MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「自分を特別に扱ってほしい人」との上手な付き合い方

「自分には価値がない」という、無価値感を強く感じているとき。

この「特別に思われたい!」という気持ちが強くなりすぎてしまって
「もっと私を特別視してよ!」って、相手に求め過ぎてしまうことがあるみたいなんですね。

自分で自分の価値を感じられない分、誰かに特別扱いをしてもらわないと、
「自分には価値がある」と感じられなくなっている、って捉えることが出来るんです。

いつもお読みいただきありがとうございます。
カウンセリングサービス 心理カウンセラー服部希美です。

こんな記事を前回書いたところ、

「夫がこういうタイプなんです」とか、
「職場の上司が、こんなタイプで困っています」
「うちの両親も、もろこんな感じなんです」

というコメントやご相談をいただくようになりました。

カウンセリングの現場などでお話をお伺いしていると
最初はみなさん、「アイツに腹が立つんです~~!」なんて、
お怒りモードだったりするのですが、

よくよくお話を伺っていくと・・

「これって、私の接し方に問題があるんですかね?」
「・・・どうしたら、相手といい関係が築けますか?」

なんて

「本当は、相手といい関係を築きたい」
「相手を理解してあげたい」と思っているのに「それがうまくできなくて悲しい」という
ご相談者さんが相手に抱いている、愛の深さを感じることが多いんですよね。

お話を聞きながら
ご相談者さんの優しさや愛情に、私がぐっと来てしまうことも。

パートナーシップに限らず、

対人関係って「自分」と「他人」とで協力して作り上げていくもの。

「他人を変えることは出来ない」ですから

自分一人が空回っているように感じたり、
もうムリかも、って諦めそうになる時もありますよね。

それでも、ご相談くださった方や、
こんなタイトルの記事を読んでくださっている皆さんはきっと、「もうすこし、自分に出来ることがあるんじゃないか?」って、
模索されている方なんじゃないかな~って思うんです。

ですので今回は
「自分を特別に扱ってほしい人」との上手な付き合い方」を
少し、ご提案させていただきたいと思います。

みなさまの参考になれば幸いです。


前回の記事でも書きましたが、

私たちが「特別意識」してもらいたい気持ちが強すぎるときって、
「無価値感(自分には価値がないという感情)」を強く感じていることが多いんですね。

ですからね、この場合は
「相手に価値を伝えてあげる」ことが、もっとも有効な手なんです。

 

具体的には、「相手に、感謝の気持ちを伝えること」と、

「相手の価値を見て、たくさんほめてあげること」。

「すごいですね!」
「さすがっ!」
「おつかれさま~」
「いつもありがとう」
「助かりました!」

「そういうところ、ステキだね」
「いつも、本当に頑張ってるよね!」
「尊敬してます」
「おかげさまです」

誉められるところでは、すかさず誉める!
そして「感謝」の気持ちを、沢山伝えてみましょう♪

とはいえね。
いままでずっと「自分に価値がない」と思ってきた方の場合
ちょっと時間がかかるかもしれません。

本当にそんなこと、思っている?
まず「疑い」が入ってきますからね。

相手の立場になって考えてみると、
「なんでこんな自分に、そんなこと言い始めたの?」
「なにか裏があるんじゃないの?」「本心じゃないでしょ」
そんなふうに感じちゃうのも、わかる気がしませんか?

こう言う場合はね、
根気よく、相手に価値を伝え続けてみてくださいね。

するとですね、ずーっと自分には価値がないって思ってきたのに
自分に価値を見てくれる人が現れたわけですから、

疑いを超えられたとき。

徐々に「自分は、この人にお役にたてているのかもしれないな~」って
感じられるようになってきたりします。

すると、自分の本心をぽろっと話してくれるようになったり
虚勢を張るようなことが減ってきたり、と
何かしら変化が出てきたりするんですね。

で、ここで注意したいのはね
「あなたが無理をしない」ということなんですね。

はい、どきっとした方、いらっしゃるのではないでしょうか?

相手のためとはいえ、無理をして相手に合わせてしまうと
ストレスを感じてしまいますよね。

ストレスをためてしまうと、
「私はあなたのために、こんなにしてやってんのに!!」なんて、
相手の言動にイライラしやすくなってしまいます。

もしあなたが現時点でも、

「とても相手を誉めるところが見つからないわよ!」
「腹が立って仕方がないもん!」状態だったり、

「我慢しようと思ったらできるけど・・なんか、しんどいな」って感じる状態であれば、

カウンセリングなどで
自分の心のケアをしてから挑む(笑)のもオススメですし、

「ありがとうございます」という言葉だけは伝えよう、とハードルを低くしてみたり、
すこし距離を取りながらやってみる、
応援者を作って、弱音を聞いてもらう場を作っておく、

などなど、自分を大切にしながら取り組んでみてくださいね。

また、自分自身が「無価値感」を強く感じている場合も、
相手の無価値感と共鳴して、しんどくなってしまうことも多いので自分の無価値感にもキチンと向き合ってあげることも大切です。

例えば、自分がダイエットをしているとき。

目の前で彼がケーキを美味しそうに食べていたら
「ふざけんな~!私がどれだけ我慢していると思ってんのよ!ズルイ!
な~んて殺意を覚えたりしますよね?(笑)

無価値感が強い状態のとき、
特別に思ってもらいたいという気持ちは強くなりがちですから
「私だって特別だと思われたいけれど、そんなこと思っちゃダメよね」って
無意識に抑圧している可能性もあるんですね。

抑圧していればいるだけ、
それをやっている人に対して腹が立ちます

もし「どーしても許せない!!」という怒りが大きすぎるときや
誉める事に対して、なんだか抵抗感が出てしんどく感じてしまう時には

自分の無価値感にも向き合ってあげてくださいね

 

最後になりましたが、
このアプローチを続けていくにあたり、一番大切なことは

「私がこの人と、どうありたいか」が大切だと思うんですね。

例えば職場の対人関係であれば、
「職場の付き合いだから」と、適度な距離を作って接するというのも一つの方法ですよね!

恋人であれば、もっと視野を広げてみるという手もあります。
離婚を決意され、幸せになられる方も沢山います。

ようは「私がどうしたいか?」が大切なんです。

ですので、いま、対人関係に行き詰っている方がいらっしゃったとしたら。

一度、カウンセリングなどで
ご自身の「本当の気持ち」を整理してみることを、お勧めしたいと思います。

そうして、あなたの気持ちが決まった時には、
「どうしたら、その状況に近づくことが出来るのか?」を一緒に考えていきましょう!

初回は無料で電話カウンセリングが受けられます。
よかったら、お話をお聞かせくださいね。

お待ちしています。

あなたの大切な方との関係が、より良いものになりますように♪

参考になれば幸いです。

\こんな男性に惹かれてしまうシリーズはこちら/
男性心理

バナー2
 過去の「今日の一言メッセージ」は上の画像をタップ☆

*面談カウンセリングのご案内*

名古屋・鶴舞駅徒歩5分の弊社カウンセリングルームにて
対面式のカウンセリングをご提供しています。

また、月に一回東京地区にも出張カウンセリングを行っております。

オンライン面談(Zoom)もご選択いただけます。
お好みでお選びくださいね♪

現在のご予約状況は、こちらからどうぞ☆

IMG_1182 - コピー
<名古屋・鶴舞・オンライン>

名古屋ルームアクセス・地図)  

<東京(駒場)出張>

(東京ルームアクセス・地図) 

目次
閉じる