MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

彼女がいるのに、ちょっかいを出してくる男性を心理分析してみる

すでに自分に相手がいる、とか
こちらに相手がいようがいまいが関係なく
ちょっと期待を持たせるような言動をしちゃう男性っていますよね〜・・。

距離がなんだか近かったり
こちらの気分が良くなるような、リップサービスをしてきたり。
「君が彼女だったら良かったのに」なんて、思わせぶりな態度で口説いてきたり。

こういう場合、相手側に下心はなくて
コミュニケーションの一環として
やっている場合も多かったりしますし

単に、その人自身のパーソナルスペースが近すぎる場合もあったりもするのですけどね

ときどき、自分にパートナーがいるにも関わらず
「本気で」口説いてくる、そんな方もいらっしゃるようです。

いつもお読みいただきありがとうございます。
カウンセリングサービス 心理カウンセラー服部希美です。 

今日はですねー
こんな彼に惹かれてしまうシリーズ。

「自分には相手がいるのに」異性に気を持たせるようなことをしてしまう心理状態、
について、ちょっと心理分析をしてみたいと思います。


ちなみに、この記事にたどり着いてくださったあなたは
どういう状況、心境で、この記事に興味を持たれたのでしょう??

言い寄ってくる既婚者やパートナー持ちに困っちゃっているからでしょうか?
そしてなんだか、まんざらじゃないかも・・なんて気持ちで揺らいじゃっているからでしょうか?

(自分にとってどうでもよかったら、悩みませんからね^^;)

彼の甘い言葉を信じて、裏切られちゃったとか。
別れる別れるっていいながら、ぜんぜん別れてくれない彼を待ち続けています。

そういうお辛い気持ち真っ只中!の方もね、もしかしたら多いかもしれません。


今回の記事はですね、そんなあなたのために。

誰がいいとか悪いとか、
正しいとか間違いとか、そういう視点ではなくてね^^;

「どういう心理状態になると
そういうことをやってしまいがちなのか?」

「そんな人に心がざわついてしまう私に、
どんなことが起きているのだろう??」

についての理解にお使いいただけたらと思います~。

どうぞ、ゆっくり最後まで読んでいってくださいませね^^

\こんな男性に惹かれてしまうシリーズはこちら/

男性心理
目次

満たされていない思いを「外」で補おうとする心理「不足原則」

もちろん、ケースバイケースではあるのですが
心理学では「不足原則」という考え方があります。

つまり奥さんや本命の彼女から「もらえないもの(不足分)」を
他の女性からもらおうとする心理です。

本人は無意識の場合も多いのですけどね

新鮮さだったり、自尊心だったり、安心感や、欲求、
ちょっと不思議ですが「若さ」だったりを「本命」から貰えていないなーと感じたとき
「本命」と向き合うのではなく「外で満たそう」としてしまう心理から

自分にすでに相手がいるのに
異性の気を惹くような行動をしてしまう、なんてことが起きたりするんですね。


本来であれば、本命とコミュニケーションをとったり
自分の心を見つめたりしながら、解決策を考えていけるといいのですが、
そこに向き合うことできず、外から補おうとしてしまうわけです。

実は、けっこう身近な「不足原則」

既に相手がいる相手との男女関係、となると
けっこう大ごとになってしまいますが

「不足原則」自体は私たちにとって、かなり身近なものなんですよね。

たとえば、仕事が忙しくてストレスが溜まっているとき
バーっと買い物をしてしまうこと、ありますよね~。

寂しいなと感じた時に、思わず過剰に食べてしまう、そんな方もいらっしゃると思います。

(私も、やっちゃうときありますよー^^;うんうん)

実は「何かに過度に依存的」になっているとき、この不足原則が働いていることが多いのです。

「心の穴を食べ物で埋める」「欠乏感を物で埋める」「劣等感を資格で埋めようとする」
「恋愛がしたいけれど自信がないから、アイドルにのめり込んでしまう」などなど・・

これらもすべて「不足分を補いたい」という欲求からきています。
いいとか悪いとか、そういうジャッジではなく「誰でも持っている心理なんだな」と思ってみてくださいね。

そして恋愛としては「自分に持っていないところ」に惹かれる心理も
この不足原則から来ていたりもするので悪いことばかり、でもないのです。が。

ただ、このケースの厄介なところは
相手に「本命」がいる状態で、そこで満たされない部分を外で満たす、という状態なので、
基本的に「本命ありき」という関係性が築かれやすいというところなんです。

ちょっかいを出された側にも
同じ「不足原則」が働いているかも?!

さてさて。
実際のカウンセリングもここからが本題です!

ちょっかいを出してくる方の心理は理解できたと思うのですが、
ちょっかいを出された側もね、いろいろな心の反応がおきますよね。

聞き流せる人、
そもそも気づかない人、もいらっしゃれば
どっぷり三角関係になってしまう方もいらっしゃいます。

たとえば、恋愛のカウンセリングをご提供していると
「失恋」のプロセスからの回復期なんかに
こういう男性にひっかかりやすくなっちゃう時期って、あるのですよね。

だんだんと傷ついた心が復活してきて
自分に女性としての自信もついてきて

周りの人からも「なんだかステキになったね」なんて言われはじめた頃。

既婚男性やプレイボーイタイプから
誉めてもらえることが増えてくることがあるんです。

普通だったら

「・・・ん?なんかおかしいな?」って思ったり
嬉しいけど、相手のこともあるからちゃんと線引きをしなきゃね、って思えたりする方であっても

傷ついたり、寂しさを抱えてしまってる心には、
けっこうな甘い誘惑となってしまうことが多かったりするのですよ><

その人で、自分の満たされない思いを満たしたくなってしまうのですね。

ちなみに、、相手に相手がいるのが分かっているのに、誘いに乗ってしまうとき
自分にも不足していて埋めたい部分があったり、

私は「本命」にはなれない
私を満たしてくれる人はいない、という悲しみが眠っている場合も多いですよ。

あなたはいかがでしょうか?
悲しい思い、ひとりで抱えていませんか?

もう、この辺りの深い心の部分は自覚されてない場合も多いですし、
頭ではわかっていても心が言うことを聞かないという部分でもあるので
お気軽に、カウンセリングもご活用くださいませ。

その場しのぎの安心ではなく
心からの安心や喜びを感じられるようになってくると
関係性が自然と変わってくることって多いですよ。

あなたが大好きな人と
もっと幸せな関係性を築くための
参考になれば幸いです。 

こんな男性に惹かれてしまうシリーズは
下のバナーをタップ〜♪

\こんな男性に惹かれてしまうシリーズはこちら/

男性心理

**

面談カウンセリングのご案内

名古屋・鶴舞駅徒歩5分の弊社カウンセリングルームにて、対面式のカウンセリングをご提供しています。
また、月に一回東京地区にも出張カウンセリングを行っております。

オンラインでの面談も開始いたしました。お好みの方法をご選択くださいね♪

目次
閉じる