MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

【Q&A】突然「君との関係に疲れた」と言われ失恋。恋愛が怖くなりました。

楽しかったデートの別れ際、彼から「君との関係に疲れた」と言われてしまい、別れを切り出されました。

別れたくないと、何度も伝えましたが、彼の気持ちは変わりませんでした。

付き合っていた時、彼はいつも優しく私を受け止めてくれていたし、
なにか直したほうがいいところとかあったら言ってね、と私に伝えてくれていました。

人望も厚く、周りの人からも慕われる、とっても面倒見のいい人でした。

だからこそ、私は彼の前で自分らしくいられたし
私はずっと2人の関係はうまくいっていると思っていたのです。

あまりにも、思いがけない別れだったこともあり、それからの恋愛では

「こんなことを言ったら、男性が嫌がるだろうか」
「甘えちゃいけないんじゃないか」

と、いちいち気にするようになってしまい、
正直、恋愛をすることも怖くなってしまいました。

同じ失敗を繰り返さないためにも、私はなにを心がけたらいいのでしょうか。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日はですね、Q&Aにお答えしたいと思います。

「優しい彼に突然別れを告げられた」

こういう失恋って辛いですし、
答えの出ない質問を自分にぐるぐる投げかけちゃいますよね。

「彼は何が嫌だったんだろう」

彼女側に悪気がない、という部分からしても
この失恋がどれだけ大きなショックだったのか、
これからの在り方に戸惑ってしまう、そんな気持ちも無理はないと思います。

私の何が悪かったんだろう?
どんなことをやらないようにしたらいいんだろう?

いっぱい、考えてこられたのではないかな。

でね、こういうときに
「やっちゃいけないこと探し」ばかりに焦点を置いても・・
あなたらしくいられないのかな?とも思うのですね^^;

そもそも、彼があなたにお付き合いしたいと思ったということは
あなたの行動に「いいね」と彼が感じたということでもありますから
あなたにはそれだけの魅力もあるはず。

こういう場合は「やらないこと」を考えるよりも
学びを得て「愛する」方向に、目を向けていった方がうまくいきやすかったりするのですね。

ということで、
今日は「周りを大切にする優しい彼」の心理と
そんな彼の味方になるために必要な視点、というのをお伝えしたいと思います。

現在お付き合いしている彼が、まさしくこのパターンですという方にも
参考にしていただけるかな?と思います。

長い記事ですが、最後までお読みいただけたら嬉しいです。

では、いってみましょう!

男性でも女性でも
人の気持ちを大切にできる、与え上手な人。
争ったり、競ったりすることを好まない優しい人の中には、
こんなパターンをお持ちの方も少なくないんですね。

「自分のことで、人に迷惑をかけたくない」
「相手を優先するために、自分のことは横に置いておく」

こんな、我慢や犠牲のパターンです。

そしてたぶん、そういう人はパートナーの前だけでなく
会社であったり、家族や友人との関係でも・・

自分のことは横に置いて、人を優先しちゃう。
本当は辛くても、みんなの前では、いい顔をしちゃう。
自分の気持ちや欲求を抑圧しちゃう。
いつも誰かのために、笑顔を頑張っちゃう。

こういうパターンをやってるのではないかな、と考えられるわけです。

もしかしたら、幼い頃から「お母さんを守らなきゃ」「家族を守らなきゃ」とか。
「期待に応えて、成功をもたらしたい」「どんなときでも、優しくありたい」
そんな愛し方をされてきた方なのかもしれません。

で、ですね。
その優しさは、彼のとてもいいところだと思うのですね。
たぶんあなたも、彼のそういった優しさに惹かれたり、救われたりしたこともあると思うのです。

でもですね、我慢や遠慮というのは長くは続けられないのです^^;

我慢や遠慮していることに自覚がある場合もあれば
自分が抱えきれなくなって初めて、無理をしていたと気づくことも多いのですが、

どちらにせよ、こういう方がお別れを言い出すとき、と言うのは
我慢が積もりに積もって、もう持ちきれません!!という限界の時のことも多いのですね。

とはいえ、です。
ここからが大事なことなのですが。

女性側が、ワガママ放題をして、
彼をブンブン振り回していたことで限界がきちゃった。
彼に甘えすぎて、潰してしまった。

実は、そういうケースばかりでもなかったりもするのですよね。

彼が日頃から、自分の欲求や感情を抑圧している分、
彼女の言動が「ワガママ」に感じられたり
彼女に自分の不満や弱音を吐けず、溜め込んでしまい、限界になってしまった。

こういうことも、あるのですよね。

とくに男性は小さな頃から
「男なんだから、泣いちゃダメ」と感情を感じることを否定されたり
「弱音」なんて吐いちゃいけない、と頼ることを禁止されたり、
「女性を支え、守れるほどに強くあれ」という教えを学んできてたりしますから

