仲良くしたい、大切にしたい、という想いが
裏目に出ちゃったりするんです。

「平和主義」とも、捉えることが出来るこのパターン。

 

今回は数回に分けまして、
この心理パターンが、恋愛や対人関係に及ぼす影響や、
その心理パターンを持ってしまった原因、

そして、そんな心優しいあなたの愛情を
うまく対人関係に活かしてしていくには、どうしたらいいのか??

私の実体験も絡めつつ、ご紹介したいなと思います。

参考になれば、幸いです!

>次回へ続きます。

 

*面談カウンセリングのご案内*

名古屋・鶴舞駅徒歩5分の弊社カウンセリングルームにて
対面式のカウンセリングをご提供しています。

また、月に一回東京地区にも出張カウンセリングを行っております。

オンライン面談(Zoom)もご選択いただけます。
お好みでお選びくださいね♪

現在のご予約状況は、こちらからどうぞ☆

IMG_1182 - コピー
<名古屋・鶴舞・オンライン>

名古屋ルームアクセス・地図)  

<東京(駒場)出張>

(東京ルームアクセス・地図) 

カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

■ カウンセリングメニュー   

■ ご予約方法     

お客さまの声   

服部の略歴    

■ メディア関係者さま宛てのご案内   

目次
閉じる