なんだか疲れちゃったあなたへ

「期待」に応えなきゃいけない、と追われる気持ちで、燃え尽きてしまう

燃え尽きてしまうぐらいに

頑張りすぎてしまう。

そんなパターンを繰り返してしまう方の中には、

私は「期待」に応えなきゃいけない

という、思いが強すぎることがあるんですね。

とはいえ、、、誰だって、

誰かに期待してもらえることって、励みになるし

人に喜んでもらえたら、嬉しいし

ガッカリされたら、悲しいもの

じゃないかと思うんですよ。

でも同じ「期待」でも、

燃え尽きちゃったり

期待に追われる感覚で走り続ける方と

なりたい私になるための追い風に使える方と

分かれてしまうのも、事実のようです。

では、その違いって

いったい、なんでしょう???




いつもありがとうございます。

カウンセリングサービス、服部希美です。

今日の名古屋は雨模様!

みなさまのお住いの地域は、いかがですか??

最近、寒暖の差から、

体調を崩されてる方も多いですからね〜

(インフルエンザも流行ってますしね・・)

みなさま、ご自愛くださいね!

さてさて、今日は

期待に関するミニコラムです。
 

いきなりズバリと、書いてしまうと

人からの期待に潰れてしまうタイプの方は

期待に応えないと、〇〇されない、とか。

期待に応えないと、〇〇される、といった

怖れや不安が、
期待に応える動機になっていることが多いです。

〇〇って書いたのは、

人によって入る言葉が違うから、なんですが・・

愛されることや、そこにいることに

なんらかの条件が付いていて。

それを満たさないと、いちゃいけない。

それを満たさないと、罰せられる。

そんな誤解が、根付いていることが多いんですよね。

でも、期待を追い風に使えるタイプの方は

そうではなくて

期待に応えても、応えられなくても

私の価値は変わらないし、

ちゃんと、愛されてる。

という、信頼が根付いているんですよ。

自分に対しても、人に対しても。

superthumb (4)

期待に応えられないのは、確かに悲しいし、

申し訳ないと思うし、

そんな自分から離れていく人もいるかもしれないけれど

ちゃんと、愛し続けてくれる人もいる。

私は、私でいい。

この感覚って、本当に大切なんですが実は、

期待に応えないと、〇〇されない

期待に応えないと、〇〇される

という思い込みも、

実はあなたの人生で、あなたや大切な人を守り、

育ててくれたもの、だったりするんですよね。

そして、そんな自分でいることへの

メリットがあることが多いです。 

ここに気づくことができ、

もう、必要ないね、と腑に落ちた時。

じゃあ、こんな感じはどうかな??

って、新しい捉え方を、
取り入れる準備が出来てくると、

自然と、期待を
追い風に変えていけるようになりますからね^^

まずは、私の場合、
どんなメリットがあったのかな?

それって、今、必要かな???

そんな風に、ちょっと振り返ってみてくださいね!

サクサク進んでいきたいわ!という方は
どうぞ、カウンセリングも使ってみてくださいね。

誤解を解き、新しい考え方を取り入れるのって、
自分以外の人の影響力を借りることが必須ですからね。

参考になれば幸いです。

 《カウンセリングスケジュール》    


名古屋・鶴舞駅の弊社カウンセリングルーム (地図) にて 

「面談カウンセリング」 をご提供しています。   

13日には、東京に出張します。

ご希望の方は、予約センターまでお問い合わせくださいね!

IMG_1494 - コピー  

個室でゆっくり!安心してお話しいただけますよ~^^♪ 

《直近の面談カウンセリングスケジュール》    


◇2月5~U日(日月)

◇2月13日(月)※この日のみ、東京出張  

◇2月14日(火)  

開始時間は、10:00~、13:00~、16:00~、19:00~です。                    


《予約センターのお休み》
・2月6日(月)、12日(日)、13日(月)、20日(月)、27日(月)

初回は無料でお話いただけます、
電話カウンセリングもご用意しております。


ぜひ、あなたのお話お聞かせくださいね。  

お問い合わせ・ご予約は・・・                


cs_logo_b (1) 
                  

《カウンセリング予約センター》

電話番号:06-6190-5131

受付時間:12:00~20:30

定休日:毎週月曜日

ABOUT ME
服部希美(心理カウンセラー)
名古屋(鶴舞)・東京(駒場)オンラインにて活動中。 元声優という異色の心理カウンセラー。基本的にマニアです(笑)/ 相談することが苦手だった私がカウンセラーになったわけ