自分の感情や弱さを抑え込む癖がある方も多いです。
抑えこんで、頑張って日常をこなそうとするわけですね。

とくに、ちょっと大人で優しい方ほど、
自分の中の怒りや辛い気持ち、欲求をぐっと押さえ込み
大切な女性のために頑張る。こういうことをやりがちだったりするのです。

でも、感情は抑圧すればするだけ、心の中に溜まっていき
膨れ上がってしまうので、いずれは限界を迎えてしまいます。

「彼女を受け入れてあげたい」
「しっかりとした、いい男でいたい」
「このぐらいで根を上げてちゃいけない」

「でも、つらい。」

葛藤の末。

彼女の前で感じる、つらい感情が抱えきれなくなり
別れることで、感情を感じなくて済むようにする。

ときには、人が変わったような冷たい言葉をぶつけてまで
離れようとしちゃう人も、いるみたいです。

さて、ここまで読まれた方の中には
罪悪感を感じちゃった方もいらっしゃるかもしれませんね。

「私、彼をそんなに我慢させちゃったのかな」
「気づいてあげられなかった私って、最低」

でもね、ここであなたが罪悪感を感じてしまうことも・・
あなたが我慢をしてしまうのも・・
優しい彼のことですから、本望ではないと思うのですよ。

それはなぜか。
あなたのことが、大好きだから^^
あなたの笑顔が見たくて、やっていたからです。

それだけの価値が、あなたにはあるのですよね。

ですからね。
あなたも、彼の優しさをしっかり受け取りながら。

彼にとって、あなたが「安心して、本音を出せる場所」になる。
つまり、周りに気遣ってばかりの彼の宿り木になってあげる。

ここを目指していくとですね
オンリーワンの存在として、絆を深めていけたり、2人のバランスが取れてくることが多いのですね。

たとえば、です。
ちょっと2人でゆっくりしているときに、
こういう言葉を、ちょこちょこかけてみるのも手です。

「今日のデート、私はOOが楽しかったな〜。
あなたはどう感じた?いま、どんな気持ち?」

「あなたの好きなこととか、やりたいことも教えてね〜!
どんなところが好きなの?」

「こういうことがあるとさ、なんか悲しいね・・。あなたはどう思う?」

「私はね、あなたと、もっと心がつながれるような、
深い関係になりたいなって思っているんだ。
だからもし、我慢していることや困っていることとか、
私に直して欲しいところとかあったら伝えてね。」

などなど・・

「日頃から、彼が自分の感情を、
パートナーである私に言いやすい状況を作ってあげる」

感情を話せる相手になってあげる、
これが、日頃、感情を抑圧しやすい人と絆を結ぶには、ものすごく大切なんですね。

それでもね・・・
彼は、最初「別に、なんにもないよ」というかもしれません。
あんまり気持ちを話してくれないかもしれません。

それでも、いいのです^^

彼は心を開いてくれない!信頼されていないわ!と傷つく必要はありませんし、
無理に聞き出す必要はありません。

あくまで「あなたの気持ちを、私はいつでも聞くよ」というスタンスを、
コツコツ、軽く、伝えていくといいのですね。

そしてもし、彼が何か本音を伝えてくれたなら。
たとえその内容が、自分にとってショックなことだったとしてもね、
どうか傷つかずに、一度、受け止めてあげてください。

「そうだったんだ。伝えてくれてありがとう。」ってね。

とくに、お付き合いの中で、
積もり積もったものがある場合、
どこかのタイミングで、いままで飲み込んだ不満がドバッとでてくることもあるかもしれません。

彼のことを大切に思う人ほど
正直、耳が痛いというか><
悲しい気持ちになっちゃうと思いますが・・

そこで、愛を選択して・・
彼の気持ちを誠実に受け止めることができたなら
彼から「自分の気持ちを受け止めてくれる、唯一の人」
というギフトが、あなたにやってくることも多いですよ。

もちろん、あなたもあなたの感情を
ひとりで抱える必要はありません^^(ここ、最重要)

あなたがひとりで自分の感情を抱えて我慢してしまうと
今度はあなたが、彼に感情をぶつけてしまいたくなったり
お付き合い自体をうんざりしてしまうことも多いですから^^;

あなたの感情を安全に処理できる場所、時間、
弱音を吐ける味方とともに、取り組むことがとっても大事です。

カウンセリングもご活用いただけたらと思いますよ。

最後に・・
この記事をお読みの方の中には
こんなことを感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

