MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

楽しく生きることを許可するために思い出すといいこと〜あなたの中にある宝物に気づいていますか?〜

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
心理カウンセラー 服部希美です。

今日は、ちゃんとしなきゃ、しっかりしなきゃ
周りの人と同じ人生を選ばなきゃ・・そんな気持ちが強いな〜
そんな頑張り屋さんなあなたのお役に立てたら嬉しいです。

あわせて読みたい
最近、ホッとする時間を取れていますか?人生を楽しむために必要不可欠なことは「OとOの疲れをとること」 いつもお読みいただき、ありがとうございます。心理カウンセラー 服部希美です。 今日は、2月11日に開催します人生を楽しむ許可を出す1DAYワークショップに向けて「楽...
目次

私たちはもともと、楽しむことの天才だった!

楽しさ、といえば。

私たちは、子どものころ。
とっても自由で、楽しむことの天才でした。

石ころと、お友達になった。
ありさんの行列を見ていたら、夜になってた。
時間を忘れて、物語の世界に没頭していた。
画用紙いっぱいに、自由にのびのび絵を描いていた。
勝手に創作の歌を作り、お立ち台で歌ってた。

そんな人もいらっしゃったのではないでしょうか?

また、

スポーツが大好きで、日が暮れるまで走り回っていた。
野球選手になりたいな、そんな夢を持っていた。
世界一周したい!と思っていた。

そんな方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、いつしか・・

「そんな、たいそうなものには、なれはしない」
「楽しいだけじゃ、食べていけない」
「そんなくだらないこと考えていないで、しっかりしなきゃ」
「人様に恥ずかしくない人生を歩まなきゃ」
「みんなと同じように生きていかなくちゃ」

そんなふうに、楽しさを封印して
「ちゃんとした大人」「正しい大人」になろうとする。

そんなことも、あったりしませんか?

その理由は人それぞれ違ったりするのですが
ひとつの大きな要素として「しつけ」があげられると思うのですね。

しつけの時期はハートブレイクの時期

ちなみに・・私たちは誰しも
子供から大人に成長する過程で「しつけ」の時期を経験します。

もちろんね、しつけがなかったら社会生活は送れません^^;
ルールを学ぶことだって大事なこと。

欲求のコントロールもね、大切なことだったりもします。

でも「しつけ」って、子供目線からすると、すっごく嫌なことなんですよね〜・・。

だってね。
今までなんでもやってもらえたし、許して貰えたわけです。

ご飯食べただけで、ボロボロこぼしてたって喜ばれた。

でも、しつけがはじまると
こぼさずに自分で食べなさい!!って言われるわけです。

そんなこと、やっちゃダメでしょ!って怒られちゃう。

いくら思いやりを持って子育てをしてもらったとしても、
この時点で誰しも「ハートブレイク」を経験すると言われているのですね。

そして、質が必要な時期の子供は、社会のルールはもちろんのこと
「万能感」といって自分の限界がわからなかったり、人と自分との違いや影響力もわかっていないので
少なからず、混乱しちゃうわけです。

まるで、自分自身を否定されているように感じたり
なにもかもが出来ていないような、なにもかも、やっちゃいけないような気持ちがしちゃったりする。

そのうちに・・価値基準が「大人からどうみられるか」「人と同じか」になってしまうことも。

しっかりしなきゃ。ちゃんとしてなきゃ。
社会や、お母さんに怒られちゃう。

これって、人からどう思われるだろう。
あの人と同じことをやっておけば、恥をかかないかな。

誰か「こうすれば上手くいくって言って!」
怒られない、後ろ指刺されない生き方を教えて!

