こんな彼に惹かれてしまいます

頼ってくれない彼。それじゃあ「寂しい」私。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

心優しき頑張り屋さんのご相談では
「私、甘え下手なんです」「彼が甘えさせてくれません」という類のものも多いのですが

「彼が頼ってくれないから、私のことは必要ないのではと不安になる。」
「世話を焼いているつもりはないけれど、ほっといてほしいと言われてしまい、思いが伝わらなくて悲しい。」

「彼が、自分を頼ってくれなくて寂しい。」なんてご相談も多かったりします。

彼にとって、私はいてもいなくてもいいのかな。
私を一番に頼ってくれたらいいのに。
私、あなたのお役に立てるよ。

大切な人の力になりたい、という思いは愛からだと思うのですね^^
あなたがどれだけ「愛したい人」なのかということの表れではあるのですよね。

でもここに「不安」が混じっているとしたら・・
ちょっと心の中をチェックしてみるといいかもしれませんね。



これは「男性と女性の愛し方の違い」という側面も多いんですけどね

(女性の方が、どちらかというと甲斐甲斐しく面倒を見たい人って多いですよね^^)

あなたの心の中、つまり「未完了になっている思い」から
「助けてあげたい」という思いが、過剰に出てきちゃってる場合も少なくないんですね。


例えば・・・

事情があって、小さな頃から「寂しい思い」をいっぱい我慢してきちゃった女性がいたとしましょう。

その人にとって「寂しい」と感じることは本当に辛くて、
大人になった今でも、とても敏感に「寂しさ」に反応してしまう。

そういう状態で、大好きな彼と出会い、恋に落ちた時。
彼に絶対に「寂しい思い」って、して欲しくないですよね。


たくさんLINEを送ってあげたい。
悩み事を聞いてあげたい。弱音を受け止めてあげたい。
気にかけてあげたい。励ましてあげたい。

だって私には、そういう存在がいなかったから。
そういう存在がいてくれたら、救われたから。


それはそれでね、素晴らしいことなんです。
痛みを愛に変えられるあなたは、間違いなく愛し上手。


でもね、痛みが残ったままだと
彼が「私だったら、寂しいだろうな」という状況に立った時

大好きな彼に、寂しい思いをさせちゃいけない!
絶対に、助けてあげなきゃ!!

という気持ちが、溢れてきちゃうんですね。

その溢れ出る感情が大きければ大きいほど
(つまり、その方が抱えている寂しさが、大きければ大きいほど)
どうしても、自分の感情に振り回されてしまいますから

「本当の所、彼は、どう思っているのかな?」
「彼が本当に望んでいることを、やってあげれば充分なんだ」

という視点が抜けがちになったり、

「私って、そのぐらいの存在なの?」
「彼は私に、本当の姿を見せてくれてない!」

などなど、自分の痛みに入ってしまい、彼とのコミュニケーションがすれ違ってしまう、なんてことが起きたりするわけです。


ここまで読んで「あー、私、やっちゃってたな〜・・」って胸が痛くなった方もいらっしゃるかもしれません。
でもね、自分をどうか責めないであげて欲しいんですね。

その思いの根っこは、彼を思う「愛情」だから。
大好きだからこそ、彼のお力に、なりたいのですよ。

ですから、もしあなたが

「彼が私のことを、頼ってくれてない」と感じていたり
「頼ってくれないなんて、寂しいな」と心を痛めているとしたら

彼の本心を「理解する」ことも大切ですが

あなたが感じる「彼が抱えていそうな寂しさ」を、
あなた自身が持っていないかな〜??ってチェックしてみてくださいね。

とはいえ、正直な所「寂しさ」って自覚がとても難しい感情なんです。
自分の寂しさに気づいてないことって、本当に多いのですよね。

(うんうん、私もそうでした・・・・)

ですから、心当たりがあるけどどうだろう?と感じる方は、
サポートを使ってみていただけたらと思いますよ。

あなたも、彼も
心からの笑顔にあふれるパートナーシップを育むための参考になれば、幸いです!

◆カウンセリング予約センター

cs_logo_b (1)     
・電話番号:06-6190-5131 
・営業時間:12:00~20:30 
・定休日:月曜(月祝の場合は翌火曜) 


カウンセリングサービス 
名古屋/東京(出張) 所属カウンセラー 
服部希美(はっとりのぞみ)

■ カウンセリングメニュー   

■ ご予約方法     

お客さまの声   

服部の略歴    

■ メディア関係者さま宛てのご案内   

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