「いやいやいや!私は本音でぶつかっているわよ!
彼が私と向き合ってくれないんじゃない!」

「どうして女ばっかりが、頑張らなきゃいけないの?!」

「そんな面倒くさいことやるぐらいなら、恋愛なんてしなくてもいいよ!」

めちゃくちゃ腹が立つ!むかつく!!
悔しくて、悲しくて、涙が出ちゃう。

もしも、あなたがそう感じたとしたら・・
あなたはとっても優しい、愛情深い人ですよ。

もしかしたら、あの優しかった彼と同じように・・
好きな人のために、無理をしすぎたり、
我慢や遠慮をしちゃう方、なのかもしれません。

というのもねー、
実は、このプロセスは、彼を通して
「我慢することで周りを一生懸命愛してきた自分」と向き合うということでもあるのです。

「私だって、いっぱい我慢してきたよ」
「あなたにまで、私はがんばって与えなきゃいけないの?」
「あなたぐらいは、私を愛して」
「私の話も、聞いて欲しいのに・・」

そう思っちゃうぐらいに

自分の欲求や気持ちを抑圧したり、
犠牲や遠慮をしながら、大切な人を支えてきた。愛してきた。
そんな、優しい方なのではないでしょうか。

自分も彼以上に無理をするタイプだから
彼が無理をしていたことに気づけなかった。
こういうことも、起きちゃってたのかもしれません。

とするならば、あなたに必要なものは
「そんなあなたが悪いのよ」という罰ではなく
よく、ここまでやってきたね。という労いの言葉と。

彼に目を向けるように、
あなたも、あなたに温かい目を向けるということなのかもしれませんね。

もしもピン!とこられた方はね
彼と向き合うことと同じぐらい、
あなたも、あなた自身のケアをする時間を作ってみてください。

安全な場所でね
ここまで頑張ってきたあなたを、
助けてあげて欲しいなと思うのです。

あなたが誰にも話さずに、ずっと飲み込んできたお話を
信頼できる聞き上手な人に、思う存分、聞いてもらったり。

抑圧してきた感情や悲しみを安全な場所で解放したり
パターンを癒し、よりよいものに書き換えたり
自己価値を受け取ったり、安心感を心の中に築いたり・・

「私はね、あなたと、もっと心がつながれるような、
深い関係になりたいなって思っているんだ。
だからもし、我慢していることや困っていることとか、
私に直して欲しいところとかあったら伝えてね。」

これを、自分さんにも言ってあげる。
あなたの心に耳を傾け、心の傷を癒してあげる時間をね、
とってあげて欲しいなぁと思うのですね。

自分の心に余裕ができたり、傷が癒えてくると、
パートナーを受け入れることも、めちゃくちゃ楽になりますからね。

良かったらお試しくださいませー。

最後に。

失恋から学ぼうとすること。
これ自体が、あなたの愛を表しているということに気づいていますか?

あなたが大好きな人を「大切にしたかった」という思い
そしてあなたが、人を大切にできる人だという証明でもありますよ。

パートナーを幸せにしたい。
でも、私にパートナーを幸せにできるだろうか。
そんな気持ちも、あなたの優しさ。

どうぞ、そんな自分さんも大切にしてくださいね^^

そんなあなたなら、きっと、次はうまくいきますよ。

応援していますね。
参考になれば幸いです。

オレ様彼氏、怒りっぽい彼、なかなか結婚を決めてくれない彼・・・
「こんな男性に惹かれてしまうシリーズ」はこちら

心理カウンセラー 服部希美
こんな彼に惹かれてしまいます | 心理カウンセラー 服部希美 ハードワーカー、オレ様彼氏、甘えん坊な彼・・。 愛おしくもなんだか大変^^;なぜ私は、そんな彼にどうして惹かれてしまうのか?そんな彼といい関係性を築くヒントを書...

直近のカウンセリングのご案内♪

あなたの幸せを心理からサポート
次はあなたが幸せになる番ですよ♪

<オンライン>
・9/24(土)10:00、13:00
・9/25(日)13:00のみ

>>最新のスケジュール

10月もご予約受付中。
オンラインに加え、名古屋ルームおよび、東京ルーム(出張)での対面カウンセリング再開しますよ〜
ご予約は予約センター(06-6190-5611)までお願いします。

写真は名古屋ルーム!
目次

開催日時

お申し込み、締め切りました。

開催日時: 2022年8月6日(土)10:00~18:00
開催テーマ:『心の荷物をおろして、軽やかに幸せに生きる

講師: 服部希美
ゲストカウンセラー:池尾千里新城謙吾
開催場所: カウンセリングサービス Zoomミーティング
価格: 18,700円(税込)

オンライン(Zoom)でのワークショップですので、お好みの場所からご参加いただけます!

※お申し込みと事前決済は、8/5(金)15時で受付を終了いたします。
参加をご希望の方は、お申し込みと事前決済の両方を期間中にお手続きくださいませ。

◇オンラインワークショップへの参加手順について
詳しくは >>>こちら のご案内をご確認くださいませ。

目次
閉じる