MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

自分の人生を歩むために~嫉妬を引き受ける覚悟を決めてみる~

私たちは、自分の人生を歩みはじめたとき。

「周りに、どうみられているんだろう?」って、
人の目を気にしてしまったりしますよね。

とくに周りの人の「嫉妬」が怖い、というお話を良くお聞きします。

世の中には、いろんな人がいて、
自分の価値観から、いろんなことを言いますからね。

自分のことを応援してくれる人もいれば、
自分の劣等感から、あまり面白くないなぁと感じる人もいると思いますが

自分の良さを発揮し出して、表舞台に出はじめると、
「嫉妬を引き受けるだけの器」を求められることが多いようですよ。

いつもお読みいただき、ありがとうございます! 
カウンセリングサービス 服部希美です。

突然ですが。

某!有名芸能人さん達が
立て続けに、結婚を発表しましたね~。

すごく失礼な話なのですが。
ある意味「独身男性代表」になっていた、芸能人さん達の結婚報道に、

特別、彼らのファンではない方でも、
ビックリされた方も多かったのではないでしょうか??

とても人気があり、影響力の強いお2人ですから、
お相手の女性に嫉妬しちゃうわ~・・なんて方も、いらっしゃるかもしれませんね~。

ということで、今回のテーマは・・・
「嫉妬を引き受ける覚悟を決めてみる。」

目次

嫉妬=向かい風

彼らのお相手の方が、
どう感じていらっしゃるのかは、私には、知る由もありませんが(笑)

「結婚」や「夢の実現」だけに限らず、

私たちが「誰かの望む人生」から「自分の人生を歩もう」とシフトチェンジを試み、
一歩踏み出した時、「向かい風」が吹いてくることが多いんですよね。

その「向かい風」として表れやすいのが、「嫉妬」

自分でも「そうだよね~・・そう思われちゃうよね」って、
思っちゃうようなことを、ズバッとつかれちゃう場合も多かったりして
ペッコリと凹んでしまう><なんてことも、あったりしますよね。

そこで怖くなって、後ずさってしまうことも多いのですが、

実は、こんなときって、
自分の中の本気を問われる場面でもあったりするんです。

「それだけの信念が、あなたの中にあるの?」 って。

嫉妬も成功も丸ごと受け入れる=コミットメント

「しゃーない!!その嫉妬も、引き受けてやろうじゃないの!」

って、覚悟を決めてみるといいかもしれません(笑)

引き受ける、といっても、
相手に何かしなさいとか、競争しなさい、いうことではなくて。

むしろ、その逆といいましょうか。

「嫉妬されちゃうこともあると思うけど、
それでも私は、自分の人生を歩む。」

って現状を受け入れ、
嫉妬に捉われずに、前に進む!と決めるだけ、なんですよね。

suit-couple-blue-shoes-large

心理学用語で、

「決意する、覚悟を決める、肚をくくる」ことを
「コミットメント、コミットする」といいます。

実はこの「コミットメント」の力って、ものすごいんです。

不思議なんですけどね、
自分の心の状態って、周りにちゃんと伝わるんですよ。

ですから「嫉妬さえも、引き受ける覚悟」を決めて、
コツコツ行動に移し始めると

あなたの中の「コミット」が伝わって、
真の理解者や、応援の手が伸びて来やすいんです。

そして、いつのまにか・・

「嫉妬」が気にならなくなっていたり、
いつのまにか、応援されていた!な~んてことが、起きたりするんですよね!

嫉妬で足を引っ張られる時には、コミットが求められている

私も、たくさん経験があるのですが、

「嫉妬されないように」隠れてみたり、引っ込んでみたり、
「いやいや、私なんて」と、自分を下げてしまうと、

「あなたは持ってるじゃないの!何言ってんのよ!」って
余計に、相手の嫉妬心をあおっちゃったりするんです・・・。

(「嫉妬」って、されることは仕方がないのですが、
嫉妬をあおっちゃうことで、こじれる原因になっちゃうことが多かったりするんです><)

無自覚の場合も多いですし、
双方ともに、悪気はないんですけどね~。

嫉妬を引き受けてあげることが出来ると、
こういうすれ違いで傷つけあうことも、極力、減らすことが出来たりするんですよね。

嫉妬されるということは、あなたの価値を見られている

嫉妬、という感情は

「あなたは素晴らしいけれど、私には、あなたのような価値がない・・」
という誤解から生まれます。

ようするに相手から、「価値を見てもらっている」んですよね。

ですから「嫉妬をされちゃう」という方は、
それを引き受けるだけの価値も、器ももっていますし、

本当は、嫉妬しちゃう人にも
自分と同じだけの器があるはずなんですよね。

(私たちは、自分にない価値は、感じられませんからね♪)

ですから、その人たちの「ビジョン」になってあげるつもりで。
みんなからみてもらっている価値を、受け取るつもりで。

何度も、何度も、「コミットメント」を
意識してみていただけたらなぁと思います。

それでも嫉妬されやすい人は「自己肯定感」に注目してみる

あまりに嫉妬に振り回されてしまう、怖すぎる、というときには
自己肯定感が低すぎたり、癒着や共依存の問題が隠れていたりします。

そんなときには、自分の心を癒すアプローチも有効だったりしますよ。

どうぞ、カウンセリングなどもお使いくださいね。

あなたが、あなたの望む人生を歩む、
参考になれば、幸いです。

あわせて読みたい
どうして嫉妬したくないの?嫉妬されると苦しいの? そこにはあなたの愛がある いつもありがとうございます。カウンセリングサービス、服部希美です。 自分にない、ステキな部分を人に見つけてはずーーーんと落ち込んでしまったり。 ワイワイ楽しそ...
目次
閉じる