MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「私は大丈夫だよ」が口癖の、心優しきシッカリさんが抱える「寂しさ」

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

普段から、とてもしっかりさんで、周囲からの信頼も厚い、素敵な女性。
または、そうありたいと願っている「人に優しい、がんばりやさん」に多いのが

「私は、大丈夫だよ」という口ぐせ。

本当はしんどいのに、寂しいのに
助けて欲しい、どうしたらいいか分からないって思っているのに、
ぐっと飲み込んで、「私は大丈夫だよ」って、笑っていませんか??

そんなあなたは、とても優しい人だと思います。

でもね。

人を優先し、自分の気持ちは置き去りにしてしまう。

この心理パターンを持っていると、
実は、「寂しさ」をためこんでしまうんですね。

目次

私は大丈夫、と寂しさとの関係

なぜこれが「寂しさ」につながるのか?ご説明しますね。

たとえば「人には平気なフリ」をして、
「しんどい感情は、自分ひとりで溜め込む」ことを続けていくと、誰だってしんどくなってきますよね。

悲しい気持ち、悔しい気持ち
本当は助けてもらいたい気持ち、心細い気持ち、むなしさ。

誰だって、辛い感情を抱えたまま、日々を頑張ることは難しい。
それででも、そんな時ほど(と書いた方が正解かもしれませんね)
心優しき頑張り屋さんはさらに周りの人のために耐えようとするわけです。

するとね、感情を切り離したり、マヒさせるということで
状況を乗り切ろうとしてしまったりします。
いわゆる「無感覚」になっちゃう。

そうするとね、
「寂しい」とも「つらい」とも感じなくなっていくのですが
喜びや楽しさまで一緒に感じられなくなっていきます。

それでも、感情を封印したことで人には優しくできるわけです。

「別に私はいいよ」
「このぐらい、どうでもいいよ」ってね。

自分も周りも「辛い感情を溜め込んでいる」ことに気づかなくなっていく

そうやってやっていくうちに
人付き合いは、うまくいくことが多く、
優しい人や、応援してくれる人には囲まれていたりするのですが、

自分も(自覚ない場合も多いんですよ)、周りの人も
あなたがそこまで辛い感情を溜め込んでいるなんて、思いもしないわけです。

ポイントは「あなた自身も、自分の辛さが分からない」

感情はどんどん溜まっていくので、
知らないうちに、自分ではどうしようもできないぐらいに膨らんでしまい
気がついたら決壊してパニック状態になってしまったり
ブチっと周りにキレちゃったり、

自分が本当に弱ってしまうような出来事に遭遇した時、
一気に、いままでの辛い感情が出て来ちゃったりします。

人と会うのが億劫、ひとりでいるとホッとするときにも・・

でも、そこまできても
いままで「大丈夫だよ」ってやってきた、その人にとっては
人にSOSを出すことは、最大のタブーなわけです。

「私は大丈夫だよ」って笑って、ひとりで抱え込むということが、
人に迷惑をかけたくない、心配かけたくない気持ちという、その人なりの「愛のカタチ」だったりもします。

ですから、どうしてもSOSが出せない場合は、
今度は引きこもって、1人で処理しようとする方もいらっしゃいます。

(自覚ない場合も多いですけどね)

ひとりになると、涙が出て来ちゃったり。
気分をあげようと思っても、なかなか上がって来れなくなっちゃったり。
人と一緒にいるのが、しんどくなっちゃったり、
仕事を辞めて、みんなとの縁を切って、遠くに逃げ出したくなったりも。

あなたはいかがでしょうか?

「私は大丈夫だよ」で乗り切れなくなってきた時は、人生のシフトチェンジの時期

「私は大丈夫だよ」で乗り切れなくなってきた時、というのは
人生のシフトチェンジの時期にいることが多いです。

正直なところ、この癖を持っていらっしゃる方は「とことん、愛したい人」が多いので
そのぐらいのことがなければ、自分のことを後回しにする癖は、止められなかったりするんですね・・。

ちなみに、「私は大丈夫だよ」という生き方を選択しているときに出てきやすいパターンとしては

人前で弱みを見せられない。弱音なんて吐いちゃいけない。
ひとりで、がんばらなきゃいけない。

という思い込みがあることが多いです。

いままでは、その生き方が、
あなたやあなたの大切な人を守り、
成長させてきたことも事実なのだけれども。

でももう、その思い込みは、手放して大丈夫だよ。

そんな時期に、自分が来ているんだなぁって思って頂けたらと思います。

SOSを求めることが、人とのつながりを作っていくとしたら

「まさに、私だわ!」と思われた方はですね、

ちょこっと勇気がいりますが、信頼できるお友だちや親身になってくれる人に、
事情を話したり、会いに行ったり、すこし頼りにしてみて欲しいなと思うのですね。

「私は大丈夫だよ」ではなく
「ちょっと、今しんどくてね」って、「本音」を聞いてもらってください。

この際のポイントは「自分から、誘う」こと、です!

あなたから人を求めるということが大きなきっかけとなり
あなたとつながりたい人との絆が深まっていくことが多いですよ。

いやいやいや・・

「ちょっと、ハードル高いなぁ><」
「助けを求められる人がいないよ!」

という方は、お気軽にカウンセリングをご利用くださいね^^

私といっしょに、取り組んでまいりましょう!

ちなみに、今日書いたほとんどは、私の実体験であります(汗)
みなさまの参考になれば幸いです♪

  【寂しさを笑顔に変えるカウンセリング】 

「自分と、ちゃんと向き合いたい。」
「私の場合は、どうしたらいいんだろう?・・・」  

そんなときには、個人カウンセリングをご利用くださいね。  

名古屋・鶴舞駅、東京(駒場)の弊社カウンセリングルームにて     
対面式の面談カウンセリング、Zoomを使ったオンライン面談を行っております。

初回無料でお使いいただけます、電話カウンセリング(45分)もご利用いただけます。
お気軽にご活用くださいね。

>カウンセリングのご案内
>>服部の略歴      
>>お客さまのご感想      

カウンセリングのご予約、お問い合わせは・・     
<<カウンセリング予約センター>>   06-6190-5131 まで       

☆営業時間:12:00~20:30
☆定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜、他) 

目次
閉じる