大人は少なからず、挫折を経験している

また、大人になる過程で

なりたいけれど、なれなかった。
望んだけれど、叶わなかった。
そんな挫折を経験することもあると思うのですね。

そのなかで

やりたいことをやるのは悪いことなんだ。
自分の欲求は、わがままでダメなことなんだ。
自分には、そのぐらいの価値しかないんだ。
どうせ、望んだところで叶わない。

「やってみたい、面白そう、楽しそう、好き」を封印していきる。

どうせ自分なんて、なにもできやしない。
人生なんてそんなものよ。

・・・・・私、なんのために生きているのかなぁ。

そんな色のない、無味無臭な世界でいきる。
こういうこともあるみたいなんですよね。

大人の私たちだからこそ、心の底から楽しめるのだとしたら

大人になった私たちは
たくさんの学びを得て、成熟した存在。

ルールを守りながらも、人を思いやりながらも

「子どもの頃にできなかったことも、できるようになっている」し
「やりたかったことをやる!」力も、あるはずなんですよね。

趣味だって思い切り楽しんだっていい。

やってみたいことをチャレンジしてみるのもいい。

小さな喜びをコツコツと。
こたつでほっこり。
それも、素敵なことですよね。

なにか楽しむ工夫をしてもいいわけです。

自分のために楽しめない時には・・

そしてね、なかなか
自分のために楽しめないなぁと思う方は
こういう視点を持ってもらえるといいかもしれません。

私たち大人の背中を、子供たちは見ているということ。

私たちが子どものころ
大人の背中を見ていたようにね^^

「なんか、大人って楽しそうだな」
「早く大人になりたいな〜」

「こんな大人がいるんだ!
こんなに楽しいことが世界にあるんだ!」

「これからが楽しみだなぁ」

そんな希望を残してあげられるのも
私たちの一つの「ギフト」なのかもしれませんよ。

ちなみに服部は、そういう「楽しそうな大人像」を
ラジオのパーソナリティさんに感じておりました^^

なんか、楽しそうだったんですよね。

みんな和気あいあい、番組を作っている雰囲気。
おバカなことを言って、笑い合ったり。
ときに、投稿されるハガキに涙したり、応援メッセージを送ったり。

八方塞がっていた子どもの頃の服部にとっては、
こんなふうに生きる方法もあるんだ、と救いでもありました。

だから、なんとなく
このブログもラジオっぽいといいますか

「心理学の知識だけご紹介するよ!」というものではなくて
読んでくださっている方と、気持ちのやり取りができたらいいなぁと思って書いていたりするのですね。

「ひとりじゃないよ」伝わっているといいなぁと、思ったりします。

お話をお伺いすると、年単位で読んでくださっている方も多いみたい。嬉しいな。

ちょっとお話が逸れてしまいましたが・・
あなたが楽しんで生きることで、誰かの光になることもできたりします。

そして、あなたが楽しんで生きていることが喜びになる人もいるということ。

失敗もするし、できないこともあるし
間違うことだってあると思うけれど・・

その人なりに、楽しんで生きている。
その姿を想像するだけで、泣けちゃう人もいたりしますよ。

誰も思い浮かばなかったら、服部を思い出してくださいね。

できれば、あなたがあなたのために
楽しんで生きることを選択していただくのが一番いいかなぁとも思うのですが!
最初は「誰かのために」というきっかけがあったほうが、進みやすいこともあるかと思い、書いてみました。

参考になれば嬉しいです。

直近の面談カウンセリングスケジュール

今度は、あなたが幸せになる番です^^
あなたのお話、お聞かせくださいね。お待ちしております!

名古屋(鶴舞)Orオンライン
名古屋ルームまでの道のり
6月29日(土)13時、16時、19時
6月30日(日)10時、13時、16時、19時

東京(駒場)出張Orオンライン
東京ルームまでの道のり
7月19〜21日(金土日)

1DAYワークショップ
8月4日(日)詳細は少々お待ちください。

*当日のご予約は予約センターのみの受付です。06-6190-5131
WEB予約をご利用の方は、カウンセリング前日20時30分までにご予約くださいませ。

詳しいスケジュールと、ご予約方法はこちら

365日24時間受付中!WEB予約ページはこちら
  • URLをコピーしました!
